戦場の絶対正義

アカヤネ

序章 六話 作戦開始

攻撃の始まりは唐突だった。夜の闇の中でも見えないものは何もない赤外線暗視界装置を手に入れ、加えて周囲を覆う地雷原の防壁にも守られて、大使私邸宅の屋上警戒を任された六人の兵士達は、最低限の警戒は続けつつも、煙草を吸いながら談笑し、すでに作戦開始時の緊張感は失われていた。重機関銃手の男が頭を撃ち抜かれるまでは……。
大型の赤外線暗視装置を銃身の上に搭載したブローニングM1917重機関銃に寄りかかって、仲間と談笑していた男の頭部の左半分が突如として吹き飛んだのを皮切りに攻撃が始まった。
「第二目標、狙撃銃の男だ!」
「分かってる。」
突如として撃ち倒された味方を振り返り、一瞬動きが止まった狙撃銃の男に、すでに次の照準をつけていたイアンはレミントンM40スナイパーライフルの引き金を引ききった。反動がライフルのストックを通して体の右脇に伝わり、サプレッサーでマズルフラッシュと銃声が抑えられた銃口から七.六二ミリ弾が飛び出し、銃身の中のライフリングに旋回運動を与えられた銃弾は夜の闇の中を七十メートルほど離れた標的に向かって飛翔していった。
仲間が死んだことを一拍遅れて理解した男がFR F1スナイパーライフルをジャングルの闇に向けて構えたが、その瞬間にはイアンの放った七.六二ミリ弾が男の左胸を貫いていた。
「命中。次だ!」
スパイクが狙撃の成功を隣で伝える中、ボルトハンドルをコッキングして、空薬莢の排出と次弾の薬室への装填を早技で終わらせたイアンは次の標的に銃身を巡らせ、コンマ一秒後にはサプレッサーのくぐもった銃声とともに、三発目の七.六二ミリ弾が銃口から発射されていた。
弾薬箱の上に座り、最初に撃たれた男と談笑していた「ゲネルバ革命軍」兵士は目の前で吹き飛んだ同僚の頭部が散らした赤色の脳髄を真正面から浴びて、呆然としていたが放たれた銃弾は彼にも容赦しなかった。呆然とした顔のまま、額を撃ち抜かれた革命軍兵士が後頭部を散らしながら倒れる後ろで、ミラン対戦車ミサイルの発射機の陰に隠れていた別の革命軍兵士はFN FALライフルを闇に包まれた周囲のジャングルに向けて掃射しようとしたが、ミサイルの発射機から身を出した瞬間、引き金を引くよりも前にイアンの狙撃に頭を撃ち抜かれて息絶えた。
イアン達と同時に、アルファ分隊のスナイパー・チームも狙撃を開始し、すでに建物の前庭の警戒を担当していた革命軍の歩哨、四人が片付けられていた。前庭の中央にある噴水の陰に隠れて難を逃れた二人の革命軍兵士は反撃に出るために、噴水から数メートル離れた場所に駐車した機銃付きのジープに取りつこうと、噴水の陰から飛び出して、ジープのもとへと走ったが、ジープにたどり着くまでに一人が射殺され、もう一人も後部座席に飛び乗り、機銃架に取り付けたM60機関銃を構えた瞬間、アルファ分隊のスナイパーに頭を吹き飛ばされ、機銃を握ったまま即死した。
前庭を警戒する歩哨が全滅した頃、屋上でも唯一残った二人の革命軍兵士は物陰の裏に身を隠したまま、身動きがとれないでいた。
「くそ!どこから撃ってきている!早く下のやつらに応援を頼んでくれ!」
無線で仲間が応援を頼んでいる横で、そう叫びながら、UZIサブマシンガンを物陰から盲撃ちのフルオートで撃っていた兵士の頭頂部に突然穴が開いた。
脳髄を間近に浴びた無線兵は、上を見上げて思わず叫んだ。
「なんだ、あれは?」
頭上の真っ暗な空の中、さらに黒い影がこちらに迫ってくる。
「どうした?C2!応答せよ!」
「敵だ!上から……。」
無線にそこまで返した革命軍兵士は脇に置いていたFALライフルを構えて、パラシュートだと分かった物体に対して、引き金を引こうとしたが、ウィリアムのH&K P9Sが九ミリ弾を放つ方が早かった。
銃口にサプレッサーをつけた拳銃から放たれた三発の九ミリ・パラベラム弾は、二発が胴体、一発が右頸部に直撃し、革命軍兵士は銃弾の代わりに血を吹き出しながら、後ろに倒れた。
暗視ゴーグルの緑がかった視界越しに、敵の姿がないことを 確認したウィリアムはP9Sをホルスターにしまうと最後の着地調整に入った。
着地直前でパラシュートを操作しながら敵を撃つという、予想外のアクシデントのため、着地は雑なものになったが、ウィリアムは何とか私邸の屋上の上に着地することができた。周囲の安全を確認して、パラシュートを切り捨てたウィリアムは上を向いた。暗視ゴーグルの視界には、次に着陸の体勢に入っているハワードのパラシュートの影が接近してくるのが映った。
ウィリアムは、スリングで肩にかけていたMC-51SD消音カービンの伸縮式ワイヤーストックを展開し、構えると今一度周囲を警戒した。積み上げられた弾薬箱の後ろや発電機の裏も確認するが、生きた人間の姿はない。
屋上には重機関銃だけではなく、ミサイルや八一ミリ迫撃砲まであった。政府軍が突撃してきたら、これで返り討ちにするつもりだったのだろう。全て、アメリカ政府が供与したものだった。
屋上の安全を確認したウィリアムはMC-51SDを構えたまま、姿勢を低くして移動し、階下に続く扉の脇に取りつくと隊内無線を開いた。
「着地ポイント確保。順次降下せよ。」

「戦場の絶対正義」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く