家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

47 ハイスペックな灯里さん

 楽しかった夏休みも、ついに終わってしまった。

 そして、今日から2学期が始まる。

 俺と真由美ちゃんが慌ただしく朝の支度をする一方で、

「ふわぁ~……」

 灯里さんはのんきにあくびをしていた。

「あ、そっか。大学生はもう1ヶ月も夏休みがあるんだっけ?」

「そうだよん☆」

 灯里さんは得意げにピースサインをする。

「くそ、何て羨ましいんだ」

「お姉ちゃん、良いな~」

 真由美ちゃんも言う。

「あ、そうだ。じゃあ、灯里さんは暇でしょ?」

「ほぇ?」

「この部屋、掃除しておいてよ。あと、今日の夕飯も作っておいて」

「えぇ~? 灯里ちゃん、そんなの出来ないよ~!」

「じゃないと、ここから追い出す」

「翔ちゃんのバカ~!」

 朝から灯里さんの喚く声がうるさい。

「ぐすん……分かったわよ。こうなったら、トコトンやって、翔ちゃんたちを驚かせてあげるわよ!」

 デデーン!

 灯里さんは大きな胸を大きく張って言った。

「いや、あまり気合を入れ過ぎて失敗とかしないでね?」

「ふっふっふ」

「もはや不安しかない」

「翔太くん、そろそろ行かないと」

「あ、そうだ。じゃあ、灯里さん。くれぐれも、家を壊さないでね?」

「当たり前だよ~。でも、おっぱいが勝手に壊しちゃうかも」

 ボイン♪ ボイン♪

「ていうか、この夏休みの間にまた大きくなったんじゃないか?」

「うん。だってこの前に計ったら、3ケタ超えてたから」

「なっ……マ、マジですか?」

「ちょっと、翔太くん?」

「その話、もっと詳しく……あっ」

「はいはい、学校に行きましょうね~?」

 笑顔の真由美ちゃんに首根っこを掴まれて、僕は引きずられて行く。

「行ってらちゃ~い♡」

 そして、笑顔の灯里さんに見送られる。

 やはり、不安しかない。



      ◇



「いや~、楽しかった夏休みも終わっちまったな~」

「そうだね~」

 学校に着くと、僕は大樹とそんな他愛もない話をしていた。

「でもアレだろ? お前は夏休み中、ずっと須藤とヤリまくっていたんだろ?」

「なっ……何を言っているんだよ!」

「良いよな~、学園のみんなが憧れる須藤が彼女だなんて」

 大樹は言う。

「あはは……」

 言えない。

 その上、真由美ちゃんのお姉さんである灯里さんとも付き合っていて、3人で毎日のようにエッチしまくりだなんて。

「そう言う大樹は、夏休み中に彼女とか出来たの?」

「いや、さっぱりだ」

「ドンマイ」

「その余裕がムカつくな」



      ◇



 学校からの帰り道。

 僕と真由美ちゃんはどこか浮かない顔だった。

「灯里さん、本当に大丈夫かな?」

「ねー、心配だよね」

「逆に家の中がメチャクチャになっていたら……灯里さんって、おバカでドジッ子だからなぁ」

「主におっぱいのせいでね、ふふふ」

「ま、真由美ちゃん、落ち着いて」

「はっ、ごめんなさい」

 真由美ちゃんはぺろっと舌を出す。

 そして、自宅のアパートに帰って来た。

「た、ただいま~……」

 僕は恐る恐る、玄関ドアを開けた。

「あ、翔ちゃん、真由美。おかえりな~い♡」

 エプロン姿の灯里さんがいた。

 そして、彼女の周りはキラキラと輝いていた。

 部屋全体がピカピカになっていた。

「「えっ、ウソ……?」」

 僕と真由美ちゃんは同時に驚いた顔になる。

「こ、これ全部、灯里さんがやったの……?」

「そうよ~」

「家事代行サービスでも頼んだとか?」

「だから、違うってば~! おっぱいパーンチ!」

 ボイン!

「ぐはッ……これが3ケタの感触か」

「ちっ」

「ねえねえ、これ言わせて」

 灯里さんはコホンとする。

「お風呂にする? ご飯にする? それとも、あ・か・り?」

 うふん、と最後に付け加えた。

「じゃあ、お風呂に入りたいです」

「や~ん! 翔ちゃんのいけず~!」

 ボインボインボイン!

「ぐはッ、ぐはッ、ぐはあああああぁ!」

 僕は灯里さんのおっぱいに殴り倒された。

「カンカンカーン! 灯里ちゃんの大勝利ぃ~!」

「か、完敗だぜ……」

「お、お姉ちゃんのバカ! そんな風におっぱいばかり見せつけないでよ! また私がダークサイドに落ちても良いの!?」

「うふふ、自分で言っちゃうのね」

「ていうか、鼻血で汚れたから、マジでお風呂に入りたいんですけど」

「良いわよん♡ じゃあ、3人で入りましょう♡」

「え~、でも狭いでしょ?」

「何を言っているのよ。今までも、3人で入ったことがあるでしょ?」

「だって、灯里さんのおっぱいが……」

「こーら、おっぱい星人くん♡」

「ぐぬぬ……」

 上機嫌に笑う灯里さんに対し、真由美ちゃんは不機嫌そうに唸る。

 僕はそんな姉妹を連れてお風呂場に向かった。

 ポイポイポーイ、と。

「うわっ、すっげえ……これが灯里さんのさらに成長した……3ケタおっぱいか」

「うっふん、すごいでしょ?」

「これもう、セクシー女優クラスだよ」

「しかも、天然でコレもんよ♡」

 灯里さんはこれ見よがしに成長した爆乳を揺らす。

「うぅ~、またお姉ちゃんに差を付けられたよ~」

 真由美ちゃんは悲しそうに言う。

「良いじゃない。真由美はもう貧乳キャラなんだから」

「そんなの嫌だもん! えいっ、私のおっぱい大きくなれ、えいっ!」

 真由美ちゃんは自分で胸を揉んで言う。

「翔太くんも、私のおっぱい揉んでよ!」

「あ、はい」

 モミモミ。

「あんっ♡」

「こら、翔ちゃん! 成長したあたしのおっぱいも揉みなさい!」

 モミモミ。

「やんっ♡」

 そして気付けば、僕は右手に灯里さんの爆乳、左手に真由美ちゃんの貧乳を掴んでいた。

「こ、これが姉妹のおっぱいハーレム……最高だぜ」

「ふふ、やっぱり翔太くんはおっぱい星人ね」

「翔太くんはおっぱい星人だ」

「もう認めざるを得ないです」

「んっ、あんっ♡ 翔ちゃん、そろそろ体を洗って欲しいな♡」

「あ、うん」

「違った、おっぱいを洗って欲しいな♡」

「だから、もうおっぱいは良いよ」

「うぅ、翔太くん、ごめんね。私のおっぱいは小さくて、洗っても何も楽しくないよね」

「真由美ちゃん、落ち着いて」

 そんなこんなで、エッチな姉妹とお風呂を楽しんだ後……

「こ、これ、灯里さんが作ったのか……」

 テーブルにはキラキラと輝く料理たちが並んでいる。

「ふっふ~ん、灯里さんもヤレば出来るんだよ」

「お姉ちゃん、すごい……私よりおっぱいも大きくて家事も出来るなんて……私の存在意義って、何だろう……」

「真由美ちゃん、しっかりして! 真由美ちゃんはいつだって、僕の心の癒しだよ!」

「ぐすん、翔太くん……」

「ふっふっふ、真由美、落ち込むことはないわ。お姉ちゃんは、常に妹の先を行く存在。そして悔しかったら、このあたしを超えて見せなさい!」

 バイーン!

「む、無理だよ~! あんなにおっぱい大きくなれないよ~!」

「あら?」

「と、とりあえず、いただこうか」

 僕が言うと、姉妹が頷く。

「「「いただきまーす!」」」

 そして、僕らは仲良く合掌した。

「ほらほら、遠慮せずに食べなさ~い」

「じゃあ、この唐揚げを……」

 パクリ。

「美味い!」

「本当に? やった~!」

「いや、マジで美味いよ、コレ」

「うふふ、どうだ参ったか♡」

「おみそれしました」

 僕は素直に頭を下げる。

「真由美もドンドン食べて」

「うん。でも、こんなにたくさんは食べられないよ」

「ちなみに、今日のメニューはみーんな、おっぱいが大きくなる料理ばかりなのよ」

「えっ?」

 それを聞いた途端、真由美ちゃんの目の色が変わった。

 そして、猛烈な勢いで料理を食べ始める。

「ふふふ、可愛い妹ね~♡」

「あぁ~、また真由美ちゃんをオモチャにして」

「さらにもっと言うと、精力も湧く料理なのよ」

「えっ?」

 言われた途端、確かに僕の股間のあたりが熱くなった。

「翔ちゃん、今晩は……ハッスルしましょうね♡」

「け、結局はこうなるのか……」

「ダメかな?」

「……じゃあ、食後にその3ケタおっぱいをじっくりいただけるということですか?」

「その通りです♡」

「こら~! 二人だけで盛り上がるな~!」

 真由美ちゃんが大きな声で言う。

「ほらほら、真由美。育乳、育乳♡」

「ハッ……ムシャムシャムシャ」

「だから、真由美ちゃんをオモチャにするなっての」

「何を言っているの。翔ちゃんも、あたしのオ・モ・チャ・よ♡」

「え~……」

 その晩、確かに……

 僕は灯里さんのオモチャにされました。

「それそれそれ~!」

 ボイイイインン!

「グハッ……こ、これが3ケタの威力か……ガクリ」

 そして、無事にノックアウトされました。

「よーし! 私もがんばっておっぱい大きくなって、お姉ちゃんみたいになるぞ~!」

「うふふ、がんばってね♡」

「そ、そうなったら、僕の身が持たないよ……ガクリ」

 何とも素敵な姉妹である。







「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く