パンダさん金科玉条

小早川義夫

パンダさんのHERO

君にだけこっそり、秘密を明かそう。
そう、パンダさんだ。
パンダさんはパン屋さんだが、これは世を忍ぶ仮の姿。
何を隠そうその実態は、地球の平和を守る正義のスーパーヒーローなのだ!
一朝有事の際には華麗に変身して悪を倒す。
普段ノホホンと太平楽並べてるのは、敵を欺くオシバイだ。
コトコトコットン水車よりも速く!
雪ダルマよりも強く!
高い敷居もひと跨ぎ!
だがしかし、ただ待っていても出番は来ない。
事件は現場で起きるんだ。
パンダさんはワザワザ夜中に変身してパトロールに出発だ。
ヒーローのオデマシに恐れをなしたか、悪党どもは鳴りを潜めている。
パンダさんは空き缶を分別したり、ヨッパライを介抱するのだ。
そして名も告げず去ってゆく。
嗚呼、何と奥ゆかしい!
こんな美徳は、あの同族海外スターには毛頭あるまい。
だけどパンダさん、足跡と笹の葉をさり気なく目につくように残しておくのだ。
かくて今宵も地球の平和は守られた。
パンダさんの戦いは続く。
孤高のヒーローは正体を覚られてはならぬ。
もちろん、家族にもナイショだ。
なので最近、パンダさんに向けられる、奥さんの疑惑のマナザシが・・・
怖いのなんのってっ!

パンダさんのHERO

アレを見ろ!
凧だ!
風船だ!
パンダさんだぁ!

・・・・・・・・・・To Be Continued

「パンダさん金科玉条」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く