話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

本日、総支配人に所有されました。~甘い毒牙からは逃げられない~

桜井 響華

仕事の評価は上の下でも、恋愛はハナマル評価です。【3】

「難しい事は分からないのですが、経営管理とかでしょうか…」

少しだけ考えてから言葉に出した。支配人の仕事内容はホテルのサービススタッフの育成、事業計画を立てた上での経営管理、ホテル全体のマネジメントなど様々な仕事があると一颯さんから聞いている。この全部を言ってしまったり、ホテルと言うワードを出してしまったら、副支配人にバレてしまうから言えなかった。

「経営管理までされてるのね。お付き合いしてる方って、今流行りのハイスペックな方なのね。篠宮さん、やるじゃない!」

副支配人に背中をバシバシと叩かれた。普段はイライラしていて性格キツめの美人な印象の副支配人だが、話をしてみたら案外そうでもなかった。ニコッと笑うと年上なのに可愛らしい印象が持てた。

カツカツとハイヒールの音を鳴らしアスファルトの上を颯爽と歩く副支配人は出来る女そのものでカッコイイ。一颯さんの女版みたいだ。

「それはそうと…篠宮さん、連休は満喫出来たかしら?実家にでも行って来たの?それとも彼氏と旅行?」

「えっと……、旅行です。休みが一緒になったので…」

勘ぐられているのか、答えずらい質問ばかりを投げかけられる。思わず返答が棒読みみたいになってしまった。

「良いわね、彼氏と旅行とか。私なんて、あの人が連休したせいで、アレコレ大変だったのよ!そーゆー時に限ってトラブルが起きたりするし!悔しいから自己解決して事後報告しかしてやらないけどね!」

「………そうでしたか、大変でしたね」

「そうなの!支配人代理って疲れるの!だって、あの人は自分で自分の首絞めてるんじゃないかって位、余計な仕事にも首突っ込んでるの!各部署、自分達だけで解決させれば良いのに、いちいち一日一回は見回りとかするし、それを引継ぎしたら余計な仕事も回って来るし身体がいくつあっても持たないわ!」

副支配人のマシンガントーク、面と向かって初めて聞いた。

「……でもね、必死で良いホテルを作ろうとしてるのは分かる。だから、私も支配人と同じ様にしようと思ってるの。それにあの人が居なくなる時が来たら次は私が支配人になるチャンスが訪れるかもしれないじゃない?だからこそ今は各部署との連携も密にしなきゃいけないと思うの。あの人に出来て、女だからって言う理由で私に出来ないなんて事はないの!年下の男になんて負けてらんない!」

負けん気が強いけれど、一颯さんの事は認めてくれている。

「だけど、たまにいけ好かない時があるのよね、あの人。何でも出来ますアピール半端なくて、その通りに何でもそつなくこなしてるし。……容姿端麗でも一部からは鬼軍曹とかってアダ名だから、お付き合いしてる噂とかは聞かないわね」

「………そうですね」

副支配人は本当に気付いてないのだろうか?私の連休も一颯さんの連休も把握しているのに?オフシーズンだから連休が重なったと思っているだけ?

「仮にお付き合いしている方が居たとして、どんな人だと思う?」

「……さぁ、どんな人なんでしょうね?」

歩いている私の顔を覗き込み、確認してくる副支配人。私は苦笑いを浮かべて笑って、「もうすぐ寮のアパートに着きますので…」と言い残し、そそくさとその場を離れた。

やっぱり勘づかれていると思った。勘づいていて、わざと仕掛けられた様な気がする。私も副支配人の秘密を握っている訳だし、お互い様なんだから大丈夫だよね?

案の定、その日は何事もなく副支配人とすれ違っても会話をしても一颯さんとの関係に触れられなかった。

「一颯さん、副支配人にバレたらどうしましょ!」

「んー?その時は腹くくるしかないでしょ?」

仕事終わりに自粛するはずだった一颯さんの部屋に駆け込み、朝の一部始終を話した。勿論、茶髪の男性、るい君については副支配人との約束だから一颯さんにも言わなかった。

「腹くくるって?」

「付き合いを公表すれば良い」

「えー、そんな事をしたら、一颯さんの立場が悪くなる……」

仕事帰りに寄るからと連絡を入れておいたら、一颯さんがオムライスを作って待っててくれた。そのオムライスを幸せを噛み締めながら頬張るが悩みは消えなかった。

「部下に手を出したって言われても仕方ないし、それで支配人の席を降ろされても仕方ない。実際に手を出してしまったんだから。俺を気に入らない連中なんて沢山居て蹴落とすには丁度良いネタかもしれない」

赤ワインを飲みながら私の頭を撫でる。

「一番めんどくさいのが評価シートを本社に提出する時に最終判断するのが俺だから、付き合ってるから贔屓してるとか評価が高いとか言われかねない事」

評価シートとは年に一度、上司に仕事ぶりを評価してもらい契約更新時に給与をあげるか否かの判断をする材料になるものだ。勿論、ボーナスの査定にも昇進にも関係してくる。

「仕事がそこそこ出来て一生懸命に取り組んでいるならA判定、仕事以外にもパーフェクトならばS、よっぽどじゃなきゃBやCはつけてない」

「そう言えば、先日、契約更新の評価がありましたよね?高見沢さんが言ってました。私は最終的には何になったのかな?」

「……マル秘だけどA評価」

「わぁ、嬉しい!」

ワクワクしながら聞き、自分で思ってたよりも評価が高かったので素直に嬉しい。

「………細かくはA-3。評価はSからCまであるがそれにも1から3までのレベルがある。Aの中でもA-1が最高評価で恵里奈はA-3だから、つまり上の下」

喜ばしい気持ちを踏みにじるように一颯さんはシレッとして言った。

「頑張りは認めるが、高見沢レベルには達してない。勝手な事もし過ぎる。お客様のプライベートにも入りすぎる。ルームサービスでも失敗する。フレンチのコースの予約ミスなどが尾を引いている……」

出てくる、出てくる私のミスの数々。

「俺はおまえが恋人だからって評価は甘くしない。次はもっと頑張りなさい。成長が見られなければ次はB判定だ」

一颯さんは職場に居る時みたいに氷の様な冷たい表情を浮かべる。そうだった、この人は仕事の鬼だった。恋人だろうと誰だろうと公平に判断する。

「本日、総支配人に所有されました。~甘い毒牙からは逃げられない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く