色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

53 愛する嫁にノックアウトされるなら本望

怒涛の体育祭が終わった後の休日。

「よいしょ、よいしょ……ミーくん、揉み加減がどうですか?」

「ああ、すごく気持ち良いよ。このまま、結菜を乗せてどこまでも飛んで行きそうだ」

「お空を飛んじゃうの? でも、私はいつもミーくんのせいでお空を飛んでいるような……って、言わせないでよ!」

ビシッ。

「アウチ! ゆ、結菜さん、珍しくノリツッコミとか……可愛いな」

「うふふ♡」

ぐっぐと。

「あ~、結菜のマッサージは気持ちが良いな~」

「ありがとう。でも、ミーくん思った以上に体が凝っているから、よく揉みほぐさないと」

「そうか、頼むよ。出来れば、結菜のおっぱいも使って」

「こら、ミーくん」

「だって、体育祭の時に全校のアホ男子に俺の結菜のおっぱいが見られたんだぞ? もう許せないよ」

「ミーくんってば、独占欲が強いよ♡」

「あー、何か思い出したらムシャクシャして来た」

俺は起き上がる。

「結菜さん」

「あ、はい」

「おっぱいを、揉ませて下さい」

「うん、良いよ」

モミモミ。

「あっ……ミーくんの大きい手が……すごい」

「けど、それでもこぼれる結菜の巨乳がすごいぞ」

「うふふ。こんな風におっぱい触ってばかりいたら、もっと大きくなっちゃうよ」

「良いぞ、もっとデカくなれ。そして、何でも出来るおっぱいになるんだ」

「な、何でもって?」

「例えば、おっぱいでボールを打ったり」

「そ、その必要性がある?」

「例えば、おっぱいでそばを打ったり」

「そ、その必要性があるのかなぁ?」

「あー、でも。可愛い結菜のおっぱいにそんなことをさせたくない……ジレンマだ」

「ミーくん、ミーくん。また暴走しているよ?」

「ああ、すまん。昨日は暴発もしてしまったしな」

「こら♡」

「しかし、アレだな。俺の嫁が可愛すぎて生きるのがツライってやつだ」

「私も、ミーくんがカッコよすぎて辛いよ?」

「結菜……むちゅ~」

「も、もっとロマンチックにして……可愛いけど」

ちゅっちゅ♡

「ふぅ……あ、そうだ。今度は俺が結菜にマッサージをしてあげるよ」

「え、本当に?」

「おっぱいマッサージな」

「良いよ、して」

「え、マジで? じゃあ、ちょっとだけ」

モミモミ。

「あんっ♡」

「って、これじゃさっきと同じか」

「もう、そうだよ」

「じゃあ、うつ伏せになって」

「はーい」

結菜は俺の言った通りにしてくれる。

「あっ、お尻も良いなぁ」

モミモミ。

「あんっ♡」

「結菜はお尻も大きくて可愛いね」

「やだ、もう。お尻が大きいとか言わないで……」

「安産型だな」

「ミーくん、ビンタするよ?」

「おっぱいで?」

「ぺち」

起き上がった結菜は軽く俺の頬を叩く。

「真面目にやってね?」

「すまん」

気を取り直して、俺は結菜のマッサージをする。

「おっ」

「どうしたの?」

「何度か結菜にマッサージはしているけど……ちょっと肉が付いたな」

「えっ? 嘘でしょ!?」

「あ、筋肉ね」

「なーんだ、筋肉か……って、それも嫌だよ! 女の子なのに!」

「いやいや、女の子でもある程度の筋肉は必要なんだよ。結菜の筋肉はそんなムキムキとかじゃなくて、ちゃんと基礎代謝を得られるというか……痩せやすい体質が出来上がっているってことだよ」

「え、本当に?」

「ああ。けど、俺としては不安だ」

「何で?」

「結菜の大きなおっぱいとお尻まで痩せてしまったらどうしようかと……」

「よーし、おっぱいビンタしちゃうぞ~」

「え、マジで? むしろ、カモン!」

「よいしょ、こんな感じかな……えいっ」

バチィン!

「アウチ! えっ、強い……結菜のおっぱい強いぞ!」

「あーん、そんなこと言わないで~!」

「もう1回、もう1回だけお願いします!」

「おっぱいビンタ?」

「イエス、イエス!」

「えいっ、えいっ!」

バチィン! バチィン!

「おふっ……」

俺はそのまま、まるで天国にでも来たかのような気分で、バタリと倒れた。

「ミ、ミーくん!?」

結菜が倒れた俺のことを必死に揺さぶる。

そのせいで、今しがた俺のことをノックアウトしたおっぱいもプルプルと震える。

全く、罪だけど可愛いおっぱいだぜ。

「うぅ……最後にもう一度、結菜のおっぱいが揉みたかった……ガクリ」

モミモミ。

「って、揉んでいるよ~……あん♡」

この後、結菜さんが俺に馬乗りしました。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く