色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

31 可愛い嫁を揉む

憂鬱な梅雨はまだ続く。

「う~ん……」

俺は小難しい顔で唸っていた。

「どうしたの、ミーくん?」

洗濯物を取り込んでいた結菜が言う。

「いや、梅雨は過去に痛めた関節とか痛むからさ」

「大丈夫?」

「ああ。湿布を貼っておけば良いよ。ていうか、関節だけじゃなくて、全身もダルい感じだなぁ」

「ミーくん……あ、そうだ」

結菜が何か閃いた顔になる。

「良ければ、私がマッサージをしてあげようか?」

「え、良いのか?」

「うん。ちょうど、洗濯物も済んだし」

結菜はそう言って、俺のそばにやって来た。

「じゃあ、ミーくん。ソファーに横になって?」

「ベッドの方が良くないか?」

「ダメだよ。だって、ミーくん、がおーってしちゃうもん♡」

「そうだな。じゃあ、ソファーにしておくか」

そして、結菜のマッサージが始まる。

「よいしょ、よいしょ」

結菜は一生懸命に俺の体を揉んでくれる。

「ミーくん、私ちゃんと出来ているかな? あまり力が無いから……」

「大丈夫だよ、気持ち良い」

「良かったぁ。でも、ミーくんってやっぱり筋肉がすごいね」

「そうかな?」

「うん。触っているだけで、ドキドキしちゃう」

「じゃあ、ベッドに行くか」

「ダーメ♡」

「今日の結菜は厳しいなぁ」

「だって、あまりエッチをしすぎても体に悪いから。大切な旦那様の体を管理するのも妻の役目です」

「結菜は本当によく出来た嫁だなぁ」

「うふふ♡」

それからも、結菜は優しくマッサージをしてくれる。

「あぁ~、気持ち良い……もう毎日でも、結菜にマッサージしてもらいたい」

「良いよ、ミーくんのためなら」

「けど、俺ばかりしてもらったら申し訳ないから、交代しよう」

「えっ?」

俺は少し戸惑う結菜をソファーに寝かせた。

「ほら、結菜も日頃から家事とかで疲れているだろ? 感謝の気持ちを込めて、揉ませてくれ」

「う、うん。ありがとう」

結菜はうつ伏せの状態で言う。

「じゃあ、行くぞ?」

「お願いします」

俺は結菜の背中をぐっと押す。

「あっ」

「痛いか?」

「ううん……気持ち良い」

「よし、じゃあこの調子で行くぞ」

ぐっ、ぐっ。

「あっ、あっ」

「結菜、自分でここが凝っているとかあるか?」

「うーん、肩かな?」

「そうか。やっぱり、胸が大きいせいだな」

「も、もう、バカ♡」

「じゃあ、揉むな」

「んっ……」

「あ、やっぱりコリってしているな」

コリっ、コリっ。

「あんっ! あっ!」

「結菜、声が大きいよ?」

「ご、ごめんなさい……」

「良いよ。もっと結菜の可愛い声を聞かせて?」

「ミ、ミーくん、エッチだよ~……」

「ごめん、ちゃんとマッサージするから」

さらに結菜の凝りを取るために揉んで行く。

「んぅ……あっ……そ、そこ……あっ」

「よし、肩はもう良さそうだな」

「う、うん。ありがとう」

「じゃあ、仰向けになって」

「えっ?」

「ほら、早く」

「う、うん」

結菜は俺に言われるがまま、仰向けになる。

「じゃあ、まずは……」

「ひゃっ」

「ん、どうした?」

「う、ううん。何でもないよ。おっぱい触られると思って」

「あはは、そんなことはしないよ」

俺はそう言って、結菜の胸には触れず、その周辺をひたすらに揉んでいた。

「やっぱり、ここも凝っているからな」

「んぅ……あんっ……はッ」

「そういえば、結菜って何カップだっけ?」

「い、言わないもん……」

「結菜のおっぱいって本当に柔らかいよな。プルプルしているし」

「い、言わないで……」

「ちょっとだけ、味見しても良い? 久しぶりに食欲が湧いた」

「へっ?」

「良いよな?」

俺は結菜の返事を待たない内に、服の上から結菜の胸をパクっとした。

「あんっ!」

ほんの少しだけ、あむあむする。

「……はぁ、はぁ」

「やっぱり、結菜のおっぱいは美味しいよ」

「ミ、ミーくん……」

結菜は息を切らしながら俺を見つめる。

「ベッドに……連れて行って」

「あれ、エッチは控えるんじゃないのか?」

「だ、だって、ミーくんが……私をエッチな気分にさせるんだもん」

「ごめん。じゃあ、梅雨を吹き飛ばすくらい、思い切りしても良いか?」

「うん……良いよ」

俺は結菜を抱きかかえると、寝室に向かった。

「あぁ~ん♡ ミーく~ん♡」

やっぱり、結菜は最高にエッチで可愛い俺の嫁だ。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く