家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

49 僕と最高の姉妹ハーレム

 結局、真面目に練習が出来なかったので、体育祭は大して活躍も出来ずに終わってしまった。

 けど、次もビッグイベント、学園祭がある。

「わ~、真由美ちゃん、可愛い~!」

 クラスの中で、女子たちの声が響く。

 その中心にいたのは……

「……は、恥ずかしい」

 メイド姿の真由美ちゃんだ。

 僕らのクラスは学園祭でメイド喫茶をすることになった。

 まあ、定番だけど。控えめに言って最高だよね」

「「「と、尊い……」」」

 そして、男子たちはなぜか真由美ちゃんを崇めて泣いていた。

「お前の彼女、大人気だな」

 大樹が言う。

「まあ、そうだね」

「余裕だな、ムカツクぜ」

「あはは」

 僕は笑う。

「あ、そうだ。せっかくだから写真を撮って、灯里さんにも見せてあげよう」

「灯里さんって誰?」

 僕はギクリとする。

「あ、真由美ちゃんのお姉さんだよ」

「へ~、そうなんだ~」

 僕はドキドキしつつ、真由美ちゃんのメイド姿をスマホで写真に収めた。

 そして、灯里さんに送信しておいた。

 ピロン♪

 すると、秒で返事が来た。

「えっ……」

「どうした?」

「あ、いや、何でもないよ」

 僕は苦笑して誤魔化した。



      ◇



 僕は自宅のアパートのリビングにて、ドキドキしながら待っていた。

 すると、脱衣所の扉が開く。

「ジャジャーン!」

 灯里さんが元気な声で言う。

 けど、その姿を見て僕は……

「ぶふっ!」

 激しく動揺した。

 なぜなら、灯里さんはメイド姿だったから。

 しかも、ぎっちぎちの。

 おっぱいのところが。

 今にもボタンを弾き飛ばして、飛び出しそうなくらいだ。

「もう、お姉ちゃんってば。お家でもこんな格好をするなんて、恥ずかしいよ」

 同じく、メイド姿になっていた真由美ちゃんが言う。

「まあまあ、姉妹のメイド姿で翔ちゃんを癒してあげようよ♡」

 灯里さんは言うけど、

「いや、癒しというか……もう、鼻血が出そうで……」

「メイドおっぱいアターック!」

 言ったそばから、灯里さんは最終兵器を使って来た。

「ブハッ!」

 ピンポンパンポーン。

「はぁ、はぁ……死にかけたよ」

「ごめんね、翔ちゃん」

「もう、お姉ちゃんってば」

 ショボンとする灯里さんを、真由美ちゃんが叱る。

「まあ、気を取り直して。翔ちゃんにご奉仕しましょ♡」

「もう、仕方ないな~」

 そう言って、二人は僕の両サイドから抱き付く。

 むにゅっ。

 ひにゅっ。

 二人、それぞれ個性のあるおっぱいの感触を味わって……

「……あぁ~」

「やった~、翔ちゃんが気持ち良さそうな顔しているよ」

「ほ、本当だ。翔太くん、可愛い」

 気分を良くした二人は、さらに僕におっぱいを押し付けて来る。

 すると……

 ギン!

「「「あっ」」」

 僕らは同時に声を出す。

「あーら、翔ちゃん。もう準備万端ね」

「しょ、翔太くんのエッチ」

「いや、ははは」

 そして、僕らは……

「あぁ~ん♡ 翔ちゃんすご~い♡」

「翔太く~ん♡ もっとして~♡」

「二人とも、最高だよ~!!」

 いつまでも、仲良しの3人だ。






『家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった』






 (完)







「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く