身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

37

「仕事が早く終わった」

 悠馬さんは生真面目な顔をしながら帰宅してきた。

「秘書いわく、君が来てから仕事のスピードが変わったらしい」

 東さんの言うことは間違えていなかったらしい。嬉しいやら照れるやら、だ。

「忘れ物を持ってきてくれて本当に助かった。ありがとう」
「ううん。間に合ってよかった」

 テレビの横に置かれたテディベアを見つけ、彼は表情を緩めた。
 時間が合ったら繕ったり綺麗にしてあげようと思っている。状態は良く、かびている部分もない。

「こんなこともあるんだな。二度と会えないと思っていたよ」
「私は、忘れていたけれどね。申し訳ないけど……」
「でも最後には思い出してくれたじゃないか」

 私の額の髪をかき分け、彼は唇を落とす。
 こそばゆくて私はくすくすと笑い声を漏らした。

「ご飯食べよ?」
「ああ」

 二人で夕飯を用意する。
 つばきのために用意された生活が、いつの間にか私の生活になっている。
 幸せだと思う一方でいいのかなと重い感情が首をもたげる。
 幸福を感じる裏で、後ろめたさに苛まれていく。

「どうしたの?」
「ん? なんでもない」

 この気持ちを吐きだせる日はいつになるのだろうか。
 日常となった夕食の席で、あの時泣いていた理由を聞く。思い出したので知ってはいたけれど、小さなころの記憶なので合っているか自信がなかったのだ。

「母さんはもともと身体が弱い人でね。俺が十一迎える前に亡くなった」
「そうだったの……」
「俺が小学校入るまで持たないと言われていた人だったから長生きしたと思っている。だけど悲観的ではなくて、明るくて――豪胆な母親だった」

 辛かっただろうにな、と悠馬さんは少し悲しそうにつぶやいた。

「それと『大丈夫?』と聞くと必ず『大丈夫じゃない』と返してきた。機嫌がいい時も体調が悪い時も」

 私を見て、目をわずかに細める。

「『大丈夫』といえばみんな安心して離れていく。だけど、そう言っている人間ほど大丈夫ではないから、傍にいてやりなさいと母さんは何度も繰り返して言っていた」
「……どうりで」
「本当に大丈夫そうではないのに『大丈夫』と繰り返すのは君が初めてだったけどね」
「う」

 だって心配されたくなかったんだもの……。

「そんな母さんが亡くなって、しばらく忙しくて泣きもしなかったんだけれどパーティー会場で好き勝手言われたのがたまらなく嫌で、泣いてしまったんだ。知らない人に同情されるほど俺の母さんは弱くなかったし、俺はかわいそうではないって」
「あの時、ぜんぜんそんなこと考えてなかった……」
「まだ小学校はいるかどうかぐらいだっただろう? むしろそこまで察していたら怖いよ」

 ああ、理解できないと思って幼い私に溢していたのかもしれない。
 感情を吐き出さずにはいられなかったのなら。

「結果的に、君を傷つけてしまったけれど……」
「後悔はしていないよ、私は」

 少し強めに私は口をはさむ。

「テディベアをあなたに渡したことも、落ちそうになる手を引っ張ったことも、後悔していない。今だってそう。傷にはもちろんコンプレックスはあるけど、傷を作った原因に恨みを抱いてはいないよ」

 本当のことだ。
 思い出せなかったというのもあるが、「どうして私に」と思ったことはなかった。
 周りからいろいろ言われるのはそりゃあ嫌だったけれど……。

「それに、悠馬さんが気付いてくれた。――私は、泣いていた男の子を救えた?」
「……うん。笑って、ここにいる」
「それでいいの」

 なら、あの時の私の行動には意味があったという事だから。
 まさかあの男の子がこうなっているとは想像もしなかったけれどね……。

 お皿を洗い、水を止めたタイミングで悠馬さんは若干目をあさっての方向に泳がせながら言う。

「これから……どうかな」

 思わずお皿を落としかけた。
 そんないたたまれない感じで言われても。こちらまで気まずくなってしまうではないか。

「いいよ」

 ちょっと目を合わせられなかった。

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く