話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

21

 手短にお風呂に入り、恐る恐るリビングを覗くと悠馬さんがソファに座っていた。
 私に気がつくと彼は「おいで」と手招く。こわごわ近寄ると、腕を引かれて座らせられた。

「楽しかったな、今日は」

 私が予想していたどの台詞とも違う言葉に、私はきょとんとする。

「え、うん……」
「いつも淡々と仕事の話をして、帰るだけだったから――事務的な外出ももちろん大切であるけれど、自分のしたいように外出するというのも大事だという事がよく分かった」
「あの……?」
「見ての通り、俺はだいたい仕事のことしか考えていない。その証拠に同棲を始めても帰りは君より遅い日が多いし、読み物も共通の話題になりそうなものではなく仕事に関係することばかりだ」

 確かにそうだったけれど。
 だけれど、そんな悠馬さんのそばにいることが心地よかったのも確かだった。
 話しかければ必ず目を見てくれる。会話のない静けさが好きだ。適度な距離感の中で私たちは暮らしていた。

「なんていうのか。君の横にいると、呼吸ができる」

 長い瞬きのあと、悠馬さんは私に目を向けた。

「だけど君は、息苦しそうだ」
「……」
「俺は人を救うなんて大層なことはできない。頭の中にあるものを図案に書き出すことは得意だが、胸の中にある感情を口にすることはどうしてこうも難しいんだろう」

 ぽつぽつとこぼれ出るのは、懺悔だった。
 私への懺悔。

「結局、行動ばかりが先に出て君を困らせたと思う。それに関しては許してほしい」
「そんなこと……」

 キスされたことは驚かなかったと言われたら嘘になるけれど。

「……そんなに思ってくれていたの、知らなかった」
「君の悩みに比べたら砂粒程度にもならないよ。――つばきさん」

 私たちの周りですべてのものが動きを止めたように静かになる。
 耳に入るのは、悠馬さんの声だけ。

「君は誰?」

 は、と肺から一気に空気が抜ける。
 いつかは来る質問だって分かっていたではないか。そのための答えだって用意していた。
 『本条つばきです』と。それ以外の回答はない。
 無理だと分かっていても吐き通さなければならない嘘を、平然とした顔で言うのだ。

「私は、ほんじょ……本条、」

 喉がカラカラになっていく。
 大切な実家。本家。融資。つばきの身代わり。避けられない未来。
 本名を口にすることなんて出来ない。

「――本条つばき。それが、私の……今の名前」
「そうか」

 一瞬、悠馬さんの瞳に冷たい光が宿った。
 私は身を固くさせたが、瞬く間にそれは消え去り後に残ったのはいつも通りの柔らかなハイライトだ。

「じゃあ、その『本条つばき』の後ろにいる君に言うよ」

 彼は私の手を握る。

「好きだ」

 たった三文字。
 なのに私の心を揺らがせるには充分だ。

「――そんな、嘘ですよね? だって、分かるでしょう? 私は――悠馬さんを騙しているんですよ。ずっと、会った時から……」
「今は騙されていてあげる」

 凛とした声色。そのなかには張りつめた強さがあった。

「でもいずれは、すべて明かしてみせる。君が嫌だと言っても、君が苦しんでいる原因を取り除くために」
「どうして?」

 どうしてそこまでしようとするの?
 考えをくみ取ったかのように、悠馬さんは耳元でささやいてきた。

「君を愛しているから」

 ばくばくと心臓が暴れる。
 愛、愛してるって!
 そんなドラマでしか聞かないような台詞をよく真顔で……あれ。
 冷静そうでいて、悠馬さんの手の温度はあがっていく。恥ずかしいのは私だけではないと分かると何故だか可笑しくなった。

「……愛し損になるよ」
「損にはならない。絶対に」
「本当に?」
「どれくらい俺が君を愛しているか、言葉で信じてもらえないなら――実際に教えようか」

 私が反応するよりも早く彼は唇を重ねてきた。
 水族館の時のような啄むようなものではなく、深いもの。
 直に彼の体温を感じて頭がくらくらしてくる。このまま身体が溶けてしまいそうだ。
 呼吸が苦しくなってきたころに離れた。こんなにキスって気持ちいいものだったの?

「続きは俺の部屋でいい?」

 とろとろとする思考の中で、まだどうにか残っていた理性で返事をする。

「部屋を暗くしてくれるなら……」

 悠馬さんは微笑んで「分かった」と頷くと、私の手をひいた。
『それはつばきの役割だよ』と、心の声がささやく。『裏切っていいの? 騙していいの? あなたはみんなを敵に回してしまうよ』とも続けた。
 たしかにそうだ。露見するわけないにしても、私が今からしようとするのは本家を裏切る行為だ。知られたら実家への融資がなくなるだけの話では済まない。最悪潰されてもおかしくないこと。
 私を犠牲にするか、周りを犠牲にするか。
 傷跡が痛む。

「戦うよ」

 自分にしか聞こえないぐらいに小さな声で呟く。

「好きだから」
 

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く