戦場の絶対正義

アカヤネ

序章 七話 異形

ウィリアム達が屋上に降り立った頃、シルフレッド・サンダース少佐が率いる「ゴースト」アルファ分隊の六人は、私邸の真下にある地下水路の中を建物内部へと通じるポイントへ向かって移動していた。
非常時の脱出経路として、地下水路の形をして作られたこの通路は合衆国政府の中でも一部のものしかその存在を知らず、従ってゲネルバ革命軍の兵士達は当然知る由がないので警備要員などは全く割かれていない。円形の構造をした地下排水路は高さは成人男性の身長ほどしかないので、暗視装置を頭部のヘルメットに装着したサンダース達は腰を屈めて移動しなければならず、加えて足首の高さまである汚水の腐臭もすさまじいものであったが、敵の抵抗には一切あわずに済んでいた。
それでも時折、足を止めて敵の足音がしないか確かめつつ、同時に自分達が道を誤っていないかをサンダースは確かめた。元から避難経路として使われる予定であった排水路には、苔が生えたコンクリートの壁に番号と赤字の矢印が示されている。その矢印の方向と逆方向に、番号が小さくなるほうに進めば、私邸内部へと侵入できる。
タクティカルライトの光で手元の、防水加工を施された地図と壁の番号を照合し、現在の位置とこれから向かうべき方向を再確認したサンダースは後ろの部下達にライトを振って指示を伝えると再び走り出した。その後ろにMC-51SD消音カービンを手にした黒色の戦闘服の隊員達が続き、地下水路の中に六人の男達が水を蹴る足音が響き渡った。

私邸内部に籠城していた革命軍兵士達も異常に気がつき始めていた。
「外のやつらはどうした!」
屋上と前庭を警戒していた部隊からの応答が途絶え、一階の応接間に簡易的な指揮所を作っていた革命軍の小隊長は傍らの無線兵に怒声をあげていたが、それで問題が解決するわけではなかった。
赤いベレー帽を被った小隊長の傍らには、頭に布を被らされ、両手足を縛られたまま座らされている四人の人間の姿があった。リード特命大使とその妻、そして二人の子供達だった。彼らの脇には二人の革命軍兵士が付き、FALライフルを突きつけている。
「ラルクとルサを屋上の確認に向かわせろ!最終的にはこいつらの命を盾にすれば良い!」
再び怒声をあげたベレー帽の小隊長の声に、リードの妻が悲鳴かうめきかわからない嗚咽を漏らす。
「こんな時だけ鳴きやがって。貴様らの政府が勝手に支援を打ち切ったで、俺達の仲間には、赤のやつらに家族を殺られたやつも大勢いる!貴様らには償いをしてもらうぞ!」
悪態をつき、手にしたベレッタM12でリードの頭を殴り付けた小隊長の怒声に、妻と子供達の嗚咽がさらに大きくなる。その背後では無線兵が、三階の警備に当たっている兵士達に命令を伝えていた。
「こちら、コマンダー。ラルク、ルサは現在のポジションを離れ、屋上の警戒に向かえ。」

三階を警戒していた、というよりは政府軍が唯一の突破路となる正面から突撃してきた場合、三階の窓から応戦するため、床に張り付けた三脚架に載せたM60汎用機関銃の脇で談笑しながら、命令を待っていた二人の革命軍兵士は指揮所からの指令を聞くと、話を止め、屋上に向かうために腰をあげた。壁に立て掛けていたFALライフルを手に取り、部屋を出て廊下を渡った二人は、彼らの出てきた部屋のもの以外に三つある扉の内の一つを開いた。その向こうには屋上へと続く階段があったのだが、ラルクを先頭にして、勢いよく扉を開けて階段をかけ上がろうとした二人は階段を三段ほど上がったところで暗闇の中、階段を数段登った先に黒い影が立っているのに気がついた。闇の中に溶け込む黒い戦闘服に緑色に光る単眼の目……。
敵……っ!!
異形の人影に瞬時にそう察し、FALライフルを構えようとしたラルクだったが、突然現れた敵に動揺し、動きがもたついてしまった次のしゅんかんには、黒い人影が構えたMC-51SDの引き金を引き、サプレッサーに押さえられた銃声とともにフルオートで放たれた十発の七.六二ミリNATO弾が彼の体に突き刺さった。
目の前で仲間を撃ち倒され、動揺しつつもFALライフルを構えたルサはそのまま引き金を引こうとしたが、それよりも速い速度で二人に接近したウィリアムが、倒れそうになっていたラルクの軍服の襟を掴み、ルサに投げつけた。同僚の死体がのしかかってきて、後ろに転げ落ちそうになったルサは何とか踏ん張って転倒せずにすんだが、次の瞬間には彼の顔の前に突きつけられたP9Sピストルの銃口が九ミリ・パラベラム弾を発砲していた。サプレッサーで発射炎を押さえられたP9Sが小さな銃声とともに空薬莢を薬室から排出し、額に円状の穴が空いたルサは血を吹き出しながら倒れた。
二人の革命軍兵士の死体の向こうにP9Sを構えて警戒しつつ、後ろにつく部下達にハンドサインを出したウィリアムは、P9Sを前方に向けて構えたまま階段を降りた。その後ろにMC-51SDカービンを手にした六人の部下達が続く。
廊下に続く扉は先ほど始末した二人が開いた状態のままだった。三階フロアに降りて、誰の姿も気配もない廊下に一通り、警戒の視線を向けた後、P9Sをホルスターに収めたウィリアムは背後を振り返り、すぐ後ろにつく部下達にハンドサインを出すとMC-51SDを構え直して、廊下へと歩み出した。その後ろにハワードとジョシュアが続き、アールを先頭としたリー、アーヴィングの三人はウィリアム達とは反対方向に廊下を出て、すぐ目の前に、扉がある部屋のクリアリングに入った。三階にある部屋の数は三つ、敵の気配がないとはいえ、クリアリングをせずに進むわけにはいかない。だが、地下から来るブラボー分隊との突入のタイミング合わせもある。最短時間で済ませるために、彼らは二チームに分かれたのだった。アール達がクリアリングしている方とは反対方向に廊下を進むウィリアム達の隣に二階へと降りる階段が現れた。MC-51SDを構えて警戒するが、三階からは踊場までしか見えない。だが、恐らく警備要員はいるに違いない。気配を察知されないように廊下を進んだ三人は目的の部屋の前にたどり着くと慎重にクリアリングを開始した。

「戦場の絶対正義」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く