満員電車

あまねゆたか

4.つよし(2)

今日は、何かゲームに集中できないな。

そばにいるおやじが気になっちゃってるんだ。ごそごそしていたかと思えば一転しておとなしくなっている。

この電車結構揺れるんだけど、何か踏ん張ってるんだよね、このおやじ。

いつもならもっと揺れに合わせてぐいぐい押されたりするのに、あまり押されない。

このおやじが揺れに合わせて動かない。何か俺に必要以上に触れないようにしているようにも見える。

よく見ると体を極力縮めて、コンパクトにしている。

俺だけでなく、周りの人間と極力接触するのを避けているようだ。

おやじの後ろの女の人もそんなにきつく押し込まれていないようだ。

何だ?

何か理由があるのかな?

このおやじって良い奴?

周りに迷惑をかけないようにってか?

そう言えば入ってくるときもぐいぐい押してくる感じじゃなくて、隙間にするりと入ってくる感じだったな。

あんな入り方はあまり見たことがない。

あ~ 何か気になる。

一応ゲームは続けてるけど、画面はあまり目に入ってない。

慣れで指が動いてる感じだ。頭はこのおやじのことが気になって気になって。

ちらちらおやじの顔を見るんだけど、おやじは目をつぶって何を考えてるか分からない。

あまりこんなことはないんだけど。どうしちゃったんだろう、俺。

いつもはぎゅぎゅうに押されながらそれを跳ね返してもゲームをするんだけど、今日は結構ゆったりしてるんだけど集中できない。

扉が開いた。

降りる駅ではないが、人の出入りがある。

俺はこの位置を動く気はないが、おやじは奥から降りる人がいるので一度車外へ出た。

再度車内に乗り込んだが、今度は俺の方には寄ってこなかった。こっちには別の奴が位置を占めているので別の場所へするりと入り込んでいったようだ。

これで、あのおやじを気にすることもないか、と思ったがやはり何か気になってしまう。

その場所でも相変わらず同じ立ち方で周りとの接触を避けている。

何でだろう・・・。

「満員電車」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く