身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

12 身代わりなのに紹介され!?

「つばきさん、少し話が」

 悠馬さんがそう切り出したのは、同棲してから二週間、互いに砕けた言葉もたいぶ慣れてきて日常での互いの動きも把握してきたころだ。
 やけに真剣な声音であるので、まさかいよいよ私の秘密がバレてしまったかと内心激しく動揺しながら冷静に聞き返す。

「どうしたの?」
「今週の日曜日に家具のデザイン展があるんだ。俺が出るわけではないが、得意先や同業者のデザイナー、あと友人が出席する」
「そこに悠馬さんが顔を出しにいく、と?」

 父もそういう学会や展覧会によく出席しているのでイメージはすぐにできた。ブライダルは日々ニーズに応えて成長していく分野だから情報交換は必要であるし、なにより横のつながりを大事にしなくてはいけない。悠馬さんも同じだろう。

「ああ」
「そうなんだ」

 どうしてわざわざ改まって言うのだろう。
 干渉はしない、という約束であるからわざわざ数日前に私へ言わずとも、当日に「出かける」だけで終わるだろうに。

「つばきさんも一緒に来てほしい」
「んわっ!?」

 驚きすぎてすっとんきょうな声をあげてしまった。
 え? 何? 私がどこに行くって?

「ど、どうして…?」
「婚約者だから」
「なるほど、婚約者だから…」

 いや、なるほどではないのだが!?
 本家から「偽物のつばき」として表にでないように言われているのだ。その気持ちは分からなくもない。いずれ本物のつばきに戻った時に、私のころを知っている人たちが「あれ? 以前別の女性を連れていなかった?」となる事態が起きるのは目に見えている。
 私としても公の場であまりつばきを演じたくはない…。別にありのままで問題はないが、「本条つばき」の名を汚したら本家は黙っていないだろう。まったく、本当に気を遣わせてくれる。
 ちらりと悠馬さんを見れば、私の返事を待っていた。
 「来る?」という提案ではなく「来てほしい」という願いだから、これはよほどの用事がなければ断れない。
 いっそ仕事があると言ってしまうか? いや…事務は日曜休みと伝えてある。それに、あるふりをしてあとでバレたら大変なことになるだろう。
 どうか当日の私がうまくやってくれますように。そう考えながら頷く。

「分かった。どんな服を着ていけばいい?」
「俺はスーツを着ていく。あまりラフ過ぎたり派手でなければなんでも」
「……事務員みたいなファッションでもいい?」
「もう少し着飾ってくれると嬉しい」

 だよね。
 ならいわゆるオフィスカジュアルか…。と、ここで気づいた。
 この人、世界にも出るほどのデザイナーだ! しかも社長!
 普段は物腰が柔らかいし、自分のことを自慢するわけでもなく、仕事の話もそこまで聞いたことがない。だからすっかり…というのは言い過ぎだけど、頭から抜けていた。
 下手な格好をできない!

「ま、ま、待って? ちょっと待って」
「待ってる」
「私が変な格好したら、悠馬さんの評価が下がっちゃうよね!?」
「つばきさんのセンスはいいと思うし、それだけで評価は下がらないよ」

 あっ、褒めてくれている。ではなく。

「どうしよう…。私、ほとんど展覧会とかイベントに行ったことがなくて…」
「親に連れられたことも?」
「小さいときにあったけど、それは子供だったからドレスコードもなにも考えなくてよかったし…。父親が連れて行ってくれたのはその時だけだから、あとはまったく」

 はしゃぎすぎて困らせてしまったのか、それ以降父親の仕事関係は就職するまで触れさせてくれなかった。
 つばきとかえで君はよく正一郎おじさんに連れられいろんなホテルをまわっていて羨ましかったのを覚えている。

「そうか。服装はあまり気負いすぎなくていいよ。金額ならこちらが出すし」
「ううん! 自分のものだから自分で買うし、こう、最高な感じのものを選ぶから! 大丈夫!」
「つばきさん、スイッチ入ると面白くなるよね」

 それは褒めているんですか?
 とにかく行くからには浮かないものを着なければ。

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー430435

    面白かったです

    1
コメントを書く