色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

30 雨に濡れた夫婦は公園で……

俺と結菜は少しドキドキしながら、コンビニに立ち寄った。

「こちらの商品、袋はお分けしま……」

「一緒で構いません」

俺は恥ずかしさのあまり、食い気味にそう言った。

「かしこまりました」

レジのお姉さんは特に表情を崩さずに淡々と処理をする。

一方、俺と結菜は激しく赤面しながら、レジを後にした。

「ミーくん、恥ずかしい……」

「ああ、何度買いに来ても慣れないな……」

そんな風に囁き合いながら、コンビニの外に出た時、異変に気が付く。

「あれ……カサがないぞ」

「えっ?」

コンビニでカサが盗まれることはよくあると聞く。

特に今は梅雨の時期だから。

ちなみに、カサは一本しかない。

『ミーくんと相合傘がしたいな♡』

『よし、しよう!』

今朝、そんな会話をしてカサを一本しか用意していなかった。

「やられたか……」

「ミーくん、お店で買っちゃお?」

「あ、ああ。そうだな」

俺は結菜と一緒に再び店内に戻るが、

「なっ……カサ売り切れだ」

「えっ……そんな」

俺たちは肩を落として外に出た。

「ど、どうしよう、ミーくん」

結菜が不安げな顔で俺を見つめてくる。

クソ、可愛い嫁にこんな顔をさせたくない。

だが、今の俺たちには梅雨のマストアイテムであるカサがない。

しかも、目の前ではザーザーと雨が降っている。

もはや、この状況下で、信じられるのは己の肉体のみだ。

「……きゃっ!?」

俺は結菜を抱き上げた。

「へ、へぇ~!? お、おひ、お姫様だっこぉ!?」

「結菜、なるべく濡らさないようにするが、我慢してくれ」

「ミ、ミーくん?」

戸惑う結菜を抱えながら、俺は雨の中を全力疾走する。

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉ!」

愛しの結菜を絶対に濡らす訳には行かない。

もし、結菜が風邪でも引いたら大変だ。

俺はいくら濡れても良い。

結菜は絶対に濡らさない!

「……んっ?」

俺はふと視線を下ろす。

抱きかかえていた結菜は、見事にぐっしょりと濡れていた。

制服が透けて、可愛らしいピンクのブラジャーが浮かび上がっている。

「な、何てことだあああああああああああぁ!?」

俺は絶叫した。

「クソ、愛する嫁の一人も守れないなんて……俺は男として失格だ!」

「そ、そんなことないよ! ミーくんの方がズブ濡れさんだよ?」

「俺は良いんだ、いくら濡れても! 結菜だけは濡らしたくなかった……」

「へ、平気だよ。だって……いつも、ミーくんに濡らされているから……お布団の上で♡」

ちなみにだが。

最近ではベッドじゃなく、和室に布団を敷いてエッチをするのが日課になっていた。

「ゆ、結菜……」

俺は立ち止まる。

目の前には公園があった。

「……ここで雨宿りしよ?」

結菜が微笑んで言う。

「……ああ、そうだな」

俺は結菜を抱きかかえて歩き、ドーム型の遊具の前に来た。

二人でその中に潜り込む。

「クシュン」

「大丈夫か、結菜?」

「うん、平気」

「あれだな、制服が濡れているから……一度、脱いで絞った方が良いかもしれない」

「そうだね……じゃあ、ちょっとだけ、あっち向いていて」

「見ていたらダメか?」

「ダメ♡」

結菜はニコリと笑って言う。

俺は少しばかり残念に思いながら、結菜に背を向ける。

「よいしょと……」

少し鈍い衣擦れの音がした。

「ふんっ……あっ……んっ……あんっ」

「ゆ、結菜さん? そんな風にエロい声を出してどうした?」

「ち、違うよ。制服を絞りたいんだけど……硬くて」

「あ、ああ、そうか。じゃあ、俺が絞ろうか?」

「お願い」

俺は背を向けたまま、結菜から制服を受け取る。

「ふんっ、ふんっ、ふんっ」

ビチョチョチョチョ、と勢い良く水が流れた。

「すごい、ミーくん。力持ちさんだね♡

「ハハハ、ちょっと制服が傷んだらごめん」

「しょうがないよ」

「あとは、軽く干さないとな。俺がこうして持っているよ」

「ごめんね、ミーくん。腕が疲れたら良いんだよ?」

「安心しろ、体力だけは自信がある」

「ミーくん、素敵♡」

結菜がぴとっと俺の背中に抱き付く。

「ゆ、結菜?」

「あ、ごめん、つい……」

「……やっぱり、柔らかいな、結菜のおっぱい」

「……触っても良いよ?」

「えっ」

俺はゆっくりと振り向く。

上半身はブラジャー姿、けれども下の方はちゃんとスカートを穿いている。

そんな結菜の姿が最高にエロいと思った。

「し、しかし、ここは子供たちが遊ぶ健全な公園だ。そんな場所でエッチなことをするなんて……」

「大丈夫、今は子供たちが居ないから。少し、大人な時間だよ?」

「ちょっと意味が分からないけど……そういうことにしようか」

絞った制服はカバンに引っ掛けた。

俺は結菜に近寄る。

「あっ……」

胸を揉みながら、キスをした。

ちゅっ、ちゅっ、と甘い音が脳内で囁きかける。

「……ミーくん、キス上手になったね」

「本当か?」

「だって、前よりもクラクラしちゃう……もっとして」

「わ、分かった」

俺は結菜とまたキスをする。

今度は、少し長めに……

「……ミーくんも制服を脱いだら?」

「えっ?」

「ほら、ちゃんと絞って乾かさないと」

「あ、ああ、そうだな」

そして、お互いに半裸の状態で向き合う。

「んっ……あっ……」

結菜の甘い吐息がくすぐったい。

ほのかに漂う梅雨の香りが、また普段のエッチとは違う雰囲気を与えてくれて。

興奮してしまう。

「……もっとしたいけど、そろそろ切り上げないと、風邪を引いちゃうから」

「……うん」

俺と結菜は少しだけ乾いた制服を着直す。

「じゃあ、急いで帰るか」

「濡れないために?」

「いや、エッチをするために」

「もう♡」

俺は結菜を抱きかかえて、再び雨の中を駆け出した。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く