色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

51 体育祭を盛り上げるのは可愛い嫁のおっぱい 前編

ついに、体育祭の日がやって来た。

『はい、では準備運動をしまーす』

号令の体育委員の生徒にならって俺たちは体操する。

「いっちに、さんし」

そして、俺のとなりでは結菜が体を動かしている訳だけど……

「うほぉ、結菜ちゃんの体えっろ」

そんな声が聞えて来る。

正直、イラッとするが、ここは夫としての余裕を持ちたい。

それに、今日の結菜はスポブラを着けている。

だから、奴らの大きなお目当ては事前にブロックしているのだ。

ざまあみろ、フハハ。

『はーい、それでは各チーム、みんな頑張ってくださーい』

ちなみに、各学年で6クラスあり2組ずつ、赤、青、黄チームに別れる。

俺と結菜は青チームだった。

「おい、湊人。結菜ちゃんの乳揺れが見れないぞ」

「恵一、見せてなるものか」

「ちっ」

さて、結菜のハレンチな姿を防いだことで、俺は心置きなく競技に集中できる。

「位置について、よーい……」

ドン!

「がんばれ、ミーくん!」

愛する嫁の声援を受けた俺は、100人力。

陸上部やサッカー部さえも圧倒し、50m走の王者となった。

「キャ~! ミーくんかっこいい~!」

結菜の可愛い声援が響き渡るたびに、嫉妬に駆られた男子どもが舌打ちをするが気にしない。

「湊人もげろ~、湊人もげろ~、湊人もげろ~」

恵一が指揮者となってモテない男子たちに斉唱させていた。

いい加減、あいつと親友をやめようか。

「じゃあ、ミーくん。次は私の番だよ」

「ああ、結菜。一緒に特訓をがんばったんだ。きっと良い結果が出るよ」

「ありがとう」

結菜はニコリと微笑む。

『では、続いて50m走・女子の部門です』

男子たちがザワつく。

「乳揺れ拝みタイム!」

「けど、情報によると結菜ちゃんがスポブラしているらしいぞ」

「何だと! おのれ、湊人の陰謀か……もげろ!」

全く、どいつもこいつも……

やはり、結菜にスポブラをさせたのは正解だったな。

エロ男子どもよ、せいぜい他の女子の乳揺れを味わっておくが良い。

だが決して、俺の結菜の乳揺れだけは拝ません!

ブチッ、と何か音がした気がした。

「ん?」

俺は自分のクツに目を落とすが、ヒモは切れていない。

「おっと、いけない。結菜の出番だ」

『よーい……』

ドン!

「がんばれ、結菜ぁ!」

俺はのっけから大きな声援を飛ばす。

今までなら、運動が苦手な結菜はダントツのビリだったろう。

けど、今は俺との特訓のおかげで、他の女子たちに負けていない。

「んっ?」

しかし、俺は異変に気が付いた。

それは他の男子たちも同じようで……

「お、おい……揺れてないか?

「あ、ああ。結菜ちゃんのおっぱいが……揺れている」

たっぷん、たっぷんって……

「うおおおおおおおおおおぉ! でっけええええええええええぇ!」

そんなアホ男子どもの歓喜の声が響き渡る。

「なっ……何だとおおおおおおおおおおおおおおおおぉ!」

一方、俺はひとり焦りの雄叫びを上げた。

「な、なぜだ! 結菜はスポブラを……」

いや、まさか……さっき、ブチって音がしたのは……

「ちぎれたのか……?」

そういえば、『最近、また大きくなっちゃった♡』なんて可愛らしく言っていたし……

俺はガクリ、と四つん這いになってうなだれる。

結菜……我が嫁ながら、何て罪なおっぱいなんだ。

『ゴール! みんなが大注目の結菜ちゃんは惜しくも3着だぁ!』

「だーくそ! 2着なら決勝でも結菜ちゃんの乳揺れを見れたのに~!」

「それな~!」

クソ、勝手に人の嫁のおっぱいで盛り上がりやがって……

俺は顔を上げて結菜を見る。

結菜は恥ずかしそうに両腕でおっぱいを隠していた。

他の女子からもガードされるように守られていた。

さすが、俺の嫁。

みんなから愛されているな……しかし、だ。

俺にはある使命が生じていた。







盛り上がった午前の部が終わり、お昼休憩の時間となった。

「ミーくん、美味しいお弁当、たくさん作ったから、一緒に食べよう?」

結菜が言う。

「……結菜、ちょっと来てくれ」

「ミーくん、どうしたの?」

俺は小首をかしげる結菜の手を引っ張って校舎に入る。

それから、人気の少ない廊下を進み、適当に空いている教室を見つけて入った。

「あの、ミーくん……」

「スポブラが破れたんだな」

「えっ? あ、うん、そうなの。だから、いっぱいおっぱいが揺れちゃって、恥ずかしかったよ」

「でも、アホ男子どもは大いに盛り上がっていたぞ」

「やだもう、恥ずかしい。ミーくんにしか見せたくないのに」

「そうだよな」

俺はくるりと結菜に振り向く。

そこに椅子に座って」

「ここに?」

「そう」

結菜はちょこんと座る。

「じゃあ、体操着を脱いで」

「えっ?」

「ほら、早く」

「わ、分かったよ」

ぷるん、と大きなおっぱいが露わになる。

いつもなら、ここからメチャクチャおっぱいを揉みしだく所だけど……

俺はしゅるり、と。

「それって……包帯?」

「ああ、今からこれで結菜のおっぱいを巻くんだ」

「えっ?」

「さらしだよ。これ以上、結菜のおっぱいをエロ男子どもに見せる訳には行かないからな」

「ミ、ミーくん……ヤキモチさんなの?」

「ああ、そうだ。結菜のおっぱいは俺だけのモノだ」

「ミーくん……分かったよ、巻いて♡」

結菜は素直に両手を上げてくれる。

「まあ、俺も初めてだから。上手く巻けるかどうか」

とりあえず、グルグルとするか。

俺は結菜のおっぱいに包帯を当てて、グルグルと巻き始める。

「んっ……これ、何かすごい」

「何がすごいの?」

「おっぱいの、敏感な所がこすれて……んっ!」

「結菜、声を我慢して」

「う、うん……」

俺はさらに結菜のおっぱいをぎゅうぎゅうに巻く。

「苦しくないか?」

「ちょっとだけ……でも、我慢する」

「結菜……ありがとう」

そして、最後にきゅっと縛り終えた。

「……すごい、ギチギチだな」

「う、うん……ちょっと、苦しいかも」

「我慢してくれ。これも、結菜のおっぱいを守るためなんだ」

「分かった……じゃあ、お昼ごはん食べよ?」

「ああ」

そして、午後の部へと続く。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く