家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

37 ご機嫌な姉に弄ばれつつ、不機嫌な妹をしっかりとフォローする

今日は灯里さんと真由美ちゃんとデートをしていた。

「翔ちゃん、次はどこに行こっか?」

「ちょっと、お姉ちゃん。くっつき過ぎじゃない?」

「そう言う真由美こそ。小さいおっぱいをくっつけちゃって」

「こ、これから頑張って大きくなるもん! お姉ちゃんこそ、大きすぎて邪魔じゃない?」

「Jカップ、ボインボ~ン!」

「うぅ~……」

余裕の笑みで巨乳を見せびらかす灯里さんに対して、悔しそうに唇を噛みながら貧乳を隠す真由美ちゃん。

こんな美人姉妹に挟まれている僕は、もう周りから嫉妬の視線をグサグサと刺されていた。

「ハーレムも辛いな」

「翔ちゃん?」

「翔太くん?」

「いや、何でもないよ」

「ほらほら、せっかくのデートなんだから。次に行くわよ」

「お姉ちゃん、だから自分ばかりくっつかないで」

そんな風に可愛い姉妹に挟まれて僕がふやけていた時。

上空から、ポツリと雨粒が落ちて来た。

「あっ、しまった。カサが無い」

僕は軽く焦った。

梅雨時なのに、折りたたみカサも持たなかったのは失敗だったか。

そうこうモタついている内に、雨がザーザーと降って来た。

「わっ、どうしよう! とりあえず、雨宿り出来る場所に……」

「翔ちゃん、こっちよ」

灯里さんが僕の腕を引っ張る。

そのまま、僕と真由美ちゃんは灯里さんに引っ張られて行く。

そして、雨宿りできる場所にたどり着いた。

「さすが、灯里さん。年長者だね」

「うふふ」

「あれ、お姉ちゃん。ここって……」

「ん?……あぁ!」

「うふふ」

たどり着いた場所は……ホテルだった。

「いや、灯里さん。この前来たばかり……あっ」

「ジーッ……ふぅん? 翔太くん、ここでお姉ちゃんのおっぱいを楽しんだんだ? 後で妄想してオカズにしちゃうくらい」

「ま、真由美ちゃん……いや、このホテルはまた違う所だね」

「むぅ~……どちらにせよ悔しい」

「こら、真由美。翔ちゃんを困らせないの」

「お姉ちゃん……余裕かましちゃって。ムカツク」

「うふふ、最近の真由美は感情表現が豊かで可愛いわね」

「あ、それ僕も思っていた。最近よく怒った顔をするんだけど、それも可愛いし。この前、怒って僕に馬乗りした時もかわいかったな~」

「しょ、翔太くん?」

「へぇ~? 真由美も、すっかりお姉ちゃんに似て来たわね♡」

「あううぅ~……」

「二人とも、風邪を引くといけないから、入ろうか」

「はーい!」

「はーい……」

片や元気いっぱいの灯里さんと、片やしょんぼり気味な真由美ちゃんを連れて。

僕はホテルに入った。







とりあえず、風邪を引くといけないので、服を脱いでみんなでお風呂に入っていた。

「む~……」

ぷかぷか、と。

湯船に浮かぶ灯里さんの巨乳を目の当たりにして、真由美ちゃんはご機嫌ナナメ顔だ。

「ふぅ……最近、また少し大きくなっちゃった」

「え、マジで?」

「うん。でも、大きくなりすぎても辛いのよ? メチャクチャ張って、ちょっと痛いの」

「そっか。じゃあ、あまり触らない方が良い?」

「ううん、触って欲しい♡」

「じゃあ、遠慮なく」

僕はモミモミッとする。

「あんっ♡」

灯里さんは嬉しそうな顔をした。

一方……

「……むす~」

真由美ちゃんは不機嫌そうな顔のまま湯船に口を付けて、ブクブクとしている。

「あの、真由美ちゃん? もしかしなくても、怒っている?」

「別にぃ? 怒ってないですよ~?」

「いや、どう考えても怒っているトーンでしょ」

「でも、不機嫌な真由美も可愛いわよね~」

「お姉ちゃん、バカにしているでしょ? 自分が巨乳で色気があるからって。どうせ、私は貧乳で色気の欠片もないダメ女って思っているんでしょ? 翔太くんも」

「真由美ちゃん」

「えっ、何?」

ふいに、僕が真剣な眼差しを向けるから、真由美ちゃんはたじろぐ。

「僕は前からずっと、君のことが大好きだったんだ。その事実は揺るがないよ」

「しょ、翔太くん……」

「そんな君と付き合えて、僕は幸せなんだ……まあ、エロうるさいお姉さんもセットだけど」

「誰がエロうるさいよ、もう♡」

「けど、今の状態がどうしても真由美ちゃんにとって辛いなら、僕は別れるのも止むなしかと……」

「そんなの嫌だ!」

真由美ちゃんが僕に抱き付く。

「私も翔太くんのことが大好きだから、絶対に別れたくないの!」

「ま、真由美ちゃん……」

僕らは見つめ合い、そのままキスをする。

「んッ……あッ……翔太くん、またキスが上手くなってる……お姉ちゃんに指導してもらったのかな?」

「ごめん……」

「謝らないで。私、お姉ちゃんのことも好きだから、大丈夫だよ」

「うぅ……本当に良い妹を持って、お姉ちゃんは幸せよ」

灯里さんは涙ぐむ。

「よーし! 大好きで可愛い二人のことを、灯里お姉ちゃんの特大おっぱいで包んじゃう!」

「「えっ」」

「せーの……」

むぎゅううううううううううううううぅ♡

そのおっぱい包みは、とてもすごい圧力で。

むしろ、プレスかってくらいで。

僕と真由美ちゃんは……

「「……ブクブク」」

失神した。

「やーん! 二人が死んじゃう~!」

灯里さんは泣きべそをかきながら叫んだ。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く