彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版

高見 梁川

第四十話  少女の戦いその4

 城内に侵入したサス人のなかにレナリスという男がいた。
 彼はかつて富裕な商人であったころに傭兵を指揮した経験があり、ほかの素人よりは少なくとも戦闘というものを知っていた。
 彼らの戦術目標は非常にシンプルであり、応援が来るまでにヘレナを殺すことが出来るかどうかに尽きる。
 万が一にも失敗しないために捜索を優先してきたが、あの手練の女が逃げもせずこちらの戦力を削りにくるということは、目指すヘレナがいまだこの宮廷の奥に存在するという証左にほかならなかった。


 「固まってあの女の挑発に乗るな!ただひたすら守りを固めていればいい!若い奴らだけ5人ほど俺についてこい!」


 間違いなく女の目論見は時間稼ぎである。
 わざわざその思惑に乗る必要はない。ただただ我々はワラキアの新たな体制の象徴であるヘレナとヴラドを倒すことだけに専念すればよいのだ!
 サレスに対する抑えを残し、精鋭でヘレナを殺害に向かうという選択は朝までなんとか時間の引きのばしを図ろうとするヘレナにとって最悪の選択であった。


 「所詮は女の浅知恵だ。こんな馬鹿に我々が虐げられてたまるものか」


 ほんの2年前までリナレスは百人を超える使用人を雇い、傘下の商人を合わせれば千人以上に影響を及ぼすことのできる大商人であった。
 だが、だからこそサス人の特権が失われた時に身代の大きな彼の商会が蒙る被害も巨大であった。
 しかもヴラドの政策に反対するために彼の政敵と通じた彼の商会は、ヴラドのトランシルヴァニアの占領と同時に武力で解散を余儀なくされたのである。
 生まれながらに特権階級であるサス人としてルーマニア人の上に君臨してきた彼にとって、現在の不遇は到底我慢できるものではなく、たとえザワディロフが賞金を賭けなくとも個人的な怨念によってヘレナを殺害したいという渇望にも似た欲求に突き動かされてリナレスは動物のように唸った。


 「ぐっくくっ…………」


 狂気に身を委ねたリナレスと数人の男たちがヘレナへと向かっていくのに気づいたサレスは惑乱したと言っていい。
 サレスが稼ぎだした時間はわずか30分にも満たない。
 このままでは日が昇るまでヘレナの居室は持たないに違いなかった。


 「どきなさい!」


 手持ちの少なくなってきたナイフを投擲して再び1人の男を倒す、が回廊に固まった数十人の男たちの壁は揺るがない。
 むしろサレスがヘレナを助けに向かうことを妨害しようと結束を高めたかにさえ見えた。
 唇を噛んでサレスはもどかしそうに身をひるがえした。
 彼女の暗殺者としての本能はあと倒せるのはせいぜい5・6人程度であろうと告げている。
 しかしそれではヘレナを救うことができない。
 だからといって正面から特攻することもできなかった。
 それでは5・6人さえ殺すことが出来ずにサレスは果てることになるであろうからだ。
 暗殺者としての冷めた計算とヘレナの家族としての感情がサレスのなかでせめぎあう。


 「神様………神でなくてもいい!誰か姫様を助けて!」










 「ここか?」


 ひと際大きな扉の部屋を前にしてリナレスは舌舐めずりをした。
 どこか女性らしいたおやかな細工と扉の両脇に飾られた美しい花がここに高貴な女性がいることを明確に告げていた。


 「潔く出てこい!魔女め!」


 予想以上に早かった敵の襲来にヘレナは静かに瞑目したがそれで諦めるつもりは毛頭なかった。
 大理石のテーブルで封鎖された扉が突破されるには時間がかかるだろう。それまでにサレスが敵を駆逐してくれるかもしれない。あるいは外部の援軍が間に合うかも。


 「…………妾が本当に魔女ならば苦労はないがの」


 非力な少女に出来ることは少ない。
 おもちゃのような非力な人間用の弩を構えてヘレナは腹の底からこみあげる恐怖を飲み込んだ。
 恐怖におびえて立ちすくむのはヘレナの性に合わない。
 むしろ積極的にあがき続けることこそヘレナの本領というべき資質であった。


 ドンドンと扉を叩く音が激しさを増していく。
 打撃では扉が開かないことを知ったリナレスたちは渾身の力で剣を扉に叩きつけた。オーク材で出来た扉は硬く厚かったが、それでも男たちに剣をふるわれれば少しずつ空間を削られていくのを防ぐことは出来なかった。


 バリッという破裂音とともに剣が扉を突き抜けるとテーブルを押えて必死に敵の侵入を防いでいた侍女たちが悲鳴をあげた。


 「へへっ!やっぱりいやがったぜ!」


 わずかに空いた穴を広げてひとつ、ふたつと剣が突きたてられ、拳ほどの隙間が開くと1人の男がヘレナの姿を確認するべく穴から中を覗きこむ。


 「ぎゃああああああああああああああああ!」


 ヘレナの姿を確認したと思った瞬間、男の目には小さな矢が突き刺さり、無防備な目を貫通した矢は男の脳にまで達して停止した。
 ヘレナの持つ弩は威力こそ小さいものの、鎧や兜を装着していない平服を着たままの人間に対してはなお十分な攻撃力を有していたのである。


 「くそっ!穴に身体をさらすな!今は扉を叩き壊すことに専念しろ!」


 追い詰めたと思っていた獲物に反撃されたリナレスは激怒したがヘレナを追い詰めるための冷静さまではなくさなかった。
 どんどん扉が原形を失っていく。
 分厚い扉が半ばまで切り倒され、男たちの野太い腕が扉を後ろから支えていたテーブルへと伸びた。
 こうなっては侍女のやせ腕で男たちの力を押し返すことは不可能であった。
 「きゃああああああああ!」


 力任せにテーブルが押し返され、反動で背中から侍女たちがひっくり返る。同時に開いたスペースから猛然と男達が飛び出した。


 「ぐおおおおっ!」


 ひと際大柄であった男の胸に矢が突き刺さり転げまわるようにして男は悶絶した。
 しかし残る男たちはヘレナに向かって殺到する。
 震える手でヘレナは新たな矢をつがえようとするが焦るばかりで一向に矢が手に着かない。
 早くしなければ、男達がたどり着く前に早く………!


 「姫様!お逃げください!」


 侍女の1人が男の足にすがりつくようにしてヘレナを庇う。
 いらだった男は無防備な侍女の背中に容赦なく剣を突きたてた。


 「コンスタンス!」


 鈍い音とともに絶命する侍女を見てヘレナは悲痛な声をあげた。


 「とうとう追い詰めたぞ、魔女め!」


 そしてヘレナを見降ろすようにして歓喜の笑みを浮かべたリナレスが立ち塞がっていた。
 咄嗟に弩を向けようとしたヘレナを鼻で笑うようにリナレスは弩を弾き飛ばす。武器をなくしたヘレナはそれでもなお毅然と敵意をこめてリナレスを睨みつけた。


 「妾は負けぬ!」
 「おいおい、頭がおかしくなったんじゃねえか?餓鬼が!」


 呆れたように肩をすくめると無造作にリナレスはヘレナを殴りつける。
 小さなヘレナの身体が衝撃で後ろにはじけ飛び、肺の酸素を強制的に吐き出されてヘレナはケホケホと咳きこんだ。
 もうどこにも希望などありはしなかった。
 それでもヘレナは敗北を認める気にはなれなかった。


 ―――――自分こそがヴラドの隣に立つに相応しい人間のはずだ。
 立ち塞がる全てを跳ね除け超然と歩む者。悪魔と呼ばれ神を敵に回そうとも傲然と世界を変えていく者。妻たるこの身もまたそうあらねばならぬ。
 そうでない自分を決して認めることは出来ぬ!


 「手間をかけさせやがって………あの世で亭主に詫びやがれ!」


 リナレスが剣を振り上げ、まさに必殺の一撃が振り下ろされようとしたその時、ヘレナは唐突に理解した。
 死にたくない!
 その理由は決してヘレナの才能や立場によるものではなかった。
 もう一度ヴラドに会いあの胸に抱かれ、はにかんだ微笑みを見て思う存分甘えてみたかった。
 ことさら妻としての役割にこだわったのは要するにヴラドの隣に立つ自分の居場所を作りあげたかっただけにすぎなかった。
 自分が打算でもなく強制でもなく非合理な恋という感情に支配されているという事実にようやくヘレナは気づいたのである。


 ―――――ああ、好きだ。こんなにも妾は我が君を愛している。政治的パートナーとしてではなく1人の男性として、生涯の伴侶として。なのに妾は何一つ彼に伝えていない――――!


 天才などと持ち上げられつつ自分の気持ちひとつ把握できない愚か者であったとは。願わくばもう一度、幻影でもいいからこの目にあの我が君の優しい笑顔を見せて欲しい。
 一筋の涙とともにヘレナは白銀に煌めく剣を見つめた。


 ゾブリ


 深く肉を切り裂き骨を砕く鈍い音が響く。


 「あ…………あああ……………」


 腹から突き出た剣が引き抜かれると生温かい血がまるで噴水のように腹圧で床に噴きだした。












 「誰に断って人の女に手を出していやがる」


 「………ヴラド!」


 無意識のうちに初めて夫の名を叫びつつ軽やかな妖精のようにヘレナはヴラドの胸へと飛び込んだ。


 「うわあああああああああああああああああああ!」


 堰を切ったようにヘレナは身も世もなく泣いた。


 会えた!
 会えた!また会えた!
 生きてこの愛しい人に会えた!


 それは帝国の皇女でもなく、公国の公妃でもなく、ヘレナという一人の少女がようやく辿りついた生まれて初めての恋の始まりなのだった。




 胸にしがみついて泣きじゃくるヘレナの頭を優しく撫でながら、俺は心底胸を撫で下ろしていた。


 ……………ほんとうに危なかった。
 わずかコンマ一秒遅れたらこの再会はなかった。
 連れて来た兵力が少なすぎたので汚水口から城内に潜入したのが結果的に大正解だった。
 手の中に伝わるぬくもりに躊躇なく引き返した自分の決断が間違っていなかったことを俺は確信していた。










 …………トゥルゴヴィシテが………危ない………。
 使者の言葉を聞いた俺は呆然と立ち尽くすことしかできなかった。


 ………ヘレナが………


 「必ず勝って帰ってこい。汝は我が誇りだ」


 勝気なヘレナの双眸がよみがえる。


 ………ヘレナが………


 「……だから……早く妾のもとに戻ってきてくれ、我が夫よ」


 ………ヘレナの命が危ない!?




 そう考えたらもういてもたってもいられなかった。


 「ベルド、あとを任せる!」


 気がついたときにはもうすでに駆け出していた。


 君主として失格かもしれない。
 大主教として背教ですらあるかもしれない。
 しかしそれ以上に大切なことがある。
 おそらくヘレナという家族を失えば完全に自分の人格がヴラドの怨念に飲み込まれてしまうであろうことを俺は本能的に察した。
 彼女こそは自分にとってこの世界に自分を繋ぎとめるただ一つのよすがなのだ。






 もちろんベルドに君主の命に否やなどなかった。


 「ゲクラン殿、精鋭の中隊を率いて殿下を追って下さい。残りの者は私とともにブダへと向かいます」


 「承知した、殿下の手法を誰よりも真近で見てきた貴殿だ。きっとやれる」


 「私もそう信じています」


 「マルティン!フーバー!グレッグ!オレの後に続け!」


 馬を飛ばしてトゥルゴヴィシテを目指すヴラドの後をゲクラン率いる常備軍の精鋭が疾風のように追った。
 所詮不平貴族の戦力などたかが知れている。
 全ては時との勝負だった。
 裸同然のトゥルゴヴィシテ城が陥落する前に間に合うかどうか。
 ヘレナ姫が無事であるうちに到着できるかどうか。
 近臣としていつもヴラドの傍に仕えていたベルドは知っていた。
 半ば神がかった敬愛する万能の主君が、あの小さな少女に、いかに心のもっとも柔らかな部分を委ねていたかということを。








 泣き疲れて眠ってしまったヘレナをベッドに横たえるとサレスが深々と俺に向かって頭を下げる。


 「本当によく間に会ってくださいました………」
 「お前が時間を稼いでくれたおかげだ」


 明らかに不穏ないでたちに身を包んだ侍女を問い詰めようとは思わなかった。ヘレナが信を置いているというだけで彼女を信じるには十分な理由であった。 
 東の空に日が昇り始める。
 その山際で腕木が味方の勝利を告げているのが見えた。
 不眠不休で幾頭もの馬をつぶし、手近な馬を強奪してまで駆け付けたヴラドとゲクランの精鋭は腕木通信の速度すら上回ったということらしい。


 「―――――この貸しはでかいぞ、ザワディロフ」








 夜明けとともに城壁からの反撃が急速に弱まったことにザワディロフは気づいた。
 手を焼かせてくれたがようやく力尽きたか。
 そもそもここまで戦えたこと自体が戦力比を考えれば奇跡のようなものだ。総攻撃を命じようとしたザワディロフの前で半ば崩れ去った城門がゆっくりと開き始めた。


 「ふん、今さら降伏などしても…………」


 許さんと言いかけてザワディロフの舌は凍りついた。
 決してそこにいてはいけない男が鬼気迫る憤怒も露わにザワディロフを睥睨していた。


 「た、大公殿下…………ハ、ハンガリーへ赴かれたはずでは?」


 ようやくザワディロフはそれだけを言った。
 本物の串刺し公を前にして戦意など遠い彼方へと吹き飛んでいた。
 所詮ザワディロフの勇気とはヴラドの留守に寝込みを襲うだけのものにすぎなかったのである。
 ありえない。
 ありえない。
 十字軍は三万を数えるはずではなかったか。
 オスマンを相手に一歩も引かなかった名将ヤーノシュがそれを率いているのではなかったか。
 しかも軍勢を率いてこの男はハンガリーに出征したはずではないか!
 どうやってこの男は城に入ることが出来たのだ?まさかワラキア公は真実悪魔であるとでも?
 信じられない現実を前にうろたえるザワディロフを俺は薄く嗤った。
 どうやら怒りも限界を超えると笑顔になるというのは本当らしかった。


 「貴様は俺の禁忌に触れた」


 ただトゥルゴヴィシテが攻められたというだけであればここまで心が乱されることはなかっただろう。
 そこに触れられたら命のやり取りをするしかない、という禁忌にこの男は土足で踏み込んだ。である以上一辺の温情も与える必要を俺は認めなかった。
 恐怖のあまり舌先を凍らせてザワディロフはブルブルと震えた。
 こうして目の前にしてようやくヴラドこそは貴族で串刺しの森を作りあげた大量虐殺者であることを実感したのである。
 歯向かうべきではなかった。
 後悔とともにいかに許しを乞うべきであるか必死に言いわけを模索しているザワディロフに無情な言葉が投げつけられた。


 「太古の王が言った言葉に、目には目を歯には歯をという言葉があるというが………ここは余も王のひそみに倣うとしよう………」


 目には目を、家族には家族を。


 「余に逆らった不心得者よ。名誉回復の機会を与えよう。ザワディロフとその一族を殺した者には特赦を与えるぞ」


 ザワディロフを取り囲む兵士たちの気配が殺気とともに変わったことをザワディロフは感じた。。
 彼らにとっては逃れえぬ死地が転じて恩賞の機会となった瞬間だった。


 「ま、待て!待ってくれ!」


 ザワディロフの懇願もむなしくザワディロフの弟が、息子が魂切る悲鳴をあげて兵士たちに首を刈り取られていった。
 さらに甥が、従兄弟が抵抗するも無惨に切り刻まれて断末魔の悲鳴をあげる。


 「よせ!一族のものにまで手は出さないでくれ!こんな非道を神が許すと思うか?」


 ザワディロフの魂切る絶叫にも地獄絵図が治まることはない。
 なぜなら地獄の支配者こそは悪魔ドラクルであり、彼はただの地獄に落ちた哀れな亡者にすぎないのだから。


 「おのれ悪魔ドラクルめ!許さん!貴様の所業、決して許しはせぬぞ!」


 絶望・悔恨・悲哀・憤怒………一族という先祖代々の家名を滅ぼされ、今貴族という階級の没落の運命を自覚したザワディロフは憎しみで人が殺せたらと言わんばかりにヴラドを睨みつけている。
 だが彼の決断こそが一族をこの悲劇へと追いやったのだ。
 ザワディロフの目の前に首を積み上げると将来を期待していた息子の変わり果てた姿にザワディロフは嗚咽を漏らして叩頭した。
 全てはもう取り返しがつかない。失われた命が決して戻ることはない。


 「おお……………」


 そこには嘆くことにも疲れ切った老人が憎む力すら失って絶望に身を浸していた。
 ゆっくりとザワディロフが壊れて逝く光景を見物した俺はゲクランから銃を受け取ると無造作に引き金を引いた。










 「……………その顔が見たかった」











「彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く