パンダさん金科玉条

小早川義夫

パンダさんのパン屋さん

パンダさんは、いつもお腹が空いていた。
どうしてお腹が減るのかな?
それは食べ物が少ないからだ、食べたらなくなっちゃうからだ!
そもそもだ、笹なんか食ってるからだ!
パンダだって熊なんだ。ナイショだが、ホントは肉だって魚だって何でも食べる。
だけど、イメージってもんがあるのだ。
パンダといえば動物界KAWAII NO.1ですぞ!
鮭を鷲掴みとか山菜採りのおじいさん襲うなんてできないっ!
またさぁ、先祖にお調子者がいたんだろうな。
オドケて笹食ってみたら意外と受けた。
で、引っ込みがつかなくなって以来、ソレばっか食わされている。
パンダさんだってお酒も呑みたいし、女の子ともデートしたい。
だが、パンダさんには
「清く、正しく、美しく!」
アイドルグループより厳しい十字架を背負わされているのだ。
そういえば、同族でやたら“ハチミツ好き”をアピールしてるのが居るが・・・

遂にパンダさんは重大な決断を下した。
そうだ!パン屋さんになろう!
自分でパンを焼くのだ。
そうすればいつだってパンが食べられる!
好きこそものの上手なれ。
パンダさんは脱サラして念願のパン屋さんを開業した。
米粉・小麦・天然酵母・牛乳・イースト・砂糖・塩・・・
よぉし、出来たぞ。どれどれ、うん、美味い。上出来、上出来!
妥協を許さないパンダさん、試食に試食まだ試食、
案の定、体重増えるは売る分減るわで、奥さんにこっぴどく叱られるのだ。

パンダさんのパン屋さん、商売繁盛・笹持ってこい!

「パンダさん金科玉条」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く