家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

42 お家でかき氷しちゃう♪

「ねえねえ、二人とも。かき氷やらない?」

 クーラーの効いた部屋で僕と真由美ちゃんが夏休みの宿題をしていた時、灯里さんが言った。

「おー、良いねぇ。けど、かき氷をやるって……」

「せっかくだから、自分たちで作ろう? ほら、自由研究にもなるでしょ?」

「それは分からないけど」

「私もかき氷を食べたいな」

「よーし、じゃあ早速やろう~!」

 灯里さんは意気揚々として、台所にかき氷機をセッティングした。

「いつの間に……」

「えへへ、ネットで買ったの。ポチっとな♡」

「まあ、良いけど」

「ほらほら~、シロップもあるよ~」

「準備が良いな~。ちなみに、大学生って夏休みの宿題とかないの?」

「うふふ♡」

「うふふ、じゃないよ。真由美ちゃん、どう思う?」

「お姉ちゃんだから、仕方ないよ」

「や~ん! 二人に呆れられちゃった~ん!」

 そんな風にテンションハイでやかましい灯里さんに辟易としつつ、僕たちはお家でかき氷を作ることにした。

「よーし、ここは男の子の出番だ。翔ちゃん、回せ~!」

「はいはい」

 僕はゴリゴリ、とハンドルを回す。

「おー、出てる、出てる~!」

「翔太くん、がんばって」

「ありがとう」

 僕は更にゴリゴリと回して行き……

「こんなもんでどうかな?」

 器には白い山ができていた。

「良いね~。じゃあ、まずは真由美にあげるね」

「え、良いの?」

「ほらほら、遠慮しないで。真由美はイチゴ味で良い?」

「うん」

「それ~!」

 灯里さんはイチゴのシロップをかける。

「はい、お待ちどおさん」

「わーい。じゃあ、お先に。いただきます」

 真由美ちゃんはパクッと食べる。

「ん~!」

「頭キーンってなった?」

「な、なった……でも、美味しい」

「良かった、良かった」

「灯里さん、次のかき氷、出来たよ」

 俺はまた白い山が出来た器を渡して言う。

「お、仕事が早いね~。じゃあ、これは頑張ってくれた翔ちゃんの分にしよう」

「え、灯里さんは良いの? 言い出しっぺなのに」

「良いの、良いの。ここはお姉さんに甘えなさい」

「珍しいこともあるなぁ。じゃあ、僕はメロン味で……」

「はーい! 翔ちゃんは練乳をご所望ですね~!」

「えっ?」

 ポカンとする僕の前で、灯里さんは練乳を手に持った。

 そして、なぜか自分の胸に押し当てながら……

 ピュルルル、と練乳を出した。

「ほらほら、灯里さんのミルクだよ~♡」

 僕と真由美ちゃんはひどくあんぐりとした。

「……わ、分かっていたことだけど……あんたはバカか!?」

「え、何が? 灯里さんのミルク欲しくないの?」

「その言い方もやめろ!」

「ぴゅっぴゅっぴゅ~♡」

「やめろおおおおおおおおおぉ!」

「んっ……ぜんぶ出た♡」

「……って、おい。チューブ丸ごとぜんぶ入れてんじゃねえか! 僕を糖尿病で殺す気か!?」

「え、翔ちゃん……あたしのミルク嫌なの?」

「灯里さんが用意した練乳な! いや、適量ならぜひともいただきたいけど! これは死ぬ! 甘くて確実に死ぬから!」

「だって、いつもあたし達だって甘々でしょ?」

「いや、まあね……って、それとこれとは違うから!」

「ほらほら、男ならつべこべ言わないで食べてよ!」

「いらないから!」

「食べて!」

「いらない!」

「ちょ、ちょっと、二人とも落ち着いて!」

 そんな風に3人でモミクチャしたもんだから……

 バシャッ、と器をひっくり返す。

「「「あっ……!」」」

 そして、僕らは練乳まみれのかき氷まみれになった。

 ドロッ、と頭から練乳が垂れ、ポタポタと雫が滴る。

 僕の目の前にいる姉妹も同様だった。

「うふふ、灯里さんのミルクでみんなを汚しちゃったぜ♡」

「だから、その言い方はやめろ」

「あーあ、翔ちゃんが変な意地を張ったせいで」

「はぁ?」

「本当は欲しかったくせに。あたしのミ・ル・ク♡」

「ねえ、真由美ちゃん。ちょっとこのお姉さんの首を絞めても良い?」

「しょ、翔太くん、落ち着いて」

「え~ん! 翔ちゃんがいじめるよ~!」

「いや、むしろ僕の方がいじめられたって言うか、精神的ダメージが大だよ!?」

「ひっく、ひっく……」

「ちょっと、灯里さん。泣かないでよ」

「……じゃあ、あたしの言うこと聞いてくれる?」

「な、何かな?」

「あたしのことを綺麗にして」

「ああ、分かったよ。じゃあ、布巾を持って来て……」

「ううん、違うの。翔ちゃんがナメナメして」

「…………はい?」

「翔ちゃんが舐めてきれいにして。ついでに真由美も」

「つ、ついでって、何かムカツクなぁ」

 真由美ちゃんがぷくっと頬を膨らませる。

「いやいや、それはマズいから」

「何よ、いつもあたし達のことを舐めまくっているでしょ!」

「だから、大きい声で言うなって!」

「確かに、あたしのエッチな声は大きいけど……きゃっ♡」

「このお姉さんマジでアホじゃないか……」

 僕はがっくりと肩を落とす。

 チラ、と真由美ちゃんと目が合う。

 ドキドキ、と。

 真由美ちゃんの目からもそんな効果音が伝わって来る。

 マジかー、これはやらないとダメな流れかー。

「……今回だけだよ」

「え、本当に?」

「その代わり、絶対に変な声を出すなよ? 良いね?」

「それは翔ちゃん次第だよ♡」

「くっ、ムカツクなこの野郎……」

 僕はウザいお姉さん彼女にイラつきつつ、

「じゃ、じゃあ……行くよ?」

「うん、翔ちゃん……来て」

「そんな雰囲気を出さなくて良いから」

 そして……

 僕は練乳かき氷まみれの姉妹をぺろっとしたのだけど……

「「やあああああああああああああああああぁん♡♡!!」」

 結局は、そうなった。







「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く