家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

44 朝からおっぱい

 朝、目覚めた直後。

「……むぐぐぐぐッ!?」

 僕はいきなり窒息しかけていた。

「ほらほら~♡ 灯里さんの爆乳だよ~♡」

 アホなお姉さん彼女の灯里さんが、僕の顔に思い切り爆乳を押し付けていた。

「むぐッ!? むぐぐぐぐ!」

 バシバシ!

 ボインボイン!

「あぁ~ん!」

 僕が必死におっぱいを叩くことで灯里さんがのけぞり、ようやく息が出来た。

「ぷはっ……ぜーはー……おい、朝から何してくれてんだ、このバカ野郎」

「あ~、ひどい~、またそんな風にあたしを口汚く罵って~」

「うるせえよ、デカ乳女。どういう経緯でこんなことしたんだ?」

「だって、翔ちゃんが~寝言で『……ああ、スイカ食いてぇ~』って言ったから。食べさせてあげたの♡」

「僕も人のこと言えないけど、やっぱり灯里さんが一番バカだな!」

「何よ~、もう~!」

 そんな風に僕と灯里さんがケンカしていると、

「うぅ~ん、二人ともうるさいよ~……」

 真由美ちゃんが目をこすりながら言う。

「真由美ちゃん、聞いてよ。朝から君にお姉さんに殺されかけたんだけど」

「だから~、翔ちゃんにスイカをあげようとしたの~! 灯里のスイカップ~♪」

「うざいな~」

「とか言いつつ、しっかり揉んでるじゃない……あん♡」

「グヘヘ、美味そうなスイカだな」

 そんな風に僕と灯里さんがじゃれ合っていると、

「ジーッ……」

 真由美ちゃんが軽く刺すような目を僕らに向けて来た。

 そして、自分のささやかな胸に触れながら、尚も恨めしそうに睨んで来る。

「あ、そうだ。本物のスイカを食べよう」

 ふいに、灯里さんがそんなことを言う。

「そうと決まれば、近所のスーパーにレッツゴー♪」

「いや、まだ開いてないから。その前に、朝ごはんを食べよう」

「え、翔ちゃんはもうあたしのスイカップ食べたでしょ?」

「ちゃんとメシを食いたいの」

「もう~、贅沢なんだから」

「ったく、最近ますますアホになって来たな。やっぱり、その乳に栄養をぜんぶ奪われているんじゃないの?」

「えっへん!」

 ボイーン!

「いばるな」

 僕が辟易として灯里さんに言うと、ちょいちょい、と後ろから引っ張られる。

「翔太くん、そろそろお姉ちゃんのおっぱいいじりはやめてよ」

「ま、真由美ちゃん? もしかして、怒っている?」

「別に、怒ってないけど?」

 そう言いつつ、真由美ちゃんは不機嫌そうに口を尖らせている。

「じゃ、じゃあ、真由美ちゃんのちっぱ……おっぱいも」

「いま、ちっぱいって言いかけたよね?」

「い、言ってません」

「ふん、だ。翔太くんのおっぱい星人」

「あ、じゃあ、朝ごはんを作りまーす」

 僕が立ち上がろうとすると、また真由美ちゃんに掴まれる。

「えっ?」

「その前に……私のおっぱいも味わってよ」

「ま、真由美ちゃん……かぷっ」

「あんッ!……そ、そんないきなり……」

「良いぞ~、翔ちゃん! そのまま、モグモグしろ~!」

「ちょっ、お姉ちゃん、余計なことは言わないで……」

 モグモグ。

「ひゃあああああああああああああぁん!」

 真由美ちゃんの嬌声が響き渡る。

「はぁ、はぁ……パジャマが翔太くんの唾液で濡れちゃったよ……」

「ご、ごめん……」

「うわ、真由美ってば、そんな風に濡れちゃって……めちゃエロね!」

 グッ、と灯里さんが親指を立てると、真由美ちゃんはイラっとしたようで。

「翔太くん」

「あ、はい」

「お姉ちゃんにも同じことをしてあげて」

「えっ? いや、でも……」

「お、来るか? 良いよ、翔ちゃんカモ~ン!」

 姉に招かれ、妹の尻を叩かれ。

 そして、僕は仕方なく、本当に仕方なく、灯里さんのおっぱいにかぶりついた。

「あぁ~ん!」

 その結果……

「やった~、あたしも濡れちゃった。あ、でも、先の方しか濡れてないな~」

「いや、まあ、灯里さんはデカすぎるから」

「あ、そっか~」

「イラッ」

「ま、真由美ちゃん?」

「今度は私が家でしてやろうかな……ブツブツ」

「さ、さあ! おふざけの時間はおしまいだよ! みんなで楽しく朝ごはんを食べよう! 僕も急いで作るからさ!」

「翔ちゃんガンバレ~!」

「うるさいよ、デカ乳さん」

「何でそんなこと言うの~?」

「だって、真由美ちゃんがダークサイドに落ちかけているのは、灯里さんのせいだからな?」

「ひ、ひどい……あたしだってまた家出してやる~!」

 灯里さんはパジャマのままピューッ!と外に飛び出してしまう。

「あっ、おい、灯里さん!?」

 僕と真由美ちゃんは呆然としてしまう。

「しまった、僕もちょっと言い過ぎたか」

「ううん、私こそ。お姉ちゃんのおっぱいに嫉妬して……」

 僕と真由美ちゃんはお互いに反省して、少しシュンとした。

「ただいまー!」

「「って、早っ!?」」

「コンビニ行って来たよ~!」

「そのパジャマ姿で!? ダメでしょ!」

「え~? コンビニなんてそんなものじゃないの?」

「いや、だって……そんなデカ乳をさらしたパジャマ姿はヤバいだろ!」

「そう? だって、普段から谷間は出しているよ?」

「いや、その爆乳が凝縮されている感じがむしろヤバくて……」

「もう、翔ちゃんってば、あたしのおっぱいについて熱く語り過ぎだよ~♡」

「あっ」

 ふと、そばでまた嫌な気配がして、僕はギギギと振り向く。

 真由美ちゃんが涙目でふくれっ面になっていた。

「ま、真由美ちゃん……?」

「翔太くんのおっぱい星人」

「グハッ!?」

「きゃはは~、ウケル~!」

 灯里さんはお腹じゃなくおっぱいを抱えて笑う。

 マジでムカツクな、このおっぱい姉さん。

「良いもん。翔太くんを見返すために、またおっぱい育てるから。えいっ、えいっ……大きくなれ、えいっ!」

「ま、真由美ちゃん、落ち着いて!」

 その後……

「ほら、真由美。牛乳飲みなさい。おっぱいが大きくなるから、お姉ちゃんみ・た・い・に♡」

「むぅ~……おっぱいパンチ!」

「うぐっ!? ま、真由美ってば……いつの間にこんなに凶暴になったの?」

「お姉ちゃんのせいだよ。あと、おっぱい星人な翔太くんもね」

「灯里さん、とりあえず二人で真由美ちゃんに土下座をしよう」

 3人で仲良く(?)朝ごはんを食べた。







「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く