満員電車

あまねゆたか

2.ゆかり(1)

あ~。だるい

月曜日は憂鬱だ。昨日は久しぶりのデートだったので、ちょっと張り切り過ぎちゃった。

朝はいつもキツイけど、月曜日は特別ね。

また、仕事、仕事の一週間が始まると思うと気分が沈んでくる。

どうせ、あたしなんか居なくったって会社は動いていくんだし・・・。

って考えてしまうのよね。ついつい。

新卒で今の会社に入って3年。それなりに仕事はできるようになって来たつもりだけれど・・・。

まあ、仕事で生きていくつもりはあんまりないんで、それなりの扱いしかされないのかなっても思うけど。

それにしても、毎日の混雑した電車は3年経ってもなかなか慣れない。

こんなに他人と密着するってありえない。いつもは女性専用車両に乗るんだけど、今日は時間があまりなかったので途中の車両に乗っちゃった。

周りは男の人だらけ。怖いわけではないけど、やっぱ慣れない。

できるだけドアのそばのコーナーをキープしたいんだけど、そこにはなんかゲームやってる男が・・・。

しょうがないので、その前に立ってあまり押し込まれないように祈ってる。

でも、ある駅で中年のおやじが乗ってきた。

こいつは強引に車内へ入ろうとしている。

あたしの前に後ろ向きで立ち、背中でぐいぐい押してくる。

横からも押されているらしく、横に動きながら奥にも入ってくる感じだ。

あたしの後ろの男は中に入っていかないので、おやじと男に挟まれて身動きがとれなくなった。

あ~もう!これだから一般車両は!

でも、これに乗らなきゃ遅刻するし。少しの間だからガマンするしかないか。

前のおやじは、しばらくごそごそ動いてるし・・・。

もう! 動かないで欲しい。

ゲームをやっている男もなんかこのおやじが気になってるみたい。

何とかしてよ・・・。

「満員電車」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く