色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

47 夏に負けないくらい、秋は盛り上がる

2学期、秋はイベントが目白押しだ。

体育際に文化祭、修学旅行もある。

学外でも、スポーツの秋だの読書の秋だの言う。

それらはもちろん楽しみだけど……

「やっぱり、俺は食欲の秋だな」

「お前……それは学校に持って来る弁当の量じゃないぞ」

恵一が呆れた声で言う。

俺の目の前には重箱が5個並んでいた。

どれもパンパンに詰まっている。

「ふふふ、今日は月に1度のお楽しみ『ミーくんのための結菜スペシャル☆』の日だからな」

「何だよ、その可愛いけどムカツク日は?」

「ご覧の通り、結菜が何日もかけて下ごしらえをして、この大量の弁当を用意してくれたんだ」

「家から持って来るの大変だったでしょう?」

「ふっ、俺にとっては容易いことだ」

「ていうか、何で5個もあるんだよ」

「5、あるいは5の倍数は俺たちにとって割と大事な数字なんだ」

「と言うと?」

「結菜とエッチをしている時にな?」


『ミ、ミーくん、もうダメ……』

『結菜さん、あと5回。あと5回だけお願いします!』

『もう、仕方ないなぁ♡』


「……ってな具合に」

「いやいや、回数おかしいから! 何で『もうダメ……』って言っている所から5回もするんだよ!」

「大丈夫だよ。結菜は運動が苦手だけど、エッチな運動は得意だから」

「おい、何か結菜ちゃんが少し遠くで赤面しているぞ。ていうか、そばに居ないのか?」

「ああ。この結菜スペシャルをいただく時は、そんな俺の姿を遠くから眺めていたいらしい」

「マジでバカップル、いやバカ夫婦だな。おめでとう!」

恵一はもはや泣きながら言う。

「ありがとう。じゃあ、いただきます」

俺は猛烈な勢いで結菜の弁当を食べ始める。

「うわ~、引くわ~」

恵一はそう言うけど、結菜は遠くから、

「うふふ、ミーくんってば食いしん坊さんなんだから♡」

温かく見守ってくれていた。







「ミーくんって、どれだけ食べてもあまり太らないよね」

晩メシ時。

秋と言えばたけのこご飯を軽く大盛り5杯平らげた時に、結菜がそう言った。

「まあ、筋トレとかしているからな」

「それもあるけど、栄養がどこに……あっ」

「ん、どうした?」

結菜の視線を追うと、俺の股間に向けられていた。

「だ、だから、あんなに大きいんだ……」

「こらこら、結菜さん」

「ご、ごめんね。またエッチなこと考えちゃって」

「実はこの前さ、エロマンガを読んだんだよ」

「唐突にどうしたの!?」

「そうしたらさ、何か体育祭にエッチな種目があったりする世界でさ~。あ、これだったら俺と結菜が優勝だって思ったんだよね」

「も、もう、ミーくんのバカ! エロマンガは禁止だよ!」

「けど、結菜だって読んでいるだろ?」

「もう読んでいないもん! ミーくんと結ばれてから♡」

「うーん、でもこの前、俺が珍しく疲れて10回くらいで終わった時。何かとなりでゴソゴソ聞こえたけど……」

「きゃーきゃー!」

「結菜さん、落ち着け」

「ミーくんのせいでしょう?」

結菜はぷんすかとする。

「大体、ミーくんがその立派なエクスカリバーを学校でもみんなに披露しちゃうから、私は何だかとっても恥ずかしいんだよ?」

「確かに、下品なアーサー王とか言われたな」

「ひどいね」

「あと、男子たちの間で『今、エクスってる?』って言うのがちょっと流行っている」

「もう最低だよ~」

「ちなみに、俺は今、エクスっているけど」

「ミ、ミーくん……ダメだよ、ちゃんとお片づけをしないと」

「じゃあ、結菜が洗い物をしている間に、しちゃおうかな」

「そ、そんなの……ちょっとドキドキしちゃう」

「よし、じゃあ早速しようか」

俺は残りのご飯とおかずを全て平らげた。

「ほらほら、結菜さん。早く洗い物をしないと」

「もう、ミーくんってば~♡」

今日は二人で、新しことにチャレンジしました。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く