戦場の絶対正義

アカヤネ

序章 五話 開傘

空気の壁と正面からぶつかることによる物理的なストレスと氷点下の空気から伝わる寒さが高高度降下用の防寒装備も兼ねた戦闘服の上からでも体を芯まで痛めつけ、その上に急激な気圧の変化までもが、ブラボー分隊の隊員たちの身体にのしかかっていた。
高度一万メートル以上を飛ぶ輸送機からパラシュート降下するHALO降下は、たとえ充分な準備と訓練があったとしても体調不良を引き起こすことがあるが、日頃から通常規定の範囲を超えた厳しい訓練をこなしている「ゴースト」の隊員たちにとってもそれは例外ではなくウィリアムも体の芯まで堪える低温と気圧の変動に、酸素吸気マスクの下で歯を食いしばった。
輸送機から飛び立った時ははるか下に広がっていた積乱雲の海原は身体が重力に引きずられて、自由落下を始めると、数秒の内に目の前に迫ってきた。
直によく見てみると月光を反射した雲の表層は薄い霧のようであったが、防護グラス越しにその光景が確かめられた時には、六人の身体は厚い雲の中に飲み込まれていた。
念のために輸送機から”ジャンプ”した時点で、お互いの距離は取っていたが、衝突を避けるために全身の神経を働かせて数メートルの視界も効かない中で姿勢を制御する。そんなことが数秒続いた後、目の前の壁が取り払われ、無数の光点が目に入った。首都カプロリウムの町灯である。厚い雲を抜けたことで「ゴースト」の隊員たちの眼下には、建物の灯りや行き交う車のライト、首都が放つ光の数々が明滅するのがはっきりと目視できた。それらの光の集合から南西の方向へ数キロほど離れた場所に、黒い闇の中、そこだけ光が集まった点が上空からも見えた。対応に追われているゲネルバ陸軍とCIAの対策本部の光だ。目標の降下地点は、その光からさらに西に八百メートルほどの場所にあるはずだが、数千メートルの上空から、それも保護ゴーグル越しの視界では、まだはっきりとはウィリアムには見えなかった。体にぶつかる空気が後方に流れていくとともに、漆黒の地面がどんどんと近づいてくる。高度千、九百、八百……。降下と同時に刻々と近づいてくる光の点々がよりはっきりと見えるようになってきて、ウィリアムはパラシュートを開くためのリップコードを右手で掴んだ。六百、五百、四百と、さらに高度はどんどんと下がり、ついに高度三百まで降下した時、ウィリアムは一気にリップコードを引ききり、彼の背中に背負われたパイロットシュートが飛び出し、それに続いてラムエアータイプのパラシュートが開いた。漆黒の空に六個のパラシュートが次々と開き、降下の速度を一気に引き留められたブラボー隊員達の体は高度三百メートルで滑空し始めた。パラシュートが正常に開いたことを確かめた隊員達は今度はヘルメットに装着した暗視ゴーグルを下ろして起動させた。眼球保護バイザー越しの視界に暗緑色の世界が広がり、先ほどまで全くの暗闇だった地形がはっきりと目に移った。今は白緑色に輝く対策本部の西側、熱帯林が覆う山の中に一部だけ不自然に木々がなく、代わりに人工の構造物のようなものが見える地点があった。 
間違いない。目標の建物だ。
ウィリアムは、隊内無線を開いた。
「全員、見えているな。一斉に降下するのは無理だ。一人ずつ順番に降下する。まず、最初に私が、次にハワード、リー、アーヴィング、ジョシュア、アールの順に続け。接触だけには気をつけろ!」
そう言って無線交信を終えたウィリアムは、パラシュートを操作し、私邸の建物屋上に向けて降下を始めた。
まだ、高度が高くて離れていることもあるだろうが、目標の屋上は想像以上に小さく見えた。
たった、一.五平方キロメートルか……。全員、降りられるか……?
不安を感じないわけではなかったが、すでに戻ることはできなかった。幸い、風は吹いていないので、パラシュートの操作に支障はない。戻ることができないなら、最善の行動をとるのみだと、ウィリアムは降下するパラシュートの操作に意識を集中した。

「"おっさん"、来たぞ!大尉達だ。」
「時間通りだな。風はないから、降下には支障がないはずだ……。」
そこまで言ったイアンのスコープの中には、照準の十字線の交点に最初の標的である重機関銃手がすでに捉えられていた。
「動くなよ……。」
スポッターに目を当てたスパイクが隣で呟くのを意識に入れないまま、イアンは右手の親指でセーフティを解除したレミントンM40のトリガーにかけた人差し指を引き込んだ。



「戦場の絶対正義」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く