身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

11

 朝、出社すると先に来ていた後輩の里美ちゃんが領収書をぶちまけていた。

「整理しようとしたら手が滑っちゃいましたー!」
「手にハンドクリームじゃなくて潤滑油塗っているの?」
「わーん、本条先輩が辛辣ー!」

 ここまで派手にまき散らさなくても…と思いながら、せっせと集め日付順に並べていく。
 一通り終わりが見えた頃に葉月が出社してきた。

「なにしてんの」
「おはようございます間島先輩! 手が滑りました!」
「あんたの手はハンドクリームじゃなくてトロロでもついてるの?」
「微妙に分かりにくいですよぉ…」

 葉月の助けもあり領収書は元通りになった。
 ぱたぱたと片付ける里美ちゃんを横目に私はデスクに座る。今日中に終わらせたい仕事の付箋を目立つ場所に貼り直していると、葉月が耳打ちしてきた。

「お昼に聞こうと思っていたけど我慢できないから今聞いちゃうね! デートに向いてる夜景のきれいなレストランのおすすめある?」
「我慢しなよ…」
「気になったらもう仕事に集中できなくなるんだもの」
「えー…ああ、そういえば窓側には座らなかったけどいいレストランはあるよ」

 何を隠そう先日悠馬さんと行った場所なのだが。
 名前を伝えると業務よりも真面目な顔でメモしていた。

「あれ、そこって…」

 戻ってきた里美ちゃんが何かを言いかけたけれど、朝礼が始まる空気になったのでそれ以上を聞くことはできなかった。なんだったのだろう。
 それからしばらくして、他部署にはんこを貰いに行こうと立ち上がると里美ちゃんも用事があるとかでくっついてきた。

「本条先輩、さっき言っていたレストランですけど」
「ああ、うん。どうしたの?」
「完全予約制の、しかもその予約を三ヶ月先まで取れないところですよ。キャンセル待ちもあるにはありますが激戦って聞きますし」
「…えっ」
「わたしも行きたくて予約しようとしたことあるんですよ。諦めちゃいましたけど」
「そ、そんなにすごいの?」
「すごいんですよ〜。だからもし直近で行くなら他がいいんじゃないかなって」

 待て。
 あのレストランに行きたいと言ってから当日までは一週間ほどだった。まさか三ヶ月前なんて予知できないからキャンセル待ち戦争を勝ち抜いたということになる。
 いや、もしかしたらデザイナーとしてのコネを使ったのだろうか。そのほうが自然であるし、オーナーとシェフが悠馬さんの来訪を分かっていたのも納得できる。
 …私、彼にかなりの手間をかけさせてしまったのでは…?

「先輩? 通り過ぎてますよ?」
「あっ…ごめん…」

 行き過ぎた。戻る。
 ついでに里美ちゃんにそっと聞いてみる。

「里美ちゃんはさ、もしそういう予約の取れない場所でご飯食べたいって言われたらどうする?」
「ヤダって言いますね」

 すっぱり言うなあ。

「でもそうですねえ…相手をすっごい好きでなんでもやってあげたいぐらい惚れ込んでるならしちゃいます」
「そんなに…」
「煩わしいことも愛の前では無力ですよ。知りませんけど」
「例えばどうでもいい相手なら?」
「どうでもいい相手を食事には誘いませんね、わたし…」
「うーんと、じゃあ表面上は仲良くしておきたい相手」
「すっごい一緒にご飯食べたくない相手ですね…。そういう場合なら無理して予約取りませんよ。もっと無難で予約取りやすい、こちらにストレスがかからないやり方をします」
「そうだよねえ」

 納得した風を装うが、内心穏やかではない。
 悠馬さんかなり多忙なはずなのにレストランに予約をいれてくれたんだ…。里美ちゃんの言葉を借りれば、ストレスかかっていたのではないだろうか。
 婚約者だからそこまでしてくれたのかな? でも私が悠馬さんにご機嫌取りをしているのではと疑っていたみたいだし、気が進まなかった中での予約とは思う。考えれば考えるほどあの時の悠馬さんの心境が気になる。

「…先輩、言われたんですか?」

 少し具体的に聞いてしまったから疑問も当然だ。
 私は首を横に振る。

「友達から相談されていたのを思い出したの」
「そういうのだいたい本人の場合多いですよね」
「うっ」

  なんでこういうときだけ勘が冴えわたっているの!?

「詮索はしませんけど、そういうレストランで食事するなら友達以上の関係ということになりませんか?」
「そうかな…」
「先輩、人間関係を妙にネガティブに見すぎなんですよ。もっと気楽にいきましょ」
「うっ」

 そう見えていたのか…。
 私たちはそこで話を切り上げ、それぞれの用事を済ませにいった。

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く