身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

32 悠馬side

 翌日。
 取引先との話を終えてそのまま応接室で遅い昼食を摂っていた。
 秘書の東なら他に漏らすこともないだろうと昨日の彼女との会話をかいつまんで話す。

「――ということがあってだな」
「昼飯の時に昼ドラのような案件を持ち出してくるんじゃねえ!」

 何故か怒られた。カルシウムが足りないんだと思う。

「やっぱりいい加減婚約者さんが何者か知るべきだと思うんだよ。このまま後手になってもいいことはないぞ」
「やっぱりそう思うか」
「それに……一番、婚約者さんが可哀想だ。本条家に振り回されている犠牲者はお前と彼女だし。泣き寝入りはしたくないだろ?」
「ああ。あちらの権利を奪う気はないが、対等な関係にはしたい」
「そりゃあな……。婚約者の代理を寄越されている現状、舐められているからな」

 たこさんウィンナーが入っていた。かわいい人だ。
 卵巻きは得意だそうで、今回のも綺麗に巻かれていた。たまにのりも入っている。

「意趣返しでこちらも探偵を雇うとかどうだ。おれの親戚が探偵なんだ、紹介するぞ」
「雇ったところで何を調査してもらえばいいんだ」
「うーん……。そうだ、本物の『本条つばき』を調査してもらえばいいんじゃないか? 気になるだろう」
「ああ、それならこちらの疑問解消も相手への交渉のカードも同時に手に入れられるな」

 ただ、本物が病弱で出てこれずに身代わりを出した――という理由だったとしたら怒ることができない。それなら身代わりを出さないで説明してくるか。

「提案しておいてなんだが、いいのか? 婚約者さんのことを無理やり知りたくはないんだろう?」
「彼女自身については彼女の言葉を待つよ。ただ、のんびりもしてられなくなってきた。これ以上本条家が俺と彼女の関係に口を出してくるなら黙ってはいられない」
「おお……。自分のデザインをパクられた時ぐらい怒ってるな……」

 当然だ。彼女を泣かせた罪は盗作と同じぐらい重い。

「仕事に支障は出さないからその点は安心してくれ」
「真面目だな……本当にお前は。なんかあったら言ってくれ、解決は出来なくても吐き出すことで落ち着くこともあるだろう」
「そうだな、助かる」

 彼女は――誰かに吐きだせているのだろうか。
 身代わりという立場上、他言無用かもしれない。
 ずっとひとりで抱えてきたのなら……どれほどの苦痛だったことだろう。
 少々アプローチは強引だったが、早めに彼女のことを知ることが出来て良かった。

「話は変わるが、来月辺りに海外出張があるかもしれない」
「ふわふわとした計画を語るな。え? 婚約者さんと?」
「いや……。それは当分先だろうな、この様子だと」
「肩を落とすなよ……。どうにかなるって……」

 東がとても心配そうに慰めてきた。
 そんなにか。

「父親がドイツのデザイナーに会いに行くことになっていたんだが、最近調子が悪そうなんだ。もし体調を崩したら代わりに行ってくれないかと頼まれた」

 俺としても海外のデザイナーに会うことはいい刺激になる。つながりを増やしていくことも重要だ。

「大丈夫なのかよ、会長」
「梅雨の時期でもあるしな。すぐに死ぬ感じではないからあまり心配しなくてもいい」

 むしろ普段は元気すぎる。もう少し大人しくしておけばいいものを。

「無理はさせたくない。スケジュール調整しておいてくれないか」
「分かった。パスポートはまだ切れていないよな?」
「ああ」

 来月何があったかなと呟きながら東はたこ焼きを食べた。
 ところで弁当にたこ焼きが入っているのはポピュラーなんだろうか。付き合っている彼女に作ってもらったようなので彼女がたこ焼き好きなのかもしれない。知らないが。

「しかし、香月も変わったな」
「ん?」
「ちゃんと食事を摂るようになったし、プライベートも楽しめているようだし」

 俺が人間ではないみたいな言い方をしなくてもいいではないか。

「なにより表情が柔らかくなった」
「そんなに怖い顔していたか?」
「怖いとかではなくて、固かったんだよ。だけど最近は柔らかくなったって社内でも評判だぞ、言われなかったか?」
「いや……?」

 今日も元気そうですね! とはよく言われるようになったが。

「婚約者さんのこと、おれはまだちゃんと信用はしていないが――お前を幸せにできているのはなんとなく分かる」
「幸せそうに見えるか」
「幸せではないのか」
「幸せだな」
「うるせえ」

 なんでか怒られた。
 昼食を終えて立ち上がる。午後からは来客二件か。

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く