色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

23 結菜先生にお任せ♪

楽しかったGWはあっという間に終わった。

そして、すぐに中間テストがあった。

俺はその結果を前に、軽く絶望している。

「……つ、追試を食らってしまった」

おかしい。

俺は確かに頭が良い方じゃない。

けれども、今まで追試なんて受けたことが無かった。

いや、原因は分かっている。

結菜と同居を始めてから、毎日エッチなことをしまくりで。

結菜とラブラブになるほどに、俺の成績は急降下して行ったのだ。

何というジレンマ。

「ミーくん、大丈夫?」

リビングのテーブルに突っ伏す俺に対して結菜が心配そうに声をかけてくれる。

「あ、ああ……ちなみに、結菜はどうだった?」

「えっと、私は……」

結菜は遠慮がちにテストの答案用紙を見せてくれる。

俺はそれを見てあんぐりとした。

「……お前はどこまで出来た幼馴染……いや、嫁なんだ」

「ご、ごめんね」

「謝ることはない。結菜は昔から勉強が出来て賢かったからな」

俺はハハハ、と苦笑する。

「可愛くて、頭も良くて、料理も上手で、ハイスペックな結菜。けど、俺は大した取り柄もないデクの坊だ」

「そんなことないよ! ミークンはかっこいいし、スポーツも万能だし、優しいし、エッチだって……凄いもん」

「ゆ、結菜……」

「ミーくん……」

俺たちは見つめ合う。

お互いに唇を寄せ合うが、俺はハッとした。

「いや、ダメだダメだ!」

「ミーくん? ちゅーしないの?」

「結菜、すまん。しばらくエッチなことはお預けだ。俺がきちんと追試に受かるまで」

俺は頭を下げて言う。

「そんな顔しないで。私も協力するから」

「本当か? ありがとう」

「うん。だって、早くミーくんとまたエッチがしたいんだもん」

「ゆ、結菜……何でお前はそんなに可愛いんだ」

「ミーくんの前だからだよ」

「結菜……」

「ミーくん……」

「……って、ダメだああああああああああぁ!」







それから、俺の禁欲デイズがスタートした。

「結菜、5月になって気温も高い所申し訳ないけど、あまり肌の露出がある服は控えてくれ。清楚系で頼む」

「うん、分かったよ」

とは言え、結菜のエロボディは隠しても、俺の類まれなるイマジネーションによって服の下のエロボディを想像してしまう。

じゃあ、顔にだけ集中すれば良いと思うが。

マジで可愛過ぎて無理。

クソ、真の意味で禁欲するには、一度結菜と別居するしかないのか。

そう言ったら、

「それも仕方ないかもね……けど、もう私の生活はミーくんが中心だから。もし、ミーくんと離れ離れになったら……きっと、すごく寂しいし……前よりもずっと一人でしちゃうかも……」

などと言われたら、可愛い嫁と離れることなど出来ない。

俺のせいで結菜が腱鞘炎になり、この家からティッシュが消えてなくなるかもしれないのだから。

それに、結菜はそばで俺のことをサポートしてくれるのだから。

「よし、二人でこの危機を乗り越えよう。頼む、結菜」

「うん、ミーくん♡」

そして、俺は休日返上で猛勉強をしていた。

家庭教師はもちろん結菜先生だ。

今日はメガネまでかけている。

正に先生スタイルだ。

「さあ、ミーくん。今日もお勉強をがんばろう♪」

「はーい!」

「じゃあ、まずは数学からよ」

結菜先生はニコリと微笑みながら俺のそばに座る。

「分からない所があったら、遠慮なく聞いてね」

「分かりました!」

「うふふ、元気がよろしい♡」

俺は優しい結菜先生に見守られながら、ガリガリとペンを走らせる。

「う~ん……ぐぬぬ」

俺は速攻で壁にぶち当たった。

「どうしたの、ミーくん?」

「いや、この問題が分からなくて……」

俺はギョッと目を見開く。

「うーん、これはね……」

結菜は髪を耳にかけて問題を見る。

だが、俺の視線は結菜の胸に釘付けだった。

今日も結菜は俺の注文通りに清楚な出で立ちだ。

けれども、ウエストをきゅっと締めるタイプの服なのだ。

おかげで、結菜の大きなお乳が目立って……

「よいしょと」

わざとなのか、天然なのか分からないけど。

結菜はまるで俺に見せつけるかのように、その清楚な巨乳をテーブルに載せた。

「えっとね、この問題はΠrパイアールを使って……」

「た、確かに、ぱいがあるけど……しかも、デカい」

「それでね、こうするの。分かった?」

「いや、分からない……何で、そんなに魅力的なんだ」

「え、ミーくんって数式の美しさとか理解できる人なの?」

「ああ。結菜のスリーサイズを聞いた時、とても美しいと思った」

「もう、ミーくん! 何の話をしているの~?」

俺はハッとする。

「すまん……結菜の清楚な巨乳に見惚れて思考がバグった」

「あっ」

結菜も指摘されて、ようやく気付いたようだ。

「ご、ごめんね。わざとじゃないんだよ?」

「天然か。結菜って頭は良いけど、そう言う所があるよな」

「怒っちゃう?」

「いや、可愛いよ」

「うふふ♡」

結菜は嬉しそうに微笑む。

「ミーくん、ちょっと息抜きしよっか」

「え、でも、そんなことをしている場合じゃ……」

「あまり根を詰めても効率が悪いし。ちょっと息抜きをしてスッキリした方が、勉強も捗るよ? 何でも我慢ばかりじゃダメなの」

「そ、そうだな……じゃあ、そのおっぱいを食べても良いですか?」

「うふふ、どうぞ♡」

結菜は服を脱ごうとするが、

「いや、待て! その服を着たままで」

「え、着たまま?」

「あ、やっぱり服が汚れるからダメかな?」

「ううん、良いよ。ミーくんの好きにして♡」

「じゃあ、遠慮なく」

俺は服の上から結菜のおっぱいをかぷっと食べた。

「あんっ♡」

久しぶりに食べたそれは、とても美味しかったです。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く