満員電車

あまねゆたか

3.しげる(1)

はぁ~。

月曜日は憂鬱だ。何時になっても満員電車と言うのは慣れないものだ

いろいろな電車で通勤してきたが、この路線はまだましな方だ。

満員と言っても、車内で立ち位置を確保できるくらいの余裕はある。

入り口付近で立ち止まる人間が居なければ結構ゆったりとしているんじゃないかと思うこともある。

それでも満員電車は苦手だ。

会社勤めを始めて30年。車内ではそれなりの位置に上っているとは思うが、満員電車ではそんなことは関係ない。

周りには自分のことを知らない人間ばかりだ。

知らない人間ばかりというのは気楽な面もあるが、やりにくいこともある。

朝の通勤電車に乗るときはどうしても周りのことを考えてしまう。

今日も例に違わず、そんなことを考えながら電車に乗り込んだ。

いつもより少し混んでいる感じだ。間際に乗り込んできた男が押し込んでくる。

すいている場所を求めて体を少しずつ車内へと滑り込ませていくと、扉の脇でゲームをしている男の所まで流れてきてしまった。

いつものように場所が落ち着いたところで足場を固めるために微妙な調整をしていると、後ろから微妙な圧力を感じる。

どうも後ろは女性らしい。女性は小さいから満員電車は大変だと思う。男の間に埋もれてしまうと周りも見えず息が詰まってしまうんじゃないのかといつも気の毒に思う。

あまり、後ろに影響が及ばないように気をつけながら位置決めを行ったが、やはり気になっているようだ。


「***に****の***や**。」

「**も**こ***らい*****り****」


始まった。

満員電車が苦手な理由は単に混んでいるからだけではない。

私の特殊な体質が満員電車という状態を最悪のものにしているのだ。


「もそ***ごか****うさを****ちまう******」

「****うご***でほ***」


あ~。どんどん入ってくる。


そう、私は接触テレパス。触れ合っている人の意識が自然と流れ込んできてしまう体質だ。

「満員電車」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く