色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

38 嫁とかき氷を食べる

チリン、チリン、と心地良い音色が鳴る。

「……幸せだな」

俺は嫁の柔らかな太ももに頭を預けていた。

「そうだね、ミーくん」

結菜は微笑みながら、うちわで扇いでくれる。

現在も夏休みは進行中。

夏真っ盛りな訳だが、今日は珍しく少し涼しかった。

だから、あえてクーラーをオフにして、夫婦で風情を楽しむことにしたのだ。

「おっ……」

「どうしたの?」

「下から見上げる巨乳が……絶景だな」

「もっと近くで見る?」

ポヨン♪ ポヨン♪

結菜が可愛い巨乳を俺の顔に押し付けて来る。

「うっ、おっぱいに溺れる……」

「えへへ、どうだぁ~」

「……と、見せかけて」

パクッ。

「えっ」

モグモグモグッ。

「あっ、やっ、んっ……ああああああああぁん!」

結菜は叫ぶ。

「ふぅ、結菜のおっぱいは相変わらず美味しいな」

「も、もう~、ミーくんのバカぁ」

「あと少しだけ、おっぱいを味わっても良い?」

「ちょっとだけだよ?」

パクパク、モグモグと。

「はぁ、はぁ……」

結菜はクタっとして俺にのしかかる。

「……重いな」

「……ひどい」

「おっぱいが」

「もう、エッチ♡」

それからしばらくイチャついた後……

「そうだ、結菜。かき氷を食べよう」

「え?」

「ほら、夏に入る前にかき氷器を買っただろ?」

「あ、そうだったね」

「氷とかシロップはもう買ってあるから、今日は二人でかき氷を食べよう」

「やった~」

そして……

「すごい、ミーくん」

俺はひたすらにガリガリと氷を削っている。

「ハハハ、これくらいチョロいもんさ!」

俺は可愛い嫁に褒められて良い気持ちでかき氷を作って行く。

「はい、お待ちどおさん。シロップはお好みでな」

「わ~い、ありがとう。じゃあ、私はイチゴ味にするね♪」

結菜はかき氷にシロップをかける。

「いただきまーす」

「召し上がれ」

結菜はパクッとかき氷を食べる。

「……うぅ~、美味しいけど頭がキーンてなるよ~!」

「アハハハ! それもかき氷の醍醐味だ!」

俺は高笑いしながら、ブルーハワイ味のかき氷をムシャムシャと食べる。

「ぬおっ! き、来たぁ!」

「ミーくんもキーン来た?」

「ああ、けど、これが楽しい! 決してMじゃないけどな!」

「もう、ミーくんってば♡」

そんな風に二人でハシャいでいたせいだろうか……

「きゃっ」

結菜がかき氷の器を滑って落としてしまう。

そのせいで、彼女の胸がかき氷でぐっしょりと濡れた。

「大丈夫か、結菜!?」

「う、うん。ドジしちゃった」

「けど、ある意味ではナイスだ。おっぱいが大きいおかげで、床が汚れなかった」

「も、もう、またそんなこと言って~」

「ほら、布巾を……」

渡しかけた所で、俺はまじまじとかき氷で濡れた結菜の胸を見つめる。

「ミーくん?」

そして、ゴクリと生唾を飲む。

「……すまん、結菜。俺がきれいにしても良いか?」

「へっ? そ、それって……」

俺の気持ちを察した結菜は顔を赤くする。

「……い、良いよ? けど、あまり乱暴にしないでね?」

「ああ。優しく食べるよ」

それから、俺は何よりも最高のデザートをいただいた。

「あんあ~ん♡ ミーく~ん♡」

そして……

「ふぅ~、シャワーが気持ち良いよ~」

「あ、結菜のおっぱい、ちょっと赤くなっているな」

「だって、ミーくんがいっぱい吸ったんだもん」

「す、すまん」

「優しくするって言ったのに、もう」

「怒っているか?」

俺は湯船に浸かりながら言う。

「嘘だよ。ミーくんになら、乱暴にされても良いもん」

「ゆ、結菜……ごめん、またムラムラして」

「え~、いま洗ったばかりなのに、しょうがないなぁ♡」

そして、結局……

「あぁ~ん♡」

この夏も、可愛い嫁とエッチをしまくりだ。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く