身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

52

「詳しくは今度教えてもらうとして、結婚おめでとう」

 正式に婚約したと伝えると、葉月はからりとした態度で祝ってくれた。
 場所は女子トイレというなんともムードに欠けたところだけれど、人のいないところでまず葉月に報告したかったのだ。
 この二ヶ月、だいぶ迷惑をかけてしまったので。

「ええーっ!? 本条先輩、社長の娘なんですか!?」

 なぜか里美ちゃんもいるが。

「声が大きい!」

 葉月が里美ちゃんの口を押さえつける。
 女子トイレでよかった。さすがに休憩室で叫ばれたりしたら色々大変だ。

「なんで今まで言ってくれなかったんですか!?」
「隠すつもりはなかったけどオープンにするつもりもなかったからね……」
「ずるい!」

 なにがずるいのか。
 本条姓だし勘の良い人なら察していると思うけれど……。
 楽に入社したみたいな受け取り方をされても文句は言えないのだけどこれには訳があり、ちょうど私が大学を卒業する年に事務職員が産休や退職と怒涛の人員不足に陥っていたのだ。私は事務まわりの資格を持っていたので落ち着くまでは手助けしようとしたらここまで来ていた。
 同期には明かしているので葉月も当然知っている。

「やり辛いでしょ? 社長令嬢が近くで働いていると。ちやほやされたくもないから黙っていたの」
「わたしはちやほやされたいですけどねえ……」
「今度存分にちやほやってやるわよ。でもいいの、あやめ? これから先あなたがやりにくくならない?」

 葉月は心配そうに聞いてくる。

「大々的に言わないとしても、他の部署では態度が変わるのだっているはずよ」
「そうなんだろうけどね……」

 社長令嬢に色目を使って来る人が居てもおかしくはない。
 これまでと同じようにはいかないこともあるだろう。だけど、私はこのまま仕事を続けることを選んだ。
 私は私、悠馬さんは悠馬さんだけの世界を持つことも大事だと思って。いやまあ本心としてはずっと一緒にいたいのだけれど。

「本条ブライダルで結婚式することにしてるから、そこで明らかになるよりはいいでしょう?」
「ここの会社でやるの?」
「さすがに他所ではやれないよ。社長令嬢が他のブライダル会社に依頼しましたっていうのは私じゃなくても問題すぎない?」

 これは悠馬さんと話し合って決めたのだ。
 条件としては本家に口出しをさせないことだけど元よりそのつもりはない。だって私達の式なのだから。

「大変なんですねぇ、本条先輩……」
「これまでのこと考えたら全然だよ。……この二ヶ月間、迷惑かけてごめんね」
「本当に。情緒がジェットコースター並みに上がったり下がっていたりで心配したし」
「うん……」

 それは自覚しているのでなんとも言えない。
 よく乗り切ったものだ……。

「この前だってハラハラしていたんだからね、いきなり休んじゃったから」
「それは申し訳ない」
「いいのいいの。ハッピーエンドになったなら、ね」

 うん、と私は頷く。どんな終わりになるか分からなかったけれど、きっとこれは紛れもなくハッピーエンドだ。

「違いますよぉ」

 里美ちゃんが口を挟む。

「エンドではないでしょう? ここからハッピーが続いていくんですよ。だからこう……ネバーエンディングストーリーみたいな」
「いきなり壮大になったわね……」
「ふふ、でもそうだね、エンドではないね」

 そうだ。これはまだ始まりなんだ。
 幸せになるための長い長いプロローグが終わって、幸せになった次の話に続いていく。

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • かなみや

    最新話まで一気読みさせて頂きました。
    とても面白くて続きが気になって。
    あやめが幸せなお話を
    またこれからも楽しみにしています^_^

    1
コメントを書く