色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

37 ビキニの嫁が可愛すぎる

この日を、どれだけ待ち侘びたことだろうか。

「ミーくん、お待たせ~!」

プルルン♪ プルルン♪

結菜のおっぱいは、今日も絶好調に可愛く揺れている。

そう、今の彼女は水着姿だ。

爽やかで可愛らしい水色にビキニ、そしてポニテ。

あぁ、俺の嫁はきっと、このビーチで一番輝いている。

その証拠に、他の男どもが……

「うおっ、あの子メチャ可愛くね!?」

「おっぱいデケ~!」

「声かけちゃうか?」

残念、結菜は俺の嫁だ。

そう見せつけるように、

「きゃっ」

結菜を抱き締めた」

「ミ、ミーくん?」

「可愛いよ、結菜。水着がすごく似合っている」

「うふふ、ありがとう♡」

そんな俺たちを見て、周りの男どもは大きく、

「「「「「「ちぃ!」」」」」」

舌打ちをした。

そんな野郎どもは無視して、俺は結菜と手をつないでビーチを走る。

「よし早速、海に行くぞ!」

「ミ、ミーくん、ちゃんと準備運動をしないと」

「あ、そっか。よーし!」

俺は水着の結菜と背中を合わせて、ぐっぐと背伸びをさせてあげる。

「あっ、あっ、あん♡」

「結菜、こんな人前でそんなエロ可愛い声を出すな」

「あっ、ごめんなさい」

周りからまたグギギと歯ぎしりが聞えるけど、俺は無視をした。

「よし、行くぞ!」

俺は結菜と手をつないで走り、海に向かう。

「それっ」

バシャッ。

「きゃっ……やったね、ミーくん」

パシャッ。

「あはは!」

俺は少しだけ意地悪をして、結菜に強めに水をかけた。

バシャッ!と。

「きゃあ!」

「あ、ごめ……んん!?」

何と、結菜の可愛らしいビキニがズレて、可愛らしいおっぱいがぽろんちょと……

「いかああああああああああぁん!」

俺はとっさに結菜を抱きかかえて海にダイブした。

「ぷはっ……ミ、ミーくん?」

「すまん、結菜。お前のおっぱいを他の男どもに見られたくなくて……」

「うふふ、もうミーくんってば」

結菜は水着を直す。

「はい、これでもう大丈夫だよ?」

「ああ、じゃあ上がって……」

俺はハッとした。

結菜のおっぱいに夢中で気付かなかったけど。

俺のいたいけなジュニアが……!

「……緊急事態だ、結菜」

「えっ、どうしたの?」

俺はこそっと結菜に事情を話す。

「ミ、ミーくん……」

くそ、今の俺は海パン状態。

だから、普段よりも目立ってしまう。

しかもこの前、野球部の助っ人をして、その連中と一緒に銭湯に行った時、

『湊人、デッケ~!』

って、散々言われたからな。

あと、結菜が可哀想とか言っていた。

うるさい、むしろ喜んでくれている……はずさ。

「ミーくん、大丈夫?」

「……結菜、すまんが少し手伝ってくれないか?」

「えっ?」

「ダメな夫を許してくれ」

「……良いよ。結菜に任せて?」

俺の嫁は可愛く微笑んでそう言った。

「じゃあ、行くよ?」

「頼む」

それから、俺はまた知らぬ内にパワーップしていた結菜さんのおかげで助かった。







ザザ、とさざ波が立つ夕日のビーチを見つめていた。

「今日は楽しかったね、ミーくん」

「ああ」

結菜はぴとっと俺の肩に頭を乗せる。

「俺は幸せだよ。こんなに可愛い嫁と一緒に海に来れるなんて」

「私も、カッコイイ旦那さまと一緒で幸せ♡」

「結菜……」

「んっ……」

ちゅっ、ちゅっ、とキスをする。

「……ヤバい、うっかり押し倒してしまいそうだ」

「……良いよ、押し倒しても」

「いや、さすがに外では……ほら、ちゃんとホテルを予約してあるだろ?」

「そうだね……じゃあ、そこでいっぱいしてくれる?」

「ぶはっ……朝までコースはいかがでしょうか?」

「うふふ、エッチなミーくんだ♡」

その後、ホテルに行って、本当に朝までコースをした。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く