色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

25 小悪魔ビッチ

クラス内で俺と結菜の関係がバレたことによって。

俺たちは教室で堂々とイチャつくようになっていた。

「はい、ミーくん。あ~ん♡」

「あーん」

俺はパクリと結菜のお手製おかずを食べる。

「美味しい?」

「ああ、結菜の料理はいつも最高だよ」

「そんな照れちゃう……」

結菜は赤らめた頬を押さえて身をくねらせる。

「ちくしょう、湊人! よそでやりやがれ!」

「見せつけんな!」

「もぐぞ!」

男子たちが泣きながら叫ぶ。

「ちょい、男子うっさい」

「微笑ましいと思って見守れないのかね~?」

「だから、あんた達はモテないんだよ」

女子たちに冷ややかな目を向けられて、奴らのライフゲージが一気にゼロになった。

チーン、と。

「結菜、やっぱりあいつらにちょっと悪いから、今度から二人きりで食べようか」

「ミーくんと二人きり……きゃっ、ドキドキしちゃう♡」

結菜は言う。

「新婚さ~ん!」

すると、陽気な声が迫って来た。

「あ、蘭ちゃん」

「やっほー、結菜たん。旦那さまとのイチャラブを見せつけてくれちゃって、この~」

小鳥遊は背後から結菜の胸を揉みしだく。

「ちょっ、やっ、あんっ……ふあああああああああああぁん!」

すると、結菜の喘ぎ声によって瀕死状態だった男子たちが一瞬だけ蘇る。

「ら、蘭ちゃん……やめて……んああああああああああああぁん!」

「う~ん、結菜たんは感じやすいね~。湊人くんに開発されたのかな~?」

「そ、そうだよ……ミーくんがいっぱい、いっぱい、私のことを可愛がってくれたから」

「お、おい、結菜」

「「「ゴハッ!?」

大量吐血した男子たちが完全に死亡した。

「う~ん、あたしの小さな手じゃこの豊満なお乳を包みきれないなぁ~。ねえ、湊人くん、いつもどんな風に結菜たんのお乳を揉んでいるの?」

「えっ?」

「実践、実践~♪」

「いや、しないから」

「ちぇ~、つまんないの。じゃあ、代わりにあたしのおっぱいを揉む?」

「お蘭、あんた乳ないでしょーが」

「そうそう~、Aカップ娘ぇ~」

「うるさいよ!」

周りの女子に茶化されて小鳥遊はぷんと頬を膨らませる。

「うえ~ん、結菜た~ん! みんながあたしをいじめるよ~!」

小鳥遊は結菜の胸に抱き付く。

「よしよし」

「ぐすっ。あのね、結菜たん。ちょっとお願いがあるの」

「え、何かな?」

「あたしもね、おっぱいが大きくなりたいの。だから、結菜たんに指導をしてもらいたくて。おっぱいを大きくするための」

「そ、そんな、指導なんて……」

「お願い、結菜先生!」

小鳥遊は潤んだ目をキラキラとさせて言う。

「結菜、そこまで言うなら、頼みを聞いてあげれば? 俺も、結菜先生に助けてもらったし」

「うん、ミーくんがそう言うなら……」

「本当に? ありがとう、結菜たん!」

小鳥遊はまた笑顔で結菜に抱き付く。

「よーし、あたしもこのふかふかおっぱいを手に入れて彼氏を癒しまくるぞ~!」

「いや、無理でしょ。ていうか、彼氏もいないでしょうが」

「お蘭ウケル~」

「もう、みんなひどいよ!」







そんな訳で、今日は家に小鳥遊が遊びに来た。

「お邪魔しまーす。わぁ、ここが二人の愛の巣なんだね♡」

「愛の巣って……まあ、そうだけど」

「蘭ちゃん、遠慮しないでくつろいでね」

「うん、ありがとう」

小鳥遊は笑って言う。

「クンクン」

「何を嗅いでいるんだ?」

「いや、エッチな匂いがするかなって。二人とも、新婚だからお盛んでしょ?」

「なっ……お前はバカか!」

「そ、そうだよ、蘭ちゃん!」

「メンゴ、メンゴ~。初々しい新婚夫婦をからかっちまったぜ~」

小鳥遊は先ほどから終始ニヤついている。

何だか引っぱたきたいけど、女子なのでさすがにやめておく。

「じゃあ、結菜先生。早速だけど『おっぱいレッスン』をよろしくお願いします!」

「う、うん。けど、特別なことなんて何もしていないよ?」

「つまり、重要なのは遺伝ですか?」

「うん、たぶん。私はお母さんも大きいから」

「あたしのお母さんは同じくちっぱいだ……ちくしょう!」

小鳥遊は本気で悔しそうにテーブルを叩く。

「お、落ち着いて、蘭ちゃん」

「酒だ! 酒を持って来てくれ!」

「ねーよ、そんなの」

「えぇ? いつも二人でエッチな晩酌をしているんじゃないの? 結菜たんの豊満なお乳の谷間に『ウケケ、これぞおっぱい酒だ』とか言ってお酌させているんじゃないの?」

「お前の中で俺のイメージがひどすぎるぞ」

「そんなことないよ♡ 湊人くんはスポーツマンだよ、エッチな」

「どうしても俺たちをエロ夫婦に仕立てたいようだな」

「だって、湊人くんって絶倫っぽいし」

「おい、女の子が軽々しくそんなことを言うな」

「やん、紳士ねぇ。変態紳士♡」

「何なんだ、お前は。なぁ、結菜?」

「た、確かに、ミーくんは絶倫だけど……」

「結菜さん?」

「え、一晩の回数は?」

「えっと、昨日は……」

「結菜さ~ん!?」

俺の声に結菜はハッとする。

「ご、ごめんなさい」

「ちっ、もう少しで夫婦の性事情を聞ける所だったのに」

「何か趣旨が変わってないか?」

「突撃! となりの新婚夫婦!」

「いや、となりに住んでないでしょ」

「もう、湊人くんって案外つまらない人だね」

「何か傷付くな」

「あ、そうだ。おっぱいを大きくするためには唐揚げとキャベツだよ、結菜たん!」

「急におっぱいに戻ったな」

「ほら、結菜たんってメチャ料理上手っしょ? 家庭科の調理実習でもダントツで美味しかったし」

「ああ、そうだ。結菜の料理は最高だよ」

「ミーくん♡」

「はいはい、ラブラブ夫婦おつ」

「雑だな~」

「あ、でも唐揚げの材料が無いよ。キャベツも」

「え~、そうなの~?」

「じゃあ、今から買いに行くか。俺が行くよ」

「ううん、私が行くよ、ミーくん。買い物も主婦の仕事ですから♡」

「ゆ、結菜」

「おーい、熱々の新婚さ~ん。とろけちゃいますよ~?」

「ご、ごめんなさい。じゃあ、行って来るね」

結菜は制服のまま買い物に出かけた。

「さて、結菜が帰って来るまでテレビでも見るか」

俺は欠伸まじりにリモコンを手に取る。

「やっと二人きりになれたね、湊人くん」

ふいに、背後から小鳥遊が抱き付いてきた。

そのまま、細い腕を俺の首に回す。

「おい、何の真似だ。やめろよ」

「ねえ、あたしが言ったこと覚えている? あたし、湊人くんが結菜たんと夫婦になったって知って、ガッカリしたんだよ?」

「え?」

「あぁ、結菜たんが羨ましいなぁ。毎日、このたくましい肉体に抱いてもらっているんだなんて」

「小鳥遊? いい加減にしろよ?」

「うふふ、何を言っているの。まだ始まってもいないじゃない」

小鳥遊は甘く絡みつくような吐息を吹きかけてくる。

「小鳥遊、お前……」

小鳥遊は一度、腕を解くと、俺の正面に座った。

「安心して。結菜たんから君を奪うつもりはないよ。ただ、カラダの関係を築きたいなって」

「それは浮気だろ。俺は絶対にしないぞ?」

「チラ♡」

制服のボタンを外した小鳥遊は、胸チラをして来た。

「な、何だよ?」

「普段、結菜たんの巨乳ばかり拝んでいるから、たまには貧乳もそそるでしょ?」

「お、俺は他の女の胸なんて興味ない」

「とか言いつつ、見てるじゃん♡」

「いや、これは男のさがと言うか……」

「あ、そうだ。食事以外にも、おっぱいを大きくする方法があったよ」

小鳥遊は言う。

「湊人くん、あたしの胸を揉んで♡」

小鳥遊は小悪魔な笑みを浮かべた。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く