身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

43

「うわすごいクマ!」

 葉月が私の顔を見るなり叫んだ。

「どうしたの? 寝てないんでしょ」
「うん……」

 小さい声で応えると、葉月は眉を下げた。

「なにかあったんだね」
「……」

 頷く。だけどもう話す気力もない。
 這う這うの体で仕事に来たというのだ、そこで体力を使い果たしてしまった。
 朝礼を後ろのほうで聞き流し、席に戻ろうとすると伊勢さんがズイと鍵を差し出してきた。会議室Aだ。

「間島さん、本条さん。会議室使えます。二時間」
「え? でも私たち、会議することなんて……」
「いいから」

 つばき嬢でしょ。伊勢さんは口パクで伝えてくる。
 頭を縦に振るとため息をついて私たちの背を押した。

「……職権乱用では?」
「乱用してなんぼですから」

 それはどうかと思う。
 が、もう何も言えずに私は葉月に引きずられて会議室Aへ向かった。

 中に入り、鍵を閉める。
 葉月が椅子を並べて寝転がれるスペースを作ってくれたのでありがたく横になる。
 その隣に葉月が座った。

「私、そんなにひどい?」
「ゾンビかと思った」
「それはひどい……」

 沈黙が落ちた。葉月は気を使って何も言わないでくれる。
 悠馬さんはいまごろドイツについただろうか。

「ねえ、葉月……。これは友達の話なんだけどね」
「うん」
「本来見合いする子が逃げて、仕方がないから代わりに友達が出たの」
「……うん。続けて」
「それで、見合い相手の人と良い仲になったんだけど、そこに本来見合いする子が戻って来て、『そこはわたしの場所だから返して』って言うの」
「なるほど……」
「返したくないんだけど、どうすればいいかなって……」
「それが答えでしょ」

 彼女は腕を組む。

「返さなきゃいいのよ」
「でも、その友達はごちゃごちゃめんどくさい契約とかが……」
「その契約を潰しちゃいなさいよ」

 すごい力技だった。
 思わず言葉を失う。

「好きなら好き、それでいいでしょ。状況が複雑だからその友達やらは混乱しているんだろうけど、シンプルに『好きだから離れません』でいいんじゃないの?」
「そんな単純な話?」
「あのねえ、恋愛沙汰って惚れた腫れたとはいうけど、根底には『好きか嫌いか』しかないのよ。好きだって言うなら好きを押し通しなさい」

 好きを押し通す……。

「そういうもんかなあ……」
「結婚相手と友達の関係は? 好き合ってるの?」
「うん」
「じゃあもう言うことなし。返さなきゃいいのよ。馬に蹴られてしまえってね」

 なんだか葉月がいうととても簡単な事のように思えて、勇気が出てくる。
 昨日つばきに大敗北をしてしまった私には耳が痛くもあるけれど。
 『婚約者』である立場に縋っていたから駄目だったんだな……。私と悠馬さんは短いながらも関係を築いて、好きになった。それこそが、私の最大の武器だというのに。
 冷静になってくるとまだもう少し戦える気がしてきた。
 ……次は正一郎おじさんだろうけど。

「……その友達は、抱え込みやすいのね。馬鹿だと思う。きっと周りも苦労してる」
「かもね……」
「まあ、話してくれたから良しとするけど。ちょっと寝たら? 時間になったら起こすよ」
「うん……」

 なんだか安心してしまって、眠気が襲ってきた。
 ――悠馬さんに会いたい。
 私と一緒にいてほしいと、言いたい。
 あの家は私と悠馬さんがすむ家で、彼は戻ってくると言った。だからあそこから私は出ていかない。
 ずっと……。

「あやめー」

 肩をゆすられて私は起きた。

「退室十分前。どう? 気分は良くなった?」
「うん、さっきよりはマシになった」

 頭も幾分かすっきりしている。

「みたいだね。伊勢さんにお礼言っておきなよ?」
「うん」

 起き上がると腰がちょっと痛い。即席のベッドだから文句は言えないけれど。
 伸びをする。うん、どうにかこの後の仕事は頑張れそう。

「行き詰まったら相談しなさいよ、あやめ」
「そうする。ありがとう、葉月」

 私たちは会議室から出た。

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く