銀眼貫餮のソウルベット -Pupa cuius oblitus est mundus-

七色Ayeca。

※―――――――――――――――――――――――

※こちら節を分けるために挿入させて頂いております。
決して、荒し目的ではございません。流し読みや要点の確認の際にご活用下さい。




※その他、補足がございます。詳細につきましては第一章第2話後にあります、同節線をよろしければご確認下さい。




※本作、なかなかコンスタントに更新できずお待たせしてしまうかと思いますが、必ず最後まで私の生涯の限りをもってお届け致しますので、どうか今後ともご愛読のほどよろしくお願い致します。




七色Ayeca。

「銀眼貫餮のソウルベット -Pupa cuius oblitus est mundus-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く