身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される

黒柴歌織子

7  身代わりとして同棲中!

 黒い影が手の中から宝物が奪いとる。
 私は取り戻そうとして必死に追いかけ、手を伸ばす。すると足元がガラガラと崩れて真っ逆さまに落ちた。
 はるか上で誰かが叫んでいる。
 ああ。泣かないで。笑って……。

「ぎゃんっ!」

 ベッドから落ちて目が覚めた。ついでに悲鳴もあげて。
 そんなに高さは無いものなので大きなダメージはないが、意識がない間に落ちたというショックは大きい。
 ここは……ああ。悠馬さんの家だ。
 いや、同棲している家か。今日で四日目。
 しばらく床に寝転がり息を整える。そうして、またか…と冷静になりつつある頭で振り返る。
 実のところ、夢を見てベッドから落ちるのは昔からあるのだ。寝相が悪すぎるといえばそれまでなのだが。
 夢の内容はほとんど覚えていない。ただ焦りにも似た感情がわずかに記憶にこびりついているだけだ。
 だけど、今日は……。

「はじめてちゃんと覚えてる……」

 ひとりごちる。
 何かを奪われて、それを追いかけていたら落ちた。前々から思っているのだがこれは私の傷にも関係があるのでは無いだろうか。
 傷の出来た理由を両親は話したがらない。なんとなく口止めされているようだと分かってからは聞かなくなったし、興味もそこまでなかった。犯罪が絡んでたら怖いけどそういう事ではなさそうだし。
 ……うーん、だとしても漠然としすぎだ。黒い影、宝物、崩れる足場。抽象的すぎてさっぱりである。夢占いしたら散々な内容が出てきそう。
 それにどうして今、はっきりと思い出したのかな……。
 もやもやしつつ時計を見ると目覚ましのセット時刻より10分早い。私は頭を振りながら起き上がる。背中が痛かった。
 ふらふらと寝室のドアを開けるとーー悠馬さんが立っている。私と悠馬さんは寝室が違うのでおやすみからおはようまでは別々だ。

「わぁーっ!?」

 素っ頓狂な声を上げる。
 そんな私へ、彼は構わず挨拶をした。

「おはようございます」
「あ、おはようございます…」
 
 ではなくて!

「な、ど、どうしたんですか」
「いえ。すごい音がしたので大丈夫かと思い様子を伺いに来ましたが…いかんせん、朝の女性の部屋なのでどうしたものかと思っていまして」

 デリカシーのある人だ…。
 そこでハッと髪の毛を押さえる。ボサボサだ!
 部屋着だし! まだこんな姿を見せられるような関係ではない!

「リビングでまた会いましょう!」

 意味の分からないことを叫びながら私は部屋に引っ込み着替え、そこから洗面所へ飛び込んだ。
 顔を洗い、髪を梳かす。本条家の呪いともいうべき頑固なうねりを黙らせていつもの髪型にセットした。 
 …うん、少なくとも同居している人には見せられる姿になったのではないか。
 私は醜態を晒してしまったことを恥ずかしく思いながらリビングへ入る。いい匂いがキッチンから漂ってきている。

「スクランブルエッグです。食べますか?」
「そんな、毎朝作ってもらわなくても…」

 私たちが同棲する上で、相手にあまり干渉しないことを決めた。どこへ行くのかとか、何をしているのかとか。
 行動をすべて把握するほど私は彼を縛るつもりはない。浮気はちらりと気にならなくもないが、信用が売りの悠馬さんが早々やらかしはしないだろう。
 そして食事。帰る時間がバラバラなことが多いので相手を待たなくても良いことにした。
 まあつまるところ、一つの家で一人暮らしが二人いるようなものだ。ーーと、認識していたのだが。

「一人作るのも二人作るのも同じですよ」

 家を出る時間がほとんど同じ私たちは、同じような時間に起床する。自然、朝食も一緒となる。
 初日を除いて今日まで三日間、悠馬さんは私の分まで用意してくれているのだ。しかも美味しいので断れない。
 とりあえず飲み物だけは出さないととお茶とオレンジジュースをテーブルに置く。
 準備が終わると私たちは席についた。

「いただきます」
「いただきます」

 トーストされた食パンがさくりと軽い音をたてる。
 私のお気に入りのパン屋で買ったものだ。おととい思わず力弁してしまった。

「さっきはどうされたんですか?」
「ああ…いやあ…落ちてしまって」
「落ちた?」

 何故か一瞬、言葉が固くなった。
 なにか引っかかることでもあるのかな? 私は胸の中で首を傾げながら答える。

「ベッドからですね。昔から寝相が全然良くなくて……」

 つばきと小さい頃に一緒に寝ていると必ず蹴飛ばしてしまっていた。
 何度もそんなことがあり、「もうあやめとは寝ない!」と言われたな…。結局寂しくなって同じ寝床に来ていたけれど。

「ああ…、そうですよね。普通に考えればそうか…」
「?」

 どうしたんだろう。難しい顔をしてしまって。
 寝相がイメージできないとか。そんなことはないか。
 私はスクランブルエッグを口に入れる。ふわりとした感触が舌に広がる。美味しかった。
 いいなあ、毎日でも食べたい味だ。

「身代わり婚約者は生真面目社長に甘く愛される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く