戦場の絶対正義

アカヤネ

序章 四話 敵を見る目

ウィリアム達が上空一万メートルの輸送機から飛び降りて、高空へと身を投げ出した時、彼らの目標地点である大使私邸の周囲を囲む、高い防壁のすぐ脇の熱帯林には、彼らをサポートする狙撃チームが位置についていた。
事前に手に入れていた地雷の敷設地図を頼りに、麓から地雷原の中を仕掛けられた跳躍地雷とクレイモアを避けながら登ってきた四人の狙撃チームは、大使私邸から百メートルの地点で二チームに分かれ、現在、私邸の南東と西の二地点に着いて、それぞれ狙撃の準備を整えていた。
南東側の位置についたブラボー分隊の狙撃チーム、イアン・バトラー先任曹長と彼の観測手を務めるスパイク一等軍曹は、私邸を囲む塀のすぐ脇に立つ熱帯林の幹を登り、太い枝の上に体を預けて狙撃の体勢を取っていた。
「あー、くそ、あちぃ……。」
スポッターを目に当てて、私邸内部の敵の動きを監視しているスパイク一等軍曹が毒ついた。
二十五度を下らない気温のために肉体は汗ばみ、二人はすぐにでも全身を覆う装備服を脱ぎ棄てたいところだったが、彼らにその選択肢を取ることはできなかった。なぜなら彼が陣取っている熱帯樹の枝の上は、ジャングルの葉が隠してくれるとはいえ、赤外線スコープの目で侵入者を警戒する敵の重機関手の視界の中にあったからだ。今、赤外線遮断効果も兼ねたギリースーツを脱ぎ捨てれば、人工物の一つもない熱帯林の中で、不自然に熱を放つ二人の存在は、一瞬で察知されてしまう。
「赤外線ナイト・ビジョンなんて、便利なもの渡しやがって。」
熱帯の高温にさらされながら、山の中を重い装備を背負って、何時間も登らされたスパイク一等軍曹には、鬱憤がかなりたまっているようだった。
「今日の味方は明日の敵だからな……。あの馬鹿な議員がハニートラップに引っ掛からなければ、こんなことにはならなかったんだ。誰も想像できなかったさ。」
スコープの倍率を合わせ、狙撃の準備を整えながら、イアン・バトラー先任曹長は答えた。
国民は貧困であえぎ、国軍は旧式の装備しか使えないゲネルバで、「革命軍」の兵士達が最新式の装備を揃えることができているのは、イアン達の母国、アメリカ合衆国の支援があったからだった。
二十一世紀前半、プランテーション企業による搾取と傀儡政権の圧政に対する非暴力の抵抗として人民の間に静かに浸透していっていた共産主義思想は大戦後、米ソの冷戦が始まりゲネルバがキューバとともに、合衆国の北東部を弾道ミサイルの射程にいれることができるという戦略的価値をもったことで、形ある武装勢力に変異した。当然、自分の裏庭で敵対勢力が芽生えることを合衆国が許すはずもなく、共産ゲリラの組織発足と時を同じくしてCIAの裏工作が開始され、長い間、企業の操り人形と化し、汚職と腐敗が蔓延したゲネルバ政府を捨てた合衆国が共産勢力に対抗するために現地軍人を扇動し、組織させたのが「ゲネルバ革命軍」だった。それから十年以上の間、ヨーロッパのダミーカンパニーを通して、大量の武器と金が「革命軍」に流れ、加えて秘密裏に派遣された陸軍の特殊部隊グリーンベレーが兵士達に技術訓練を行うことで、「ゲネルバ革命軍」は着実に力をつけ、規模で圧倒的に勝る共産ゲリラと戦力を均衡するまでになったのだが、一年前、女性がらみの不祥事のネタを握られた議員がマスコミに、この非公式な武器供与の存在を明かしたことを、きっかけにその支援は全て打ちきられることとなった。そして、国際社会、国民から多大な非難を受けた米国政府が突如、一方的に支援を打ちきってからというもの、「ゲネルバ革命軍」は勢いと統制を急速に失うこととなった。
「この三ヶ月で共産ゲリラに拠点を落とされ続けているらしいからな。焦って、支援を揺すり得ようと思ったんだろう。」
レミントンM40A1スナイパーライフルを構えながら、イアンはあきらめの言葉を漏らした。スパイクはため息を着きつつ、狙撃観測用のスポッターで、私邸の屋上にいる「革命軍」兵士達を監視し、定めた目標をすぐ横で膝射の姿勢をとるイアンに伝えた。
「第一目標、十一時の方向、距離七十、屋上に陣取る重機関銃手の男。左からの風、三ミル。」   
「見えてるよ。」
ぶっきらぼうに返したイアンは、スコープに取り付けられた上下・左右調節ネジを自分の経験に照らして回した。
くそ、スコープに妙なものを取り付けられたせいで銃が重い...。
イアンはそう胸中に呟きながら、スコープの先に大型の熱感知式暗視装置を取り付けられて、前部が重たくなったレミントンM40A1狙撃銃の銃身を、クッション代わりの左腕を挟んで、立てた左膝の上に乗せ、自身の身体は背後の幹にもたれさせて、膝射の体勢を取った。
「第二目標は二時の方向、距離六十五。同じく屋上、狙撃銃を手にしてる男だ。ミラン対戦車ミサイル発射機の右。」
「確認してる。」
「一発で仕留めてくれよ。」
熱感知装置付きのスポッターから目を離したスパイクがこちらを見てにんまりとするのが横目で見えた。
「心配せんでもアルファ分隊のやつらのの足を引っ張るようなへまはせん。」
「頼むぜ。おっさん。」
アルファ分隊所属のスナイパー・チームは、私邸の西側で、イアン達と同じように熱帯林の木の上に登り、駐車場も兼ねた私邸の前庭を警戒する兵士達に狙撃の照準をつけていた。
イアンもいつもより重いスナイパーライフルの銃身を巡らして指定された狙撃手の姿を熱感知の視野に収めた。重機関銃の前から動かない第一目標と違って第二目標は等速度で屋上を移動しているが、その動きはパターン化されたものでこちらが消音器付きの狙撃銃で機銃手を仕留めれば驚いて、一瞬動きを止めると思われたのでそこを狙えば仕留められる。
イアンは"おっさん"という言葉で苦笑を漏らした。事実若い年代の兵士が集まる「ゴースト」の中でイアンだけが五十代にも差し掛かろうかという年齢だった。同じ第一特殊作戦群の若い兵士たちと比べれば体力を始めとして様々な能力で少し劣りを見せるものの、一般部隊の兵士としては彼の戦闘能力は優れたもので加えて同じ部隊の隊員たちの中でも飛びぬけて優れた狙撃技術と長く特殊な戦闘経験(そのほとんどは機密扱いされ、彼の二つの本名ともども封印されているが……)が彼に陸軍内でも最高レベルの兵士のみが所属を許される第一特殊作戦群に先任曹長としての籍を置かせているのだった。
「そろそろ、大尉達が降りてくる頃だ。」
スパイクがスポッターから双眼鏡に持ち変えて、空を見上げながら呟いた。
「見えるか?」
スコープの中を覗き混んだまま、聞いたイアンだったが、スパイクの目には空を覆う厚い雲しか映っていなかった。
「いや、まだだな。何も見えない。」
だが、その積乱雲の向こう側ではウィリアム達、六人が大使私邸に向けて、確実に降下してきていて、同時にイアンが最初の引き金を引く時も着実に近づいていた。


「戦場の絶対正義」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く