シューティングスター

ノベルバユーザー433120

黒いモヤ

「今度はさ、海に行けたらいいね」

少女は笑って俺に笑顔で話す。

「ああ、また三人で海に行こう」

「うん、そうだね」

意識の中俺は涙を流していた、そして綺麗な星は空から落下した。







「同じ夢を何度も見るんだ、1人の女の人が自分に話しかけてきてるんだけど眩い光が情景を覆い尽くして結局、なんて言っていたのか、何を伝えたかったのかはっきりと思い出せないけど」

「それってさぁ、ベイカーベイカーパラドクスじゃない?最近ニュースに取り上げられていたよ?」

聞いたことのない言葉にはてなな表情になってしまう。

「えー?そんな言葉聞いたことないけど?」

デジャブとは違うのかと思い早速携帯を使って調べる。

「私も違いがわからないんだけど…って携帯学校で使ったら取り上げられちゃうよ?」

大丈夫大丈夫と言う俺の言葉は電源が切れると同時に当たりが暗くなったことで大丈夫ではなくなった。

「よう蓮、堂々と廊下で携帯見てるなんて挑発的じゃねーか」

「げっ、相変わらず口が悪い先生が来た」

俺の携帯は直ぐに取り上げられた。

「お前の口の方がわりーよ、携帯は放課後取りに来い」

「ちっ、まじかよ」

「しょうがないよ、堂々使ってた蓮が悪いよ、先生またね」

手を振る先生を見ていると授業の開始のチャイムがなったので俺たちは教室に戻ることにした。

「ん?」

教室に戻ってきて外を見ると体育をしているグラウンドの生徒の周りに黒いモヤが見えた気がしたが二度と三度見て見直しても一瞬見えた黒いモヤは消えていた。

「気のせいか」





〜放課後〜

帰りのHRが終わり放課後になりさっき取られた携帯を取り返しに行くため職員室に向かう。

「蓮、帰ろ」

「その前に職員室に寄って携帯返して貰わないと」

俺は芽衣に一言言って職員室に向かう。

「校門で待ってるからね」

「おう」

急いで向かう途中、廊下の端で再び黒いモヤが見えて目をやるがそこには何もなく目の疲れだと思い目を擦る。

「早く携帯返して貰わなきゃ」

職員室に到着してノックしてからドアを開ける、夏だからガンガンに聞いたクーラーが勢いよく俺の隅々まで冷気が通っていく。

「おう、来たか蓮」

コーヒーカップ片手に先生は俺を自分の方へと手招く。

「先生携帯を返してください」

「うわー、こいつ人目だと敬語だよお兄ちゃんそんな弟を育てた覚えないんだけどな」

悪態つく台詞を口にしながらコーヒーを啜る自称兄に苛つき周囲がクスクス笑っている光景に耐えられなくなり、俺は携帯を先生の手から取る。

「それやめてって言ったじゃん!失礼しました!」

俺は勢いよく扉を閉めて職員室を後にする、校門で待っている芽衣を待たせないため急いで向かう。





下駄箱に向かう途中1人の女生徒が倒れているのを発見し意識を確認するために女生徒の肩を揺する。

「おい、大丈夫か」

俺がそう話しかけると女生徒は勢いよく立ち上がり目が虚ろなまま掛けている眼鏡を地面に落として足で踏み潰す。

「なっ、気が狂ってんのか」

俺は後退りこの場を後にしようと下駄箱に走って向かうことにする、だが先程の女生徒が並の女性では考え付かないくらい早い速度で俺を追ってくる。

「何々何々何々、追ってくんな!」

俺は振り切るくらいの全速力で走るが顔色一つ変えずに女生徒は俺を追ってくる。

「やばい、行き止まりだ」

無我夢中で走っていて気がついたら廊下の端に追いやられていた。

「なんか俺君にしたっけ?」

俺の声は届かず一歩ずつ俺に歩み寄る、何これホラーゲ?

「いやいやこないで欲しいんだけど」

じりじり近づいて来る度に鼓動が早くなる、そのまま俺に襲いかかると同時に俺は手を前に出し身を守る。

『ドンッ』

大きな音が響いたと思ったら俺の横に女生徒が倒れ込んだ。

「よう蓮、堂々と廊下で浮気なんて度胸あるじゃねーか」

言葉が発せられた先には先生が立っていて手には一丁の拳銃が握られていた。



「シューティングスター」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く