話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版

高見 梁川

第十九話  トランシルヴァニア侵攻その3

ブラショフへのワラキア侵攻の報は公都であるシギショアラのトランシルヴァニア宮廷に激震を走らせた。
火器の発達が未熟で都市の防御力というものが高いこの時代、わずか一夜で都市が陥落するということは珍しいことであったし、先代のヴラド二世の時代にはハンガリーの属国化さえしていた
ワラキア風情がまさかこのトランシルヴァニアに侵攻してくるなど驚天動地というほかはないものであったからである。 
 

「おのれヴラド!慮外者め!」
 

留守を預かるフニャディ・ラースローは若干15歳らしい清冽な激情とともに叫んだ。
父のいない国は自分が守らなくてはならない。
フニャディ家の次期当主としての自覚と若さゆえの純真な使命感がラースローの戦意を熱く滾らせていた。
 

「セスタス、今兵はどれほど残っている?」
 

ラースローは父が残していった歴戦の腹心に問いかける。
トランシルヴァニアはワラキアと違いいまだ常備軍を用意していない。
軍役を負った貴族の半ばは父ヤーノシュとともに上部ハンガリーの地にあるから現在どれほどの動員が可能かはラースローには判断がつかなかったのだ。
 

「おそらくここ数日ということに限れば四千に届くまいかと」
 

セスタスはざっと遠征に参加していないトランシルヴァニアの貴族の主だった顔ぶれを思い出してラースローに告げた。
同時にラースローが血気にはやらぬよう忠告することも忘れない。
 

「ブラショフが落とされた以上もはや東部の諸侯は当てにはなりますまい。大公殿下の援軍を待つが上策と心得ます」
 

ブラショフはトランシルヴァニアの臍のような都市だった。
この都市の陥落はトランシルヴァニアを東西に分断されたに等しい。
十分な兵力を期待できない以上、危険は犯さず万全を期すべきだとセスタスは考えていた。
  

しかしラースローはセスタスの消極策にはあからさまな不満を隠さなかった。
侵略者ヴラド三世当年とって16歳、自分とたった一年しか変わらぬ若い年齢である。
16歳のワラキア君主にできることが15歳の次代トランシルヴァニアを担う自分にできないことがあるだろうか!
このままおとなしく父の帰還を待って、無辜の民の怨嗟を放置していてよいものか!
それにラースローは父が上部ハンガリーから帰還するころにはヴラドは悠々とワラキアに略奪品を満載して凱旋しているであろうと考えていた。
現在父ヤーノシュが上部ハンガリーに率いている兵は一万を超えており、残存する駐留兵を合わせると一万五千に近い大兵力になるはずであったからだ。
今を逃したら手柄を立てる機会は失われる。
ラースローがセスタスの諫言を聞かずに出撃の陣触れを出したのにはそうした焦りが存在した。
弁舌に定評のあったラースローの檄文とともに伝令の兵があわただしく国内を往来し、数日後には北部と西部の残存貴族からほぼ四千の軍勢が参集したのである。 
 

 

このとき、セスタスはラースローと同様にワラキア軍が近いうちにブラショフを離れワラキアへ帰還することを疑っていなかった。
いかにワラキア公が戦上手といえどカルパチア山脈を越えてブラショフを維持するのはいかにも小国のワラキアには荷が勝ちすぎるはずであったからだ。
しかもブラショフを出てこのシギショアラへ向かい雌雄を決しようとしているという偵察の報も聞かない。
である以上セスタスの想像は軍事的にいって全く妥当なものであった。
ならばあえてわずかでも出陣を遅らせることでラースローの軽挙を防止することができる。
セスタスの思惑はたった一人の伝令によってもろくも崩壊した。
 

「公子様!ワラキア公はブラショフを恒久的に占領するつもりでおります!」
 

ブラショフから命からがら逃れてきたという騎士がもたらした情報は驚愕に値した。
ワラキア公ヴラドはブラショフの主だった支配者を処刑すると、ルーマニア人から代表者を選んで都市の行政に組み込み始めている。
さらに屈辱なのはシギショアラのラースローは積極的に出撃はしないだろうと、軍勢を分割し東部諸侯の討伐に派遣したらしいということだ。
現在ブラショフに残るワラキア兵は千名を超える程度であるという。
そしてヤーノシュが戻るころに合わせてオスマンから大量の援軍が派遣されてくる手はずになっているとのことだった。
騎士の言うことが事実ならばこれほどヴラドが強気で強引な戦略をとっていることにも納得がいく。
 

「もはや一刻の猶予もない!今があの悪魔ドラクルを倒す好機ぞ!」
「………お待ちください。いくらなんでもシギショアラを放置して東部に軍を派遣するなど……どんな罠があるかしれませぬ」
 

しかしその場に参集した貴族たちにとってワラキア兵がわずか一千でブラショフにいるというのは、まるまると肥え太った獲物を目の前に晒されたのに等しかった。
彼ら自身も上部ハンガリーへの遠征に参戦できなかったこともあって武勲に飢えていたのである。
もちろん相手にするなら勝ちやすい相手と戦いたいのは当然の心理であった。
 

  

「ワラキアのひよっこなぞなにほどのことやある!」
「今こそ我らが武威を背教の徒に見せつける時!」
「我がトランシルヴァニアの力見せてやりましょうぞ!」
 

勇ましい言葉を一身に浴びてラースローは頼もしそうに頷くと意気揚々として抜剣した。
教皇庁にすら一目置かれる父のような英雄となる夢が今、現実になろうとしていることを考えると、まるで自分が無敵にでもなったような昂揚感を押さえることができなかった。
 

「我れフニャディ・ラースローは主に誓う。暴虐なヴラドに主の裁きを!そしてトランシルヴァニアに勝利と平和をもたらさん!」
 

もはや慎重論を唱えるセスタスが口を挟む暇もなく瞬く間に軍議は出戦に決した。
手柄を立てるのは今だと言わんばかりに我先に貴族たちが己の兵を叱咤して東へ東へと軍を進め始める。
勝ち戦を信じて疑わぬその姿にセスタスは一抹の危うさを覚えずにはいられなかった。
確かに常識的に考えればこちらの勝利は動かない。
これで味方が劣勢であるなどと言えばセスタスは臆病者のそしりを免れないだろう。
だがワラキアが隠している切り札がほかにあるのではないかという疑いは晴れることなくセスタスの胸に沈殿していた。
 

かくなるうえはこの命を以ってラースロー殿下をお守りするよりほかあるまい…………。
 

それに何かあると決まってわけではない。
むしろ何もない可能性のほうが高い、高いはずだ。 
ヴラドの動向に不自然さを感じるセスタスではあるが、ではヴラドが何をしようとしていくのかと問われれば全く想像がつかぬのもまた事実であったのである。
 

――――――しかしラースローより直々に褒賞を受け取ったブラショフの騎士が、ルーマニア人であったことに注目したものは誰一人としていなかった。
そして褒賞を受けた後、いずこともなく姿を消したこともまた……………。
 

 

 

 

血気盛んなトランシルヴァニア軍の目の前で、これみよがしにブラショフの城壁に翩翻とワラキアの旗が翻っていた。
それは略奪しに来たわけではなく、恒久的にブラショフをワラキアが所有するという明確な意思表示であると、トランシルヴァニアの諸将は受け取った。
実際に彼らの解釈は事実でもあった。
 

「なんという無礼な!いつまでも奴らにわがもの顔をさせてはおくまいぞ!」
 

トランシルヴァニア軍の面々は絶対に許容できぬヴラドの無法に対して嚇怒する。
たかだか千程度の軍勢にここまで正面から挑発されて黙っていてはトランシルヴァニア軍の鼎の軽重を問われかねなかった。
もちろん彼らがそう受け取るであろうことをヴラドは正確に洞察していた。
 

「――――そう女をとられた寝取られ男みたいに喚くなよ」
「そりゃ仕方ありませんぜ、殿下。このブラショフは奴らにとってはかけがえのない別嬪でさぁ」
「違えねえ!」
 

ヴラドとゲクランたち傭兵出身の軍首脳は笑みさえ浮かべながら悠然とトランシルヴァニアの大軍を見下ろしていた。
もとよりこれは想定の範囲内。
むしろラースローに出撃してもらわなくてはこちらが困る。
彼らが冷静さを失い激昂することもまた当初からの策のうちなのである。
 

 

まさか頭上でヴラド達がそんな会話を交わしているなどとは思いもよらず、ラースローたちは旺盛な士気を利用して一気に決着をつけようと考えていた。
それをするだけの戦力差が両軍にはある。
確かにワラキアにブラショフを占領されたのは腹が立つ話ではあるが、これは同時にトランシルヴァニアにとってチャンスでもあった。 
わずか千の兵しか率いていないワラキア公を捕えることが出来れば、そのままワラキア公を幽閉して代理統治することも。ヴラディスラフのように傀儡を立てることも思いのままだ。
それはこれまでワラキア相手に蒙った損害を贖ってなお余りあるものであるはずだった。
 

「ものども、かかれ!褒美は思いのままぞ!」
「おおおおおっ!」
悪魔ドラクルの首をあげるのは俺だ!」
 

形ばかりの降伏勧告ののち、トランシルヴァニア軍は攻撃を開始した。
数においても、士気においても、さらに兵の戦場での経験と実績においても全てにおいて味方が勝っている。
躊躇する理由も恐怖する理由も何もなかった。
自分達は猟師であり、そしてワラキア軍は獲物なのだ。
その力関係が変わることは未来永劫ありえないと彼らは信じて疑わなかった。
ブラショフに立てこもるワラキア軍は包囲され退路を断たれている。
常備軍などという金食い虫をワラキアが用意しているなどとは露ほどにも予想していないトランシルヴァニア軍はこうした絶望的な戦況では傭兵の士気がもつまいと予想していた。
 

「なんだ?あの貧相な陣地は?」
 

ブラショフの城門の前から突出する形で土嚢と木材で補強されたわずか10mほどの陣地が見えた。
確かに攻撃の主軸が城門に集中するから、何らかの形でそれを補完することは正しい。
しかしあまりに中途半端なサイズと配置されたわずかな人員からトランシルヴァニア軍の兵士は完全にこれを侮った。
 

「馬鹿が、真っ正直に死にに来る奴があるか!」
 

聞いたこともないような轟音が轟いた。
小規模な野戦陣地と侮って突入した百を超える兵が一斉射撃の砲火にさらされて壊滅する。
そのあまりの火力の集中と命中率にラースローは我を忘れて叫んだ。
 

「そんな馬鹿な!」
 

城郭を守る戦術のひとつとして横矢掛けと呼ばれるものがあり、投射武器を多角的に運用するという思想は中世においても存在した。
しかしそれを銃に応用しようという発想はまだなく、そして日本の武田軍などが得意とした馬だしによる機動防御と火器管制区域の運用は欧州においては一般的ではなかったと言っていい。
彼らが与し易しと考えた貧相な防御陣地は実は城壁に展開した火縄銃部隊の十字砲火の中心点でもあったのである。
 

「な、なんだ………ワラキア軍はいったい何丁の火縄銃アルケブスをこの戦場に持ってきているのだ…………」
 

トランシルヴァニア軍が動揺するのも無理はなかった。
当時まだまだ貴重品であった火縄銃は、その高い金額の割に使用される機会が少ないことで百年戦争を戦うフランスやイングランドほどには東欧では普及していなかったのである。
そしてあまりの火力の集中を見たことで彼らはこの戦場にワラキア軍が持ち込んだ火縄銃の数を完全に誤認した。
激しい射撃を浴びて歩兵部隊が壊乱する。
彼らの撤退を援護しようと騎兵部隊が進み出たところで今度は城門が開き、ワラキア軍槍兵部隊がトランシルヴァニア騎兵の前に展開した。
天敵といっていい槍兵部隊にその突進を阻まれた騎兵が算を乱して撤退に追い込まれるまでそれほどの時間はかからなかった。
再び轟く一斉射撃の轟音がトランシルヴァニア軍の兵士から冷静さを奪っていく。
彼らが混乱を収拾するまえにさらに数百の兵士がワラキア軍の犠牲となって大地にその血を吸わせたのだった。
 

 

 

「…………あの男は悪魔か!」
 

集計された損害を聞いたラースローは驚きとともに叫んだ。
彼我の戦力差三倍以上、目標は勝手知ったるブラショフの街、勝利を確信し戦闘を開始してからわずかに半刻にしてトランシルヴァニア軍が蒙った損害は死者百二十名
負傷者三百余名を数えていた。
この調子で損害が拡大すれば数日を待たずしてトランシルヴァニア軍はブラショフの大地に溶けることになるだろう。
トランシルヴァニア軍が許容できる範囲を遥かに超える大損害であった。
 

「このうえはこちらも柵を立て、包囲を厳重にして持久戦に徹するべきと存じます」
 

強硬策による出血の拡大が許容出来ない以上セスタスの献策は妥当なものであった。 
時はワラキアの敵なのだ。
こちらも兵站は万全とは言い難いが何と言っても自国の領内であるのに対し、兵糧や火薬もワラキアの所有量には限りがあるはずであった。
さらに時がたてばこちらはヤーノシュ公のご出馬すら望めるのである。
 

……………あえて火中の栗を拾うまいぞ…………。
 

ラースローはなお隙を見て出戦することを主張したが、今度は大半の貴族が反対に回った。
ブラショフに存在する三か所の出入り口に兵を分散し、柵と簡易の濠を築いてワラキア軍を封じ込める。
軍議はそのように決し各将はその手配に走りだしたのである。
 

 

包囲網が完成していくに従ってどんな重圧を感じているかと思えば当の本人はいたってのんきなものであった。
戦況は俺の予想から一歩たりとも逸脱していない。
わざわざ御苦労さま、と俺はラースローの境遇に同情すらしていた。
残念だったな、ラースロー。ヤーノシュならきっとこんなまだるっこしいことはしないでただひたすら俺の首を取りにきたろうにな。
ヤーノシュはオレの首にそれだけの価値があることを経験的に知っている。しかしラースローは知らない。
悠長にこんなことでワラキアを封じ込められると考えているのがその証拠であった。
 

「あまり城壁に御寄りにならないでください、殿下」
 

うっ………出たな小姑め。
 

「狙撃されたらどうするのです?私の目が黒いうちは危ない真似はさせませんよ?」
 

先日の襲撃以来ひっついて離れないベルドが腰に手をあてて上目遣いに睨んでいた。
正直過保護すぎて息が詰まるのだが、ベルドの心配も決して故ないことではないので断ることも難しかった。
ヴラディスラフの首を手土産に降伏した貴族どもだが、命惜しさにワラキア国内でヴラディスラフに内応を約束した貴族の名を洗いざらい吐いてくれたのである。
その中にはこのところ協力的で俺が信を置き始めていた中立派の重鎮もいたのだ。
史実のヴラドが人間不審になるのもむべなるかな。
俺もベルドやゲクランたちのような気の置けない仲間がいなければ同じ道をたどったに違いない。
そう考えるととてもベルドの善意を袖にすることなどできるはずがなかった。
 

「どうされました?」
 

声をかけたきり動こうとしない俺を不審に思ったのかベルドが俺の顔を覗き込むようにして問い返した。
苦笑するとともに俺はベルドの赤みがかった金髪を乱暴に撫でまわした。
 

「心配をかけるな」
 

――――――――本当にお前たちが俺の命綱だよ。
 


「彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く