色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

14 これぞ男のロマン!

ハッと目が覚めると、台所でトントンと音がしていた。

「あ、ミーくん。起きた?」

結菜が笑顔で振り向く。

「……何て眩しいんだ」

「ごめん、カーテンした方が良かった?」

「いや、そうじゃないよ。結菜が眩しくて……」

「やだもう、ミーくんったら♡」

それから、俺が布団をたたんで顔を洗っている間に、朝食の用意が出来ていた。

「いただきます」

「召し上がれ♡」

俺は真っ先にみそ汁を飲む。

「……あぁ~、これが最後の晩餐でも良い」

「今は朝だよ、ミーくん」

「そういえば、結菜。ふと気になったんだけど」

「どうしたの?」

結菜はみそ汁を飲みながら聞き返す。

「いや、その……昨晩は……したのか?」

「え、何を?」

「ほら、アレだよ……今までは、夜に自己処理をしていたんだろ?」

俺が言うと、

「……ゲホッ、ゴホッ!?」

結菜がむせた。

「す、すまん! 大丈夫か!?」

俺はさっと水を差し出す。

結菜はくっと水を飲み、人心地つく。

「ふぅ~……」

「ごめんな、結菜。俺のせいで……」

「ううん、気にしないで」

結菜は微笑んで言う。

「えっと、その……実は、ミーくんが寝てから少しだけ……」

「一人でしたのか?」

「……うん。ごめんね」

その時、俺は自分の中で打ちひしがれた。

謝るべきはヘタレな俺の方なのに……

結菜が良い子過ぎてつらい。

「クソ、どうすれば、魅力的すぎる結菜を見ても鼻血が出ないんだ……!」

「ミ、ミーくん? 声に出ているよ?」

「……そうだ、結菜! 良いことを考えたよ!」

「な、何を思い付いたの?」

「えっとな、今日の夜に……」

俺はごにょごにょと耳打ちをする。

すると、結菜の顔が真っ赤に染まり、

「ふっ……ふええええええええええぇ!?」

そして、叫んだ。

「頼む、結菜。俺は一日でも早く、お前とエッチが出来るようになりたい。そのためにも、しっかりとエロ耐性を身に付けないといけないんだ!」

「ミ、ミーくん……分かった、ちょっと恥ずかしいけど、頑張ってみる」

「ありがとう、結菜。じゃあ、よろしく頼むよ」







「なぁ、湊人」

「何だ、恵一?」

「お前、結菜ちゃんとまた何かあったの?」

「何でそんなことを言う?」

「いや、だってお互いを前よりも意識しているし……まさか、もうヤッたのか!?」

「していないよ。残念ながら、未熟な俺じゃまだそこまでたどり着けないんだ」

「そ、そっか。このヘタレ野郎め」

「けど、いずれ出来るように、今日から特訓を始めるんだ」

「どんな特訓だよ?」

「お前には教えない。とりあえず、俺は毎日ずっと結菜と二人きりで幸せだ」

「あれ? 親と妹も一緒なんだろ?」

「いや、この前からアパートで二人暮らしを始めた」

俺が何気なく言うと、恵一がものすごい笑顔になる。

「よし、ここから突き落とそう」

「おい、待て。屋上だぞ?」

「知ったこっちゃねえ、クソラブコメ主人公野郎。お前が消えれば、その分の幸福が俺にもやって来るはずだ、ウケケケケ!」

「おい、俺とお前は親友のはずだろうが……」

「湊人、友情っていうのは、儚いもんさ」

恵一はきらんと爽やかなスマイルを浮かべた。

直後、本気で俺を突き飛ばそうとして来たので、俺は反射的にかわした。

「うわっと!」

そして、奴の脳天に拳を叩き込んだ。

「ぐへぇあ!?」

恵一はノックアウトされてうつ伏せのままピクピクしていた。

「あ、すまん」

「……お前、エッチの方もそれくらい豪快に行けよ」

「ああ、そうだな。ありがとう、恵一」

今度は俺が満面のスマイルを浮かべて言う。

「……どういたしまして」

気絶する恵一から視線を青空に向けて、

「結菜ああああああぁ! 待っていろよおおおおおおおおおおぉ!」

俺は改めて気合を雄叫びを上げた。







そして、俺は家に帰る。

今日はあえて結菜と別々に帰っていた。

ガチャリ、とドアを開く。

「ミ、ミーくん、おかえりなさ~い!」

パタパタと音を立てて結菜がやって来た。

「ああ、ただいま……!?」

目の前の結菜を見た瞬間、俺は思わず口元を覆った。

結菜はエプロン姿だった。

ただし、その下に一切服は纏っていない。

いわゆる、裸エプロンというやつだ。

「……ま、まずい。思った以上の破壊力で、鼻血が出そうだ」

「ミ、ミーくん、しっかり!」

「だ、大丈夫だ……これは結菜との本番エッチにたどりつくための特訓なんだから」

俺は必死に笑いながら、玄関から部屋に上がる。

「えっと……お風呂にする? ごはんにする?」

結菜はふいにそんなことを言う。

「それとも……わ・た・し?」

「ぐはッ!?」

かろうじて鼻血は出さなかったけど。

俺のライフゲージが一気に削られた。

「ミーくん、大丈夫!?」

「ゆ、結菜……どこでそんなエッチなセリフを覚えたんだ。あっ、エロマンガか」

「ち、違うもん! これは定番のセリフでしょ?」

「ああ、そっか。どちらにせよ、結菜はエッチな子だ」

「ミ、ミーくんのせいだもん!」

「ハハハ、先にごはんをいただこう」

「はーい♡」

結菜は笑顔で台所に戻る。

俺はリビングのテーブル前に腰を下ろして少しでもリラックスしようとするが……

「……なッ!?」

こちらに背を向ける結菜の姿。

普段から、俺の嫁としてキッチンに立つその後姿は魅力的だ。

けれども、今日は何と言っても裸エプロン。

結菜は胸も大きいけど、尻も大きい。

もちろん、決してだらしない訳じゃない。

色っぽく、かつ可愛らしい。

ぷりん、としたそのお尻に俺の視線は一気に集中した。

「えっと、これは……」

しかも、俺のために一生懸命に料理をしながら、ぷるぷると震えている。

こんなの、もう……

「あ、ミーくん。サバはみそ煮と塩焼きのどっちが良いかな……」

結菜が振り向いた瞬間、エプロンの隙間から見えるおっぱいが可愛らしくぷるんと揺れる。

それがダメ押しとなった。

「……すまん、結菜」

「えっ?」

目を丸くする結菜の目の前で、俺はまた盛大に鼻血を噴いた。

ブシャアアアアアアアアァ!と。

「ミ、ミーくうううううううううううううううううぅん!」

結菜の悲鳴が響き渡り。

俺はチーンと死んでいた。

「ミーくん、しっかりして!」

結菜が俺のことを抱き起こす。

「……す、すまない。二人きりで暮らすようになってから、結菜の魅力がドンドン加速するのに追い付けなくて……鼻血が出てしまうみたいだ」

「そ、そっか……じゃあ、キスとかおっぱい揉むのも控えた方が良いかな?」

「いや、それくらいなら大丈夫だ」

俺は手の甲で鼻血を拭うと、そのまま結菜とキスをした。

「んっ……ちゅっ……はっ」

結菜は可愛らしく両手を握って上げながら俺を受け入れる。

それから、俺は優しく胸を揉んだ。

結菜がピクピクと震える。

「うわ、生乳の感触はすごいな」

「ミ、ミーくんのエッチ」

「はは、すまない。どうやら、キスと乳揉みは耐性が付いているから大丈夫みたいだ」

「そうなんだ。じゃあ、二人で色んなことを経験すれば……もっともっと、ミーくんとラブラブできるの?」

「ああ。きっと、本番エッチも出来るはずさ」

「楽しみだな……けど、緊張しちゃう」

「俺だってそうだよ。ていうか、そこにたどり着くまでに出血多量で死ぬかもしれないけど……」

「そんなの嫌だ! ミーくんが死んだら私も死ぬ!」

結菜はむぎゅっと俺に抱き付いて来た。

「こらこら……ん?」

結菜が抱き付いて来た拍子にだろうか。

俺は結菜の可愛いお尻を揉んでいた。

今まで、おっぱいは散々揉んで来たけど。

お尻は初めてだった。

しかも、いきなり生で……

「あっ……ミーくん」

結菜の甘い吐息がこぼれる。

「結菜」

「ミーくん?」

「……すまん」

俺はまた二度目の噴射をした。

チーン、と。

「うわああああぁん! ミーくうううううううぅん!」

早く、可愛い嫁を泣かせないくらいの男になりたいです。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く