満員電車

あまねゆたか

8.ゆかり(3)

ガクン!

突然、電車のスピードが落ち、車内の照明が落ちた。

何?

「ただいま、瞬間停電が発生いたしました。照明と空調が停止しておりますが、まもなく復旧いたしますのでご了承ください。」

何それ?チョーついてない!

電車止まんないでしょうね。もう!

おやじのことも気になるけど、この停電何とかなんないの?

薄暗くって気分が悪くなっちゃう。

まったくぅ~

えっ?

何あれ?

光ってる!

おやじ、光ってるよ!

間違いない。

なんで?人間って光ったっけ?

光らない光らない!

あのおやじ、人間じゃないのかな?

宇宙人?地底人?海底人?

暗いところにすんでるものなら自分で光るかもしれないもんね。

一見普通の人間っぽいけど、私たちとは違うんだ。

でも、あの光って他の人には見えてないのかな?

見えてたらもう少し騒ぎになりそうなもんだけど。みんな静かだな。

薄い緑だから気づかないのかな・・・。

おや?

扉のそばでゲームをしている男が驚いた顔をしている。

あの男は気付いてるみたい。

その男も周りを見回している。自分の見たものが信じられないのかな?

と、その男と目が合った。

何か、その男はおやじにとても興味を持っているようだ。

目で、合図を送ってくる。

やっぱり気付いている。

こっちもそれとなく目配せをして気付いていることを伝えてみた。

その男にも注目していると、なにやら考え込んでいるように見える。

もしかしたら・・・・

後を追う気なのかな?

あ~ あたしも気になる!

あの男が後を追うなら、あたしも追ってみようかな?

どうせ、たいした仕事じゃない。あたしが一日くらい居なくたって会社は困らない。

何か理由をつけて休んじゃおっと!

よ~し、決めた。

今日はこのおやじをとことんまで追いかけよう。

そうと決めたらおやじを見のがさないようにしなきゃ!

どこで、降りるのかな・・・・

「満員電車」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く