色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

33 豊かな自然を前に下心を抱いてはいけません!

長く憂鬱だった梅雨も明けた頃合い。

俺は畑仕事をしていた。

「ふぅ~」

俺は額に浮かんだ汗の玉を拭う。

この畑は、俺の親戚が所有している物だ。

6月の下旬から7月にかけては野菜の収穫シーズンらしい。

そこで、体力バカな俺が招集された訳だ。

「見て見て~、ミーくん。すごく美味しそうなトマトだよ」

そして、結菜もまた。

俺と一緒に畑仕事を手伝っていた。

「この畑はおらが手塩をかけて育てたからなぁ。みんな美味いべや」

俺のおじさんが言う。

「すごいですねぇ」

結菜は微笑む。

「おい、湊人ぉ。お前、いつの間にこんなメンコイお嬢ちゃんとくっついとっただ?」

「ゆ、結菜は俺の幼馴染で、嫁だ」

「ミ、ミーくん」

「かぁ~、夜も大ハッスルってかぁ!」

おじさんは堂々とセクハラ発言をする。

「おい、おじさん」

「そんな怖い顔すんなって」

「俺は昼から、いや、朝からでも行けるぞ」

「かぁ~! さすがは体力バカだべや!」

「ミ、ミーく~ん……」

すっかり恥ずかしがった結菜は、

「あんた! 下らないことばっか言って若い女の子を困らせてんじゃないわよ!」

そう叫ぶおばあさんの下に招かれて行った。

「いや~、しかし顔も可愛いけど、あの子はお乳もお尻もデカくてええな~。まあ、おらの母ちゃんも若いころはあんなだったべや」

「そうなのか」

俺は気を取り直して、再び収穫作業に集中する。

「ミーくん、調子はどう?」

また結菜がそばに来てくれた。

「おう、良い感じだ」

「私も一緒に収穫しても良い?」

「ああ、もちろんだ。ちょうど今、ナスをやろうと思っていたんだ」

「じゃあ、手伝うね」

結菜は笑顔で言う。

「こうやって、ハサミでチョン、と切るだけだ」

「こんな感じ?」

「上手いな。その調子で、頼むぞ」

「うん」

ああ、何か幸せだなぁ。

夫婦で野菜を収穫する……か。

将来は、結菜と農家を営むのも悪くない。

毎日、二人で早起きして、いっぱい汗をかいて、美味いメシを食って、夜は……ムフフと。

素晴らしく健康的な生活じゃないか。

俺は改めて結菜の方に目を向ける。

と、その手がなぜか止まっていた。

「どうした、結菜?」

「へっ、いや、その……」

「おい、顔が赤いじゃないか。熱でもあるのか?」

「う、ううん、そうじゃなくて……」

結菜は何やらナスを前にモジモジしている。

「どうした? 話してくれ」

「あのね……ナスがどうしても……アレに見えちゃって……想像しちゃうの」

「アレ?」

首を傾げる察しの悪い俺の耳元で結菜がこそっと耳打ち。

「……結菜」

「う、うん」

「エロい嫁だな」

「もう、ひどい!」

「ハハハ、嘘だよ」

「ミーくんのバカ」

「ごめん、ごめん」

俺は結菜をたしなめる。

「けどね、思ったの」

「ん?」

「ここにあるどのナスよりも……ミーくんの方が立派だなって」

「ゆ、結菜……」

俺と結菜はしばし、見つめ合ってしまう。

「おい、湊人」

ふいに、背後から声をかけられて俺たちはビクっとした。

「な、何だよ、おじさん」

「ちょっくら休憩すっか?」

「えっ?」

「おらん家は古民家だからよ。家の中はみーんな畳さ。んだから、どこでもイケるぜ?」

「お、おじさん……」

俺はワナワナと震える。

「冗談だって。そんなに怒るな……」

「ぜひとも、休憩をさせてくれ」

「へっ? ミ、ミーくん」

「あいよ」

おじさんは笑顔で頷く。

「よし、行くぞ、結菜」

「ミ、ミーくん、ちょっと待って……」

「もう、待てん」

俺は結菜を抱きかかえると、おじさんのお宅に一直線した。

そして……

「あんっ! あ~ん!♡」

結菜と二人でスッキリした。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く