身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

24 悠馬side

 社長という肩書はどうにも仰々しい。
 俺は一介のデザイナーでありたかったが、父親が身体を壊した時期もあり頼まれて継いだ形になる。色々丸め込まれた気もするが、一方で気を使ってくれているのも知っていたのでそこまで反発はせず今の席にいる。
 仕事が出来れば良かった。以前までは。

「これが昨日頂いた名刺だ」
「受け取ります」

 数枚の名刺を写真に撮りデータ化している秘書の東は俺の昔なじみだ。
 表では俺の後ろにいるが、ふたりだけになると鋭い意見を口にしてくれるので助かっている。――どうにも、上の立場になると止めてくれる人間が減ってくるので。

「海外の方もいらっしゃっていたのですね」
「和風の家具を目当てに来ていた。どのあたりまでを和と呼ぶのか聞いておけばよかったな」
「難しいところです。――ということは、ハッピースマイルインテリアの方もいたのですね?」
「ああ」

 少々くせのある和風家具を作っているところだが、俺は好きだ。
 あそこで作られるものは柔らかさと鋭さが同居している。と、以前に東に言ったら理解できない顔をされた。

「驚いていたよ」
「訪ねてきたことにですか?」
「いや、婚約者がいることに」

 東の手が止まった。何かあったのだろうか。
 首を傾げつつ俺はメールチェックをする。ああ、この依頼はうまく行きそうだ。良かった。

「婚約者ぁ!?」
「話していたはずだが」
「あ、あの、無理やり縁談持ち込んできた本条家の娘さんだよな!?」
「そうだな」
「連れて行ったのか!?」
「東」

 ドアを指さすと、彼は気付いたように慌てて鍵を閉めに行った。
 そして俺のところまで戻ってくる。犬みたいだとなんとなく思った。
 ともあれ、これで俺たちは『社長と秘書』ではなく『香月と東』という関係になった。仕事かどうかと言われたらプライベート寄りの話だと判断したので。

「連れて行った。顔見せで」
「いやいやいや――香月、お前自分が以前に話していたことも忘れたのか?」
「覚えているよ。『つばきさんは何か隠し事をしている』って言ったことだよな」

 どうにも消化できない部分があったので東に相談していたのだ。
 どうしてだかよそよそしかったり、こちらの顔色を窺っていたり。俺のことを嫌いならばそれでいいのだが、別の事情が絡んでいるような気がしていた
 本条は力技でのし上がってきた家だ。なにかしらきな臭い裏側はあると踏んでいたのだが。

「そんな怪しい女性、取引先に紹介しに行くか!?」
「怪しいが信頼は出来る」
「お前は何を言っているんだ」

 人に興味はないが、悪意ぐらいは嗅ぎ取れる。
 小さいころから当時社長だった父親に引っ付いて回った成果だ。

「俺を騙して名誉やら金を目的にしているならすぐ分かる。だが、彼女の場合は何かに怯えながら隠し事をしているように感じ取れた」
「そういうところは敏感だから信じるけどな……。でもその何かっていうのはまだ分からないんだろう?」
「ああ」
「駄目じゃないか」
「分かったことはある。『本条つばき』は本名ではない」
「ん?」

 東がフリーズした。この反応は予想していた。

「香月は――『本条つばき』と見合いをしたんだよな? 本家令嬢の……」
「そうだ」
「だけど、今香月と住んでいる女性は『本条つばき』ではないと?」
「そうなる」
「そうならねえよ……! 誰なんだよ、その人は!?」

 頭を抱えている親友を見ながら、普通はこういう反応になるのだなと冷静に考えていた。
 薄々、つばきさんがつばきさんでないと感じていたので明かされた時も「やっぱり」としか思っていなかった。
 ――むしろ、『本条つばき』ではなくてよかった。

「得体の知れない人物とよく暮らせているな……」
「かわいい人だぞ。料理もうまいし、気配りが出来る」
「惚気るな」

 怒られた。

「……待てよ、本条家は知っているんだよな? その、つばきさんがつばきさんではないこと」
「多分そうだな」
「まずいって。香月をどうして騙しているかは知らないが、いわゆる偽物を婚約者として差し出してきたことだろう?」
「しかも、目的としては香月と本条がつながりを持つためのいわゆる政略結婚だろう。そこに代理を出してくるのは……理解できない」
「意図が分からなすぎてホラーだろ、これ」

 しつこいぐらいに縁談を持ちかけ、いざ本番になると『本条つばき』のフリをした誰かを連れてくる。
 ここまで予想できないことをされるとどこかにドッキリの看板があるのではないかと疑ってしまう。

「考えられるのは、『本条つばき』が逃げたから仕方なく身代わりを用意した……とかかな」
「香月、さすがにそれは無理な推理だと思うぞ。本当にしていたら本条は相当馬鹿だろ。俺が集めてるアメコミにかけてもいい」

 大きいため息をついたあと、東は手元の名刺を見てなにか思い当たったようだ。

「そうだ! 免許証か保険証見て名前知ればいいじゃん!」
「……確かに思ったが、俺は出来ない」
「なんでだよ……。人の荷物を漁れないと言っている場合か?」
「彼女がなおも隠していたいなら、自分から話してくれる日まで待つことにした」

 あの状況で『つばきのふりをしている』までは話せても名前を言うことはしなかった。
 彼女はまだ、つばきを演じるつもりなのだ。

「後悔しても知らねえからな……。なにより香月は社員を雇う身だ、下手なゴシップをとられて会社の信用を失ってしまうことも考えてみたほうがいいぜ」
「耳に痛い忠告をありがとう。そうだな、俺には身分がある」

 感情のままに動いてはならない。
 冷静に、積み木を積み立てるように着実に動かなければ。

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く