身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

18

「……流石に悪目立ちするな……」

 悠馬さんは周りの人たちの服装を見、居心地悪そうに胸元のボタンをひとつ外した。

「スーツで水族館は合わないのかもしれない」
「ふふっ。悪いけど……いまさら?」
「館内は暗めだからあんまり気にしなかったけれど、外に出ると……場違いさがすごい」
「気にしている人はいないから大丈夫だよ」
「そうか?」

 すでにベンチは埋まり、私達は立ち見の場所からイルカプールを見下ろす。
 悠馬さんは手すりにもたれかかりながらぽつりと言う。

「昔、遠足で水族館に来たことがあって。バカだったから先生の目を盗んで一番最前列でイルカショーを見たことがあるんだ」
「濡れた?」
「びしょ濡れ。先生にも親にも怒られた」
「あはは、わんぱくだったんだね」
「いやあ……後先考えない子供のほうが近いかもしれない」
「今の様子からじゃぜんぜんそう見えないよ」
「もう少し思慮深かったなら――」

 悠馬さんの言葉を切るように、彼と反対側の手すりにカツンと何かが舞い降りた。
 真っ黒な鳥。カラス。

「わっ!」

 私の声に反応してかガァとカラスが鳴く。
 尻もちをつくと同時に悠馬さんは手を振って追い払った。

「大丈夫?」
「う、うん……」

 いや、心は大丈夫ではないけれど……恥ずかしい。
 視線をいくつか感じたけれど、直後のイルカのダイナミックジャンプのおかげで注目はそれ以上されなかった。

「立てる?」

 悠馬さんが手を差し伸べてくる。思わず私は、彼の顔と手を見比べてしまう。
 もう子供ではないのだから自分で立てた。
 だけども咄嗟に私は彼の手を握ってしまう。
 大きな手。私よりも体温が高い。強く握られた手に引っ張られて私は立ち上がる。

「ここで売っている軽食を狙いに来ているみたいだ。賢い鳥だ」
「びっくりした……」

 ばくばくと鳴る心臓をどうにか落ち着かせようとしながらため息をつく。

「どうしてか苦手なんだよね、カラス……」
「昔――襲われたとか?」
「うーん、多分。小さいころになにかあったのかもしれないけど覚えていなくて」

 幼稚園で飼われていたにわとりに突かれたことは何度もあるが特に苦手意識はないし、鯉にエサをあげようとしてハトにたかられたこともあったけれどそれもどうってことはない。あれっ、鳥関係であまり友好的な関係を作れていない気がする。
 だけどカラスだけはどうも無理だ。そこには理由があるはずなのだけど、思い当たる節はない。忘れてしまっているのだろうか。

「そう、か」

 どこか陰のある相槌に私は首を傾げながら、私は肩からずり落ちたバッグを直そうとして気づく。
 まだ、手を繋いだままだった。

「あ、ゆ、悠馬さん! もう手は放していいんじゃない?」

 上擦った声で訴えると、彼はどこかいたずらっぽく笑う。
 これ、気付いていたけれどわざと何も言わなかったんだ……!

「もう少しこのままでもいいと思うけどね、俺は。まだカラスがいるかもしれないし」
「いやいや、もうどこか行っちゃったよ! それにほら、目立っちゃうじゃない手を繋ぐって…」
「気にしている人はいないから大丈夫だよ」

 悠馬さんは逃さないと言わんばかりに力を込めてくる。
 そうして困ったように眉を下げた。

「俺のわがまま。もう少しこのままでいい?」
「……少しだけだからね」

 仕事の時の顔とはまったく違う表情と声音に私のペースはすっかり乱されてしまう。
 いくらなんでも腑抜けすぎだろう、私……。これを本家に見られたらなんて言われるか分かったものじゃないのに。
 ……なのに、この手を振りほどきたくない。

 まったくイルカのしていることが頭に入らないままショーは終わり、私と悠馬さんは館内へ戻った。手はまだ繋いだままで。
 すれ違った老夫婦があらあらという目で見てきたので体温の上昇が留まるところを知らない。

「ショーの構成が上手いね」

 恥ずかしがっているのは私だけで、悠馬さんは涼しい顔だ。
 クラゲの水槽エリアで彼は立て看板を読んでいる。

「あと五分後にここで短いショーがあるって。イルカの場所からここまで展示物を見ながら進んで、たどり着く時間を計算してクラゲのショーを組んでいる。時間もデザインの一つか」

 私には理解が出来ないところで納得と感心をしている。
 まあ、悠馬さんが楽しいのならそれでいいのだけれど。
 ざわざわと集まってきた人に追いやられ、部屋の隅に流れ着く。どうやらどこにいても見ることができる作りらしいので特段文句はない。
 しばらくすると注意事項を述べるアナウンスが入り、ふっと照明が落とされる。
 思ったよりも暗い。
 音楽と共に水槽にスポットが当てられクラゲが動くたびに輝く。
 見とれていると隣で悠馬さんが「つばきさん」と囁いてきた。
 どうしたのだろうと見上げると、ぼんやりとした輪郭の彼が近づいて来て――私の唇の端に、柔らかいものが触れた。

「え」

 え?
 唖然とする間に手が離れる。

「悠馬、さん?」

 クライマックスになり、いっそう大きくなる音響に私の声はかき消される。
 もしかして――キスされた?

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く