彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版

高見 梁川

第二十五話 ドラキュラの花嫁その4

コンスタンティノポリスで交渉にあたっていたイワンからローマの使者とともに帰国する旨の先触れがあったのはつい先日のことである。
それにしてもあの陽気な伊達男としたことが、どうにも奥歯にものの挟まったような不可思議な反応をしていたのが気にかかる。
幸い総大主教庁を仲介とした和平交渉は大成功を収めたのだから、種痘や羅針盤の情報開示くらいは見返りに請求されたのかもしれない。
あるいはローマ使者というのもイワンが恐縮する程度には大物であるという可能性もある。
内陸国家であるワラキアは海との接点をモルダヴィア領内のキリアに頼らなくてはならず、使者の出迎えと、今後のワラキア・モルダヴィア両国の連携の構築のために
俺はモルダヴィア公国首都であるヤシを訪れていた。
 

「いらっしゃいませ!ヴラド兄様!」
 

ブンブンと振られる尻尾を思わず幻視してしまう勢いでシュテファンが飛んでくる。
史実においてヴラドが唯一心を許したと言われるこの幼なじみの懐きようは、どこか在りし日のラドゥを彷彿させて俺の胸を痛ませた。
それにしても―――――。
 

モルダヴィアの英雄シュテファン大公といえば今でもモルドヴァで語り継がれる救国の英雄である。
北をポーランド王国、南をオスマン帝国に挟まれた立地的条件はワラキアと同様に過酷でありながら、ヴラドとは違い独立と生を勝ち取った手腕はどれだけ賞賛しても足りない。
1475年のヴァルスイの戦いでオスマンに勝利した大公はローマ教皇から「キリストの戦士」と讃えられ、スカンデルベグ亡き後のキリスト教世界の希望の象徴でもあった。
しかし今の彼はふくよかな丸顔の可愛らしい貴種の少年以外のものではない。
正直イメージと現実のギャップを感じざるをえないほどだ。
 

「久しぶりだな、シュテファン」
 

それでもこんなふうに無条件に慕ってもらえることがうれしくないわけがない。
赤みがかったシュテファンの金髪をくしゃりと撫でつけ、俺はこの腕白そうな幼なじみに二本の金属細工を手渡した。
 

「いつか言っていたおもちゃだ。壊さないように二本を別々にわけてみなさい」
「ふえ?簡単だよ、そんなの?」
「まあ簡単にできたら新しいお菓子でもごちそうするさ」
「やった!約束だよ!?」
「ちゃんと壊さないでできたら、な」
 

大公のもとに向かう俺の背後で甲高い変声期前の少年のうなり声が響いてきた。
 

「ふんぬううううっ!」
 

聞かなかったことにできないだろうか?
 

 

 

 

ボグダン二世は兄のヴラド二世に似ず温和な内政家である。
正直彼が叔父であるというのが信じられないほど好々爺然とした親しみのもてる風貌は、その実堅実な政治力によって裏打ちされていた。
ヴァルナの戦い以降も、衰退するキリスト教圏のなかでモルダヴィアが豊かで比較的安定した平和を維持しているのは間違いなく彼の功績であった。
しかし戦乱の巷である現在、いささか内政に偏ったきらいのあるボクダン2世をモルダヴィアの主権者として不安視する向きが貴族内に存在するのもまた事実であった。
南北に強敵を抱え富国政策を急ぐボクダン2世は、利害の対立した貴族によって1451年に暗殺されてしまう。
その後のモルダヴィアはシュテファン大公の晩年オスマンに対する屈服を余儀なくされたものの、小国にすぎぬモルダヴィアがワラキアより遥かに長い期間に渡ってオスマンに対する抵抗を
続けられたのも、ボクダン2世による国力増進のおかげといっても過言ではあるまい。
 

「叔父上、ご壮健そうで何よりです」
「うむ、しばらく会わぬうちに化けたものだな、ヴラドよ。お前の噂を聞かぬ日はなかったぞ」
「お恥ずかしい。目の前のことに必死だっただけです」
 

実際本当に目の前の問題をかたずけることで精いっぱいだった。
ワラキアに帰還してからというもの、何も考えずにただ楽しむために費やした日は一日もなかったような気がする。
もし落ちついて戦争のことなど考えなくていい日が来たら、歴史オタクの成れの果てとして意地でも名所旧跡を見学に行くのだが。
 

「コンスタンティノポリスから使者が来るそうだな?」
「はい」
「やはり―――――オスマンと戦うか?」
「力をつけねばいいように使い潰されて自滅します。しかし力をつければオスマンと戦うかオスマンと組んでキリスト教国家と戦うか、いずれにしろ戦いは避けられないでしょう」
 

史実のヴラドやシュテファンもそうだが、小国がオスマンのような大国と正面切って戦うことは不可能である。
したがってその戦略は多くの場合国土を犠牲にしたゲリラ戦に頼らざるを得ない。
敵を国内に引き入れて戦う焦土戦略はいわば己の腕を斬り落として食する共食いのようなものである。
寡兵をもって大軍に対抗するには便利だが、犠牲に矢面に立たされる国民や土着貴族からすれば、忠誠を誓った君主に生贄として敵に差し出されるに等しい行為であるため
多くの場合離反して己の権益を守るために敵国に通じる。
そんな絶望的な戦をするつもりは俺にはない。
だからといってワラキアが大国化すれば現在のこう着した東欧のバランスを大きく左右するのは必然である。
ワラキアとオスマンが連合すればあるいは史実よりも早くウィーンを包囲し、さらには落城させることも不可能ではないだろう。
しかし国民の大半、というよりほぼ全てがキリスト教徒であるワラキアがオスマンの傘下でキリスト教世界と戦うという選択肢はありえない。
そんなことをすればたちまち離反者が続出して、結局史実のように誰かに暗殺されるだけの結果に終わってしまう。
形式的にはオスマンに従属しているワラキアが積極的に協力しないことが明らかになればオスマンとしても国力を増したワラキアを潜在的な敵国として認識するであろう。
いや、むしろセルビアやブルガリアのような従属国に対する見せしめ的な意味で真っ先に討伐の対象とする可能性が高かった。
すなわち、どのような選択肢をとろうとも将来的に戦いになることだけは避けられないのだ。
 

「それでわしに何を望む…………?」
 

さすがは老練な政治家だ。俺の意図を完全に見抜いている。
わざわざ俺自らモルダヴィアに出向いた理由は何もローマの使者を出迎えるためだけではない。
 

「キリア港の租借と駐留権を」
「………租借はともかく兵を駐留させようとは………」
 

ボクダン2世は予想以上にヴラドの要求が厳しいことに動揺を表情に出さないために精神力を振り絞らなければならなかった。
キリアはワラキアの世界戦略上必須の地である。
この地にある程度の経済的基盤を所有することをヴラドが望むであろうことは予想していた。
しかしまさかいかに友好国であるとはいえ一足飛びに兵の駐留権まで要求してくるとは――――――。
 

 

ワラキアには海がない。
これがワラキアの最大にして致命的な地政学上の欠点である。
少し南に下ればブルガリアの巨大港湾都市コンスタンツァがあるがこちらはすでにオスマンの統治下にあって手出しはできない。
貿易取引量も増え、ローマ帝国とも外交関係を結ぼうとする今、流通の拠点となる港湾はワラキアにとってなくてはならない存在だった。
しかし現実的に運用可能な港湾都市といえばそれはモルダヴィアのドナウデルタ以外の立地はありえない。
ワラキアとモルダヴィアをドナウの大河で結ぶこのモルダヴィア最大の貿易港は史実においても両国の間で深刻な領土問題を引き起こしていた。
とはいえモルダヴィアに武力行使するという選択肢は俺のなかにはなかった。
ワラキアの主要物産をキリアから積み出すことで両国にはすでに密接な経済交流が出来始めている。
せっかくの友好をだいなしにしてまでモルダヴィアを占領して、わざわざポーランドと国境を接するのは間尺にあわないというのが俺の考えである。
 

「…………キリアはモルダヴィアにとっても生命線に等しい港だ。ワラキアには渡せんぞ」
「ワラキアのものにするつもりはありません。しかしもはや叔父上が望むと望まざるとにかかわらずキリアは紛争の要となります」
 

ワラキアの輸出する数々の先進加工品がキリアに集中し、それにつられるようにしてヴェネツィアやフィレンツェの交易船がキリアに入港しつつある。
取引高は年々上昇して留まるところを知らないほどだ。
当然長年キリアを狙ってきたポーランドなどもまたぞろ食指を動かしても不思議ではなかった。
軍事的には弱小国であるモルダヴィアが果たしてこの先キリアを守り抜くことができるか?ヴラドがそう言っていることをボクダンは正しく理解した。
 

「見返りは?」
「モルダヴィアに安全と平和を」
 

今後キリア港がワラキアの資本投下によってさらに拡張され、ワラキアの海軍とその兵力が常駐すれば港湾の物資の消費量と安全保障は格段に進化するだろう。
人と流通が増えれば金が回るのはいつの世も変わらぬ真理なのである。
それにワラキアからの流通量がドナウの河川交通を利用して倍増すればキリア全体としての取引数量も加速度的に増加するのは必然であった。
その結果モルダヴィアの国庫に収まる税収も莫大なものになるに違いないだろう。
 

租借金の納入・税収の増加・貿易量の増加・治安の向上・軍事的抑止力の駐留………
俺の提案でモルダヴィアの損になる要素は実のところひとつしかない。
すなわちそれはワラキアの駐留権を認める以上、軍事的にワラキアと命運をともにすることになる、という要素である。
そう、この提案の行き着く先は、軍事経済両面に渡るワラキア=モルダヴィアの連合なのだ。
今ボグダン二世が迫られているのは、近い将来にそれを受け入れる決断なのであった。
 

「まったく………出来の良い甥を持つと苦労するのぅ」
 

ボクダンはヴラドの予想の正しさを認めないわけにはいかなかった。
もはやキリアはどの周辺国にとっても垂涎の的だ。
遠くない将来の軍事的衝突は避けられない。
最悪の場合ポーランド・オスマン・ワラキアの全てを敵に回しかねないのだが軍事的にモルダヴィアがそんな無謀な戦いを維持することは不可能である。
もっとも危険の少ない同盟相手を探すとすればそれはモルダヴィアと衝突すればせっかく順調に増加している交易量を損ないかねないワラキアということになるだろう。
いまさらワラキアとの貿易量を制限したり禁止すると言う選択肢はない。
そんなことをしてもキリアは魅力的な貿易港であるし、ワラキアとの交易で莫大な利益を得ている商人や地元貴族が反対するのは明らかであるからだ。
それにワラキアとの交易はモルダヴィアの公室財政にも少なからぬ影響があるのである。
 

―――――つまりはワラキアの交易戦略に巻き込まれた時点で詰んでいたということか。
 

してやられたという感はあるがボクダンはそれを不快には思わなかった。
むしろよくぞここまで、とヴラドを賞賛してやりたい気持ちすら感じる。
 

「…………では租借地の区画と租借料について検討するとしようか」
「お手柔らかに………」
 

ワラキアとの同盟関係が避けられないとしてもそのなかで最大の利益を追求する義務が国主のボグダンにはある。
一筋縄ではいかない叔父の老獪な笑みに俺は頬をひきつらせて笑うしかなかった。
 

 

 

 

 

「………それで我が国の力が借りたいと」
 

海の男らしい潮焼けした赤ら顔の男はいかにも難色そうな風を装っているが答えは最初から決まっているようなものだった。
男はワラキアとの間に何としてもパイプを作らなければならなかったが、ワラキアは何も男との交渉を優先しなければならない理由はない。
今やワラキアとの販路を切望している国はよりどりみどりといった様相を呈しているのだ。
 

「この話にはフィレンツェも興味を示しておったのですが、私は海軍力における貴国の実績を評価させていただいたのですよ」
 

おそらくはヴェネツィアにこれ以上借りをつくりたくないこちらの足元を見ようと思ったのだろうが………残念だったな。需要と供給のバランスが崩れてしまえば世の中こんなものだ。
 

「…………そこまで我々を買っていただいておるのなら否やはありませんな」
 

男の名をアントニオ・ゼルガベリという………黒海の覇者ジェノバ共和国の要人のひとりだった。
 

 

 

当初ワラキア貿易はヴェネツィアのモチェニーゴ家が独占していたが、需要の高まりにつれて様々な商人が先を争って取引を申し込んできていた。
それでも取引の中心は依然としてヴェネツィア商人であり、各国の商人はなんとかワラキア貿易に割り込もうと必死の営業活動を展開しているところだったのである。
 

そんななかでもとりわけ必死であったのがジェノバ共和国であった。
ヴェネツィア共和国のライバルにして黒海の制海権を支配する彼らにとって、黒海沿岸の港でヴェネツィアが巨富を貪るなど縄張り荒らし以外の何物でもなかったからである。
それだけではない。ジェノバという海洋国家にとっ決して無視しえない情報が彼らを畏怖させている。
すなわち、ヴェネツィアに供給された羅針盤と望遠鏡の存在である。
ヴェネツィアの厳重な秘匿行動によっていまだ詳細はしれていないが、わずかに漏れる情報の概要だけでもそれが船乗りにとってどれだけ貴重なものか彼らは身を以って知っていた。
ジェノバ共和国にとってワラキアとの関係改善は国策ですらあったのである。
 

 

「お互いによい取引が出来て幸いです」
 

ジェノバ共和国はコンスタンティノポリスに影響力が強いうえ、立地的にトレビゾント王国やキプチャクカン国へのパイプが強力だ。
ワラキアの安全保障上のパートナーとして不足はない。
今回俺がジェノバに要請したのは新設する海軍の教導である。
海軍は陸軍以上に養成に時間がかかるものであり、航海技術や建造技術はとても一朝一夕で身につけられるようなものではない。
後年オスマンとの海戦で大量の熟練海兵を失ったヴェネツィアが急速に国力を減じたことでもそれは明らかだろう。
ゼロから海軍を築き上げることは俺にもできない。
歴史と経験のある海軍の指導がワラキアのひよっこには絶対に必要なのだった。
 

スイスと並んで精強を謳われるジェノバ傭兵の相場は非常に高価だが、キリアをモルダヴィアから租借できる見込みがたった以上その代金には不足はない。
そしてこれまで内陸に偏っていた加工産業を海産物にも広げるのだ。
とりあえずは鰯のオイルサーディンや鯨肉の瓶詰めあたりか。加熱殺菌は今のところワラキアだけの秘匿技術だから類似品が出回る心配は少ない。
 

 

「――――そういえば今日あたりローマ帝国の使者がお着きになるのではありませんかな?」
 

思いだしたように問いかけられて俺は頷いた。
コンスタンティノポリスにも商売の拠点を置いているだけにアントニオの情報は正確であった。
 

「おそらく夕刻前には参りましょう。よければアントニオ殿もご一緒されてはいかがか?」
「おおっ!かかる場に臨席を賜るとは恐悦至極。こちらこそぜひともお願いしたい」
 

このときアントニオの大仰な喜びように不審を感じてしかるべきだった。
俺が彼の喜んだ理由を知るのはイワンを乗せた船が到着する夕暮れ時になるのである。
だがこのときはまだ、俺の人生を変える運命の変転など気づきもせぬままに、俺はローマとワラキアの外交戦略について思いをめぐらしていたのだった。
 


「彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く