色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった

三葉 空

11 思わぬサプライズ

「ミーくん、おはよう」

いつものように、結菜が笑顔で起こしに来てくれた。

「おはよう、結菜」

俺はベッドの上で起き上がる。

そして、結菜と目線が合った。

お互いに見つめ合うと、そのままキスをした。

「んっ……ちゅっ……」

最近では、おはようのキスをするのが当たり前になっていた。

最初は軽くソフトキスだったんだけど。

お互いに慣れたせいか、少し遠慮がなくなって、ディープ気味だ。

「はっ……ミーくん……朝からすごい……」

「ごめん、やり過ぎた?」

「ううん、もっとして……」

結菜は俺に抱き付きながら舌を絡ませて来た。

小さい頃から結菜のことは知っている。

純粋で無垢な子だ。

そんな彼女が、こんなにエッチなことに対して積極的になってくれるなんて。

俺もこんな風にエッチな奴になってしまったのは、きっと結菜のせいだ。

他の奴らが雑誌のグラビアを夢中で読んでいる間も、夢中で弁当をかきこんでいた俺。

ただ、きっとどんなグラドルを見ても、これほどまでに興奮することはないだろう。

大好きで大切な結菜だからこそ、ここまでエッチになってしまうのだ。

「はぁはぁ……ミーくん」

結菜はすっかり顔がとろけていた。

俺はそんな愛らしい顔を見つつ、ふと視線を下ろす。

清楚なエプロンを押し上げるその膨らみはやはり立派だ。

よくぞここまで育ったものだと感心感激の嵐だ。

「本当に美味そうだな、結菜のおっぱい」

「食べる?」

「う~ん……後の楽しみに取っておくよ」

「私はいつでもオーケーだからね?」

「最高の嫁だな」

「そ、そうかな……」

結菜は照れて顔を赤らめ俯いてしまう。

本当に幸せな時間だ。

幼馴染で嫁な結菜と二人きりの時間を過ごせて。

まあ、野次馬がいる訳だけど。

「……日向」

俺が言うと、

「あ、やっぱりバレてた?」

後頭部を撫でながら日向がドアを開けると、そこには両親までいた。

「父さん、母さんまで……」

「は、はは、すまん、息子よ」

「大丈夫、お母さん、ちゃんと両手で目を隠していたから」

「いやいや、家族でもプライバシーは守ってよね? なあ、結菜?」

「ふ、ふええええぇ……」

結菜はまたぷしゅうううぅ、と湯気を立たせていた。







「で、結菜ちゃんとはどこまで進んでいるんだ?」

授業間の休み時間。

人気の少ない廊下で恵一と駄弁っていた。

「とりあえず、キスと乳揉みまで」

「AとBってやつか。羨ましいやつめ。もう本番も近いってか?」

「ああ、そうだな。けど、実際は難しいかも」

「ん?」

「今日の朝、結菜とおはようのキスをしていたんだけど」

「何それ、殴って良い?」

「殴るな。それで家族が覗いていたんだよ。日向は常連だけど、父さんと母さんにまで覗かれた日には、さすがの俺も勘弁して欲しいなって」

「まあ、そうだな」

「もっと結菜と二人きりでイチャイチャしたいなぁ」

「お前、贅沢だぞ。今の状況でも十分に幸せじゃないか」

「まあ、そうだな。結菜は可愛いし性格も良いし料理上手だし、最近はエッチな子になって……むぐぐ!」

「それ以上、喋るな。殺したくなる」

「ほはへほははふはのほほふふへほ(お前も早く彼女を作れよ)」

「うるせえ!」







もし俺達が大人だったら、まっすぐ家に帰らずにラブホにでもしけこむのに。

ただ、所詮は無力な高校生だから、親が待つ家に帰らなければならない。

「最高の嫁さんをもらっても、親と同居となるとやっぱりストレスが溜まるのかなぁ~」

「ミーくん、私は平気だよ? だから、お義父さんとお義母さんをあまり悪く言わないであげて?」

結菜が相変わらず良い子過ぎて辛い。

「そうだな。将来はお金を溜めて二人だけで暮らそうな」

「うん、楽しみにしている」

俺たちは手を繋いでアスファルトを歩いて行った。







いつものように、結菜が作った最高の手料理が並ぶ食卓に着いていた。

「ん、父さん」

「どうした、湊人?」

「何で椅子が二つ多いの?」

「ああ、お客さんが来るんだよ」

「そうなの? 誰が?」

「もうじき来るから分かるさ」

ちょうどそのタイミングで、玄関のチャイムが鳴った。

「あ、私が出ます」

結菜が言うが、

「大丈夫、私が出るから」

母さんがパタパタと玄関に向かった。

それから、玄関先で声がする。

ん? 何か聞き覚えのある声だな……

「お邪魔します」

やって来た二人の夫婦を見て、俺と結菜はギョッとした。

「えっ?」

「お、お父さんとお母さん?」

そして、俺たちは困惑する。

「結菜、しっかり湊人くんの嫁をやっているか?」

「大丈夫よ、私たちの子だからな」

久しぶりに会ったけど、結菜の両親だけあって二人とも美形だ。

「あ、おじさんとおばさん……」

「湊人くん、お義父さんとお義母さんだろ?」

「あ、はい。お義父さん、お義母さん。すみません、ロクにあいさつも出来てなくて」

「そんな堅苦しい話は抜きにしよう。一緒にビールでも飲むかい?」

「いやいや、僕は未成年ですから」

「あなた、おふざけはそこまでにして下さい。今日は大事な話をしに来たんでしょ?」

結菜母が言う。

「ああ、そうだな」

結菜父が頷いた。

「え、大事な話って?」

結菜の両親が席に着く。

「ゴホン。湊人、結菜ちゃん」

父さんが少し威厳を醸し出すようにして語り出す。

「君らが夫婦(まだ仮だけど)になってから一ヶ月ほど、同居する俺の目から見て、本当に仲睦まじくやっていたと思う。どこに居てもイチャイチャイチャイチャと、傍から見てこちらがこっぱずかしくなるくらいだ」

「じゃあ、見るなよ。ていうか、覗くな」

「湊人は男としてまだ半人前だが、結菜ちゃんはとてもしっかりしている。だから、俺たちはお前たち二人のことを信じることにした」

「父さん、何の話だよ?」

「お前たちがこの家に住むのは今日限りだ」

「……えっ、ちょっと意味が分からないんだけど」

俺と結菜は困惑して顔を見合わせる。

「お前たちには新しい家を用意した。と言っても、安いアパートだがな。明日からは、そこで二人暮らしを始めると良い。もちろん、双方の両親は納得済みだ」

俺と結菜の両親は揃ってニコニコしている。

「あの、肝心の本人たちの了解を取っていないと思うんですけど?」

俺はこめかみに軽く怒りマークを浮かべて言う。

「サプライズさ、マイサンよ」

「殴って良い?」

「み、湊人よ。俺はお前たちが喜んでくれると思って……」

父さんはシュンとへこむ。

デカい図体をして繊細な父さんだな。

「おい、結菜からも何か言って……えっ?」

見れば、結菜が両手で口元を押さえて涙ぐんでいた。

「……あっ、ごめんなさい。まさか、こんなに早く二人の望みが叶うと思っていなかったから」

結菜は涙目のまま俺を見つめる。

「言ったよね? 二人で一緒に暮らそうって」

「そうだけど……俺たちはまだ高校生だぞ? 夫婦って言ったって、仮免許みたいなものだし……」

「だったら、これから二人で頑張って本当の夫婦になろう?」

「本当の夫婦……か」

俺は小さく顔を俯ける。

「お兄ちゃん」

すると、それまで黙って見守っていた日向が口を開く。

俺はふっと顔を上げた。

「男を見せなよ」

その一言が俺の脳内と胸内で強烈にスパークした。

「……そうだな。グダグダ言っているなんて、男らしくないよな」

俺はニカッと笑って結菜を見る。

「俺も、結菜と二人暮らしが出来るなんて最高に嬉しいよ。ありがとう、父さんたち」

「息子よ……」

父さんは感激のあまり涙を流す。

「よーし、今日は宴だぁ! 飲みまくるぞぉ! 湊人も結菜ちゃんも飲め~!」

「パパ、あたしも飲みた~い!」

「おう、好きなだけ飲め~!」

「おい、アホか。母さんも止めてくれよ」

「うふふ」

「うふふ、じゃないよ」

「はぁ~、でもこれでちょっと気が楽になるかな」

日向が言う。

「どうしてだ? お前は俺と結菜のあれやこれやを覗いて楽しんでいただろう?」

「まあ、そうだけど。あたしも思春期ですから。二人のエッチな姿とか声を間近で聞いていると……おかしくなっちゃいそうだったもん。あーあ、あたしも早く彼氏つくろ~」

「日向、お前はまだ早いぞ」

「パパ、何でよ!? あたしだってムラムラするんだからね! お兄ちゃんと結菜ちゃんばかりズルいよ!」

「ダメなものはダメだ~!」

「良いもん、彼氏が出来てもパパには教えてあげない!」

「日向、ママには教えてね」

「うん」

「くそぉ~、日向め~!」

「パパ、うっさい! ていうか、今日はお兄ちゃんと結菜ちゃんが主役でしょうが!」

「おっ、そうだった。よーし、飲むぞ~!」

「あなた、明日は引っ越し作業もあるんだから、ちゃんとセーブして下さいよ?」

「無理だ! ガッハッハ!」

感情の浮き沈みが激しい親父を見え俺はほとほと呆れる。

一方、結菜は俺の隣で嬉しそうに微笑んでいた。

そんな結菜とこれから二人きりの暮らしが始まると思うと、俺も胸が高鳴った。






          

「色気より食い気の俺が料理上手の幼馴染に『毎朝、お前の作ったみそ汁が飲みたい』と言ったらすぐ同居することになった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く