身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

48

「やっと我が家だ……」

 張りつめた空気を解き、スーツを脱ぎ捨てるとぐったりと悠馬さんはベッドに寝そべる。私は彼の傍に座った。

「帰らなかったの?」

 うっすらと開いたカーテンから侵入する光の帯を眺めながら私は聞く。

「とりあえず帰国して空港のホテルに泊まって、寝ないで書類まとめて……そこからブライダル会社行って、簡単に話し合いをして捺印してもらって本条家に駆け込んだ」
「い、忙しい……」

 想像するだけで目がまわりそうになるハードスケジュールだ。
 しかも本条家での集まりは午前だったことを考えるとぎちぎちに詰まっている。

「あ、そうだ。私の実家がブライタルだってなんで知ったの? 言った覚えがないんだけど……?」
「最初、見合いをする前に本条系列グループはあらかた調べていたよ。その中でブライタルがあるのも見たけど――その時は気にも留めなかった。転機は、あやめさんがあのぬいぐるみの持ち主だって思い出した時だ」
「どういうこと?」
「父さんが昔、ぬいぐるみを見て試作品だと言っていた。きっとそういう関係者から貰ったのかもしれないって――。それで、本条家とウェディングベア、そして君が結びついた。きっとブライタル会社の関係者だろうって」

 関係者どころか娘だったわけで。

「その後に君が溢した『業績が云々』ってことから考えるに、ブライタル会社はホテル会社に弱い関係であり、人質的に君が差し出された――と、考えた」
「やっぱ聞こえていたんだ……」
「まあね。でも、それでようやく得心がいった。つばきさんの父親に逆らえない理由が」

 ……。
 水面下でそこまで考えていただなんて気づきもしなかった。
 自分のことでいっぱいいっぱいだったから。

「そこで考えたんだ。じゃあ、逆らっても大丈夫なようにしようって」
「悠馬さん、時折力技で解決しようとするよね……」
「これでも外堀は埋めていったほうだよ。ブライタル会社に行って社長――あやめさんのお父さんに説明して協力してもらったり」
「え!? 来たの!?」
「行ったよ」

 ……もしかして社内が『イケメンが来ていた』って騒いでいたあれか!
 タイミングよくまったく会っていなかったから、ここに至るまで知らなかったけれど!

「今朝は相手方にもいろいろ書類を作成してもらっていたから受け取りに行ったんだ。予定より早かったけどしっかり揃えてくれていて助かった」
「でもお父さん、そんなこと一言も……あ」

 私が電話したときお風呂に入っていたし、実家で話そうとしていたのに私が寝込んだから結局そんなことを言うチャンスがなかったのでは?
 あそこまで心を乱されていなければ平常心で本家に乗り込めたのに……!

「あやめさん、本家と結んだ取引をご両親にも話していなかったんだね。抱え込み過ぎだよ」
「う……」
「でもあやめさんのお父さんは察していたよ。だからこそ行動が早かった」

 悠馬さんがネクタイをサイドテーブルに置こうともがいている。
 ここまで横着しているのははじめてだ。よっぽど疲れているのだろう。代わりにハンガーにかけた。

「ありがとう。――歴史のある企業グループに、親子二代で立ち上げた会社がビジネスをもちかけても下に見られかねない。いくら海外に出るチャンスだとしてもね」

 どこか苦々しい言い方なのは過去にそのようなことがあったのだろう。
 そうなると予測していても、悠馬さんは立ち向かった。

「でも、彼は丁重に話と提案を行い、最終的には契約してくれた。会社を守るというよりかは、君を守るための動きだったから、なおさら俺は負けるわけにはいかなかったんだ」
「……そんなに裏で動いていただなんて」
「足りなかったぐらいだ。無事に終わって、本当に安心している」

 彼は私に手を伸ばしてきた。横に寝そべると、優しく頭を撫でてくれる。
 それから前髪を掻き分けて額にキスをした。

「なにより最後は君の意思次第だからね。あんなに熱烈で大胆な告白されるとは思わなかったけど」
「も、もう! あれは必死だったから!」

 自分でもあんなに大きい声が出るとは思わなかったのに!
 下手すれば近くに待機していたかえで君やおばさんにも聞かれていたのかも。ああ、もうあの家の敷居またげない……恥ずかしすぎる。

「はは。すごく嬉しかった。俺だけがこんなに好きなんじゃないかって心配だったんだ」
「……ごめんね。どうしても私、セーブかけてて」
「これからたくさん言って」
「言うよ。いっぱい」

 ようやく、私たちは手に入れたのだ。
 誰にも遠慮しなくていい関係を。
 もう、つばきの影に、本家の声に怯えなくてもいい。
 堂々と手を繋いで、笑いあえて、好きなところに行ける。

「悠馬さんのこと大好き。かっこよくで優しい、私の自慢の人」
「……あやめさん」
「ご飯作るときにフライパンをゆする仕草も、コーヒー飲んでる時の横顔も、大きな手で撫でてくれるのも全部好き」
「ちょっと待って」
「なんで?」

 口元を覆いながら悠馬さんは目を泳がせる。
 面白いほど照れていた。

「キャパオーバー。小出しにして」
「無理だよ、いままでため込んでいた分全部出しちゃうんだから」
「これは……想像以上に恥ずかしいな」

 じゃれ合ううちに、次第に言葉が少なくなっていく。

「……眠い」
「寝ようよ。悠馬さん、寝ていないんでしょ? すごく緊張しただろうし……」
「怖くて」

 悠馬さんはぽつりとつぶやく。

「……起きた時に、俺はまだ一人暮らしで、あやめさんはいなかったらどうしようって考えてしまって。これが――まだ現実感がないんだ」
「夢ではないよ。夢にもしない」

 抱き付いて、彼の胸に顔を埋める。

「あなたの声が届く場所に、私はいるよ」

 返答はない。代わりに、私の頭に顎を乗せる形で悠馬さんも抱きしめてきた。
 あたたかい。
 彼から感じる体温が、この数日間のささくれた気持ちを撫でつけていく。

「おやすみなさい」

 どちらが先に寝たのだろう。あるいは同時だったのかもしれない。
 私は夢を見なかった。ただただ幸福な気持ちで、眠っていた。

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く