身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

35 身代わりよりもずっと前に

 土曜日。悠馬さんは会社に行っている。
 働きすぎではないかと心配しているが、これでも休みを取るようになったらしい。それ以前はどうだったのか、考えるとぞっとしなくもない。もっと自分の身体を大切にしてほしい。
 特に来週は抱えている案件が一気に終わる一週間だそうで、今日はその確認だそうだ。
 掃除洗濯を済ませる。これで家のことは大体終わった。溜まっていたドラマでも見ようかな。
 そんなことを思いながら何の気なしに玄関を見る。黒いファイルが置いてあった。
 こんなのあったっけ? と思いながら中身を見ると、図面だとかなんか大事そうな書類がぎっしりと詰まっている。
 ……。これって大事なものじゃない!?
 いつもより早く出ると言って慌てていたから、忘れてしまったのだろう。
 届けないと!
 バタバタと悠馬さんの会社に行っても浮かないような服を選び、化粧もそこそこに家を飛び出した。電話をするも繋がらない。
 電車に飛び乗り、教えてもらった会社を検索し地図を呼び出す。駅から少し遠い。迷うといけないからタクシーで行こう。
 見送りの時に気がつけばよかった……。今となっては遅いけれど気を揉む。
 待ち侘びた駅名を聞き立ち上がる。初めての駅なので改札がどこか分からず右往左往した後、見かねた人に道を教えてもらった。
 外に出るとちょうどタクシーが止まっていたので行く先を告げて乗った。

「お姉さん、遅刻かい?」
「あ、違うんです。えーと、家族が忘れ物したから届けに行こうと……」

 家族……と言っていいかは分からないけど。

「その家族の人も幸せもんですねえ。そんなに焦った様子で届けに来てくれるのは愛されている証拠だ」

 そ、そんなに焦っていただろうか。
 恥ずかしくなり俯いているうちに目的地に着く。

「わあ……」

 見上げて、思わず声が出る。
 シックな印象のお洒落な会社だ。悠馬さんのお父さんとデザインしたらしい。
 入ってすぐの窓口の女性に話しかけようとして、言葉に詰まる。
 ――なんて言えばいいんだろう。
 婚約者ですとは言えない。本条家に知られたら困る。なにより悠馬さん、会社で婚約者がいるって言っているのかな。
 だからといって渡すだけ渡して逃げるのは不審者だ。

「あの――?」

 もうこの時点で不審者となってきている。
 姪あたりの関係でいいだろうか。でも姪が仕事関係のモノを持ってきているって傍から見たら奇妙ではないか。
 ええいもう、どうとでもなれ。

「ほ、本条つばきと言います。香月社長に――」
「本条!?」

 後ろから大きい声が響いた。
 びっくりして振り返ると男性がいる。

「あ、失礼。――本条つばきさんですか?」
「そうです。あの、忘れ物があったので」

 黒いファイルを見せると目を大きくさせた。

「午後に必要なものです。ありがとうございます、たすかりました」
「あ、いえ。良かったです。それでは」

 いそいそと帰ろうとすると、男性が待ったをかける。

「香月社長、もうそろそろお話が終わると思うので――少しお待ちしていただけませんか?」



 通された社長室は、父親や正一郎おじさんとは違う非常にシンプルなところだった。
 デスクの上はちょっと散らかっているけれど。最近の書類はデータ化しているから昔みたいに積み重ならないのだと父親に言われたことを思い出した。

「すみません、呼び止めてしまって」

 東と名乗った男性は秘書だそうだ。

「あなたに会ったら香月社長のモチベーションがあがるだろうと、こちら側の勝手な考えです。お許しください」
「それは……どうでしょう。あがるでしょうか」
「少なくとも、あなたに会って以来、彼はとても生き生きしていますよ」

 生き生きしているんだ。
 紅茶を出してくれた。そっとシュガーを入れる。

「ちゃんと食事もとるようになったし、家でまとまった時間寝ているらしいし、仕事以外のことを口にするようになったし……。本当に感謝してもしきれません」

 ちょっと涙ぐんでいた。苦労していたのだろう。
 というより、どんな人だったんだ。

「……なので、もう少しあいつに素直になってもいいと思います」
「素直に…?」
「部外者からのお願いですけどね。頼られた方がうれしかったりするんですよ、男って」
「はぁ……」

 素直なほうだし、頼りにしているのだけど。
 首を捻っていると東さんは腕時計を見る。

「私もそろそろ行かなければ。十分ほどで社長が来るはずです。しばらくお待ちください」
「あ、お構いなく」

 突然の来客に対応してもらっているだけでありがたい。
 それがどれだけ大変な事なのかは私も身に覚えがあるので。
 とはいっても手持ちぶさただ。室内をきょろきょろ見回していると、棚に納められたトロフィーが目に入った。すごいなあ、こんなに受賞しているんだ。
 端から順に視線を滑らせていると、隅の方にテディベアが居た。

「……あれ?」

 ずきりと傷痕が痛んだ。

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く