色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉空

13 夫婦で初めての……

二人で仲良く夕飯のカレーを食べた後……

「じゃ、じゃあ、風呂にでも入るか」

「う、うん」

俺は立ち上がった。

「どうする? 一緒に脱ぐか?」

「へっ?」

「な、何てな……俺が先に入って待っていた方が良いかな?」

「……ううん。ミーくんと一緒に脱いで入る」

「マジですか……」

そして、二人で脱衣所に入った。

「じゃ、じゃあ、脱ぎます」

俺は緊張のせいか意味の分からない宣言をして言う。

そして、Tシャツを脱いだ。

「……うわぁ」

ふいに、結菜が声を出して俺は軽くビクリとする。

「え、どうした?」

「いや、その、この前一緒にお風呂に入った時も思ったけど……ミーくんってたくましい体をしているよね」

「え? まあ、父さんに似て背が高いからな」

「けど、横幅もガッシリしているし……何か部活はやらないの? 小中学校は野球をやっていたでしょ?」

「まあ、今の所はしないつもり。ちょいちょい、誘われたりはするけど。助っ人ならまあ良いけど、本格的に所属するのはお断りかな。少しでも長く結菜と一緒に居たいし……」

「ミーくん……♡」

そして、結菜も服を脱ぐ。

ぷるん、と大きな胸が現れた。

「か、可愛いブラジャーだね」

「え? そ、そう? ありがとう」

「ごめん、変態だったか」

「ううん、嬉しいよ」

結菜はニコリと微笑んでくれる。

「サイズは……いや、何でもない」

俺が口を押えて顔を背けると、結菜はモジモジしながら俺のこそっと耳打ちをする。

「……デカ」

「ミ、ミーくん」

「いや、ごめん……デカいな」

「もう、何度も言わないで~!」

「だって、こんな清楚な感じでそんな大きなおっぱいが付いているとか……反則だろ。顔も可愛くて性格も良くて頭も良くて料理もメチャ上手で……俺の嫁が最高すぎる」

「ふ、ふえええぇ……大好きなミーくんに褒められて、頭がパンクしそうだよ~」

「そ、それは大変だ。じゃあ、もう言わない方が良いか?」

「……ううん、言って欲しい」

「そ、そうか。結菜もけっこうワガママだな」

「ミーくんだってワガママでしょ。私の料理だけじゃなくて、私のこともいっぱい食べて……きゃっ」

「じ、自分で言って恥ずかしがるな」

そんなこんなで、俺たちは一緒にお風呂に入る。

「今日はお互いに裸同士だね」

「そ、そうだな」

俺は背中越しに結菜の存在を感じながら、ドキドキしていた。

「結菜、エッチなことはしなくて良いからな? 俺たちは健全な夫婦になるんだ。だから、ただお前は俺の背中を洗って流してくれれば良いよ」

「はい、あなた♡」

「ぶはっ、可愛い……ごほん、では、よろしく頼む」

「はい♡」

結菜は手の平で泡を立てて俺の背中に触れた。

「なにっ、スポンジは使わないのか!?」

「うん。ちょっと手間だけど、手の平で洗った方がお肌に優しいんだって」

「そ、そうか」

「嫌ならスポンジにするよ?」

「いえ、このままでお願いします」

俺が言うと、結菜はくすりと笑う。

それから、ゆっくりと優しく、丁寧に俺の背中を洗ってくれる。

「どうかな?」

「ああ、気持ち良いよ。結菜は何でも上手だな」

「うん。けど、ちょっと不安なことがあって」

「何だ?」

「その、エッチなことは経験が無いから……ミーくんと以外。だから、今晩うまく出来るかなって」

「え、ちょっと待って。それはつまり……」

「わ、私たちはまだ正式じゃないけど、結婚した夫婦みたいなものでしょ? だから、今日がその……初夜だから……」

「ゴハッ……そ、そうだな」

それはつまり、俺と結菜が……

『あんあぁん! ミーくん、すごいぃ!』

『結菜……結菜あああああああああぁ!』

ほわわん、とその様を想像して、一気に顔の辺りが熱くなった。

そのせいだろうか……

「……結菜、すまん」

「ミーくん? どうしたの?」

「……もう、限界だ」

俺は結菜に背中を向けたまま、ブハッ!と鼻血を噴き出して倒れた。

「ミ、ミーくうううううううううぅん!?」







「ううぅ……」

何とか風呂から上がって着替えた俺は、結菜に介抱してもらっていた。

「すまん、結菜……」

「ううん、気にしないで」

ちなみに、結菜は俺に膝枕をしてくれている。

そして、うちわでパタパタと俺を扇いでいた。

「ごめんね、私が変なことを言ったせいで」

「いや、結菜は悪くないよ。ただ、その……エッチはもう少し先でも良いか? 俺たちにはまだ経験が足りないと思うんだ」

「うん、分かった」

「その代わり、キスとか他のことはしてあげるから」

「本当に? じゃあ二人でいっぱい練習して……早く本番がしたいね」

「結菜……薄々思ってたけど、お前って結構エッチじゃないか?」

俺が言うと、結菜はうっとなる。

「……誰にも言わないって約束してくれる?」

「あ、ああ。どうした?」

「実は私……毎晩、エッチな本を読みながら……一人でしていたの」

「…………え?」

「ほら、最近はスマホで簡単に読めるから……それをオカズに」

「そ、それはいつ頃から?」

「ミーくんと同居を始める前から……ミーくんのことを思って」

結菜は激しく赤面して言う。

『んッ……あッ……ミーくん』

ほわわん。

俺はまた体の内から震えを感じた。

「……結菜、すまん」

「ミーくん?」

ブシャアアアァ!

俺は早速、本日2度目の噴射をした。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く