家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

36 真由美ちゃんのおっぱい

僕は自宅でくつろぎつつ、先日の灯里さんとのデートを思い出していた。

「はぁ~、灯里さんのおっぱい、すごかったな~」

Jカップとか、グラドルにでもなれよと言いたいぐらいのサイズだ。

そんなおっぱいをあれやこれやと出来る僕は幸せ者だなぁ、と思ってしまう。

ちなみに、今は須藤姉妹が二人とも出かけている。

僕はチラッ、チラッ、と両サイドを振り向いてから……

「……チャンスだな」

久しぶりに一人でごそごそしようとした。

ガチャリ。

「ただいま~」

爽やかな真由美ちゃんの笑顔が見えた。

「あっ」

そして、僕はパンツを下ろしてティッシュボックスをセットしていた。

「えっ」

しばらく、部屋の中の時が止まる。

時を戻したい。

あ、無理か。

「……しょ、翔太くん? 何をしているの?」

「あの、その……」

そして、僕は真由美ちゃんの前で土下座をした。

「ごめんなさい、一人でしようとしていました!」

なんて情けない告白だろうか。

あぁ、これだから男って奴は、と男ながらに思ってしまう。

「……翔太くん」

「あ、はい」

「ちなみに、その……オ、オカズは誰なの?」

「えっ、オカズですか?」

「正直に答えて」

ズーン、と背中に重しを乗せられたような圧迫感が……

「……灯里さんの巨乳です」

僕はゲロると同時にふやけた。

これは、さすがに優しい真由美ちゃんでも怒る。

絶対に怒る!

「……もう怒った」

ほら、怒った。

「許さないもん」

そして、メッチャ可愛い!

頬をぷくっと膨らませる真由美ちゃん、メッチャ可愛いんですけど!

「ふん、だ。どうせ私のおっぱいは小さいもん」

「で、でも、頑張ってCカップになったでしょ?」

「お姉ちゃんのサイズは?」

「じぇ、Jカップです……」

僕は何だか怖くてまともに顔を上げることが出来ない。

恐る恐る、チラと真由美ちゃんの方を見ると、

「ニコッ」

今度はメッチャ笑顔なんですけど!

メッチャ怖いんですけど!

「ねえ、翔太くん」

「は、はい」

「大きいおっぱいと小さいおっぱい、どっちが好み?」

「へっ? いや、それは……」

「正直に答えて」

「大きいおっぱいです」

また、空白の時が生まれる。

あっ……ああああああああぁ!

僕ってやつは、つい正直に答えてしまった。

これはもう、真由美ちゃんも激怒して……

「……ぐす」

「えっ?」

「……ごめんね、私はおっぱいが小さくて」

「ちょっ、どうして真由美ちゃんが謝るの? 悪いのは僕なんだよ?」

「えいっ、おっぱいもっと大きくなれ! えいっ!」

真由美ちゃんは必死に自分の胸を揉む。

「落ち着いて、真由美ちゃん!」

僕は真由美ちゃんの手を掴む。

「はぁ、はぁ……自分が情けないよ」

「真由美ちゃん……」

僕はそんな彼女を抱き寄せる。

「確かに、僕も含めて多くの男は巨乳が好きだよ。でも、女の子の魅力はそれだけじゃない。真由美ちゃんはメチャクチャ可愛いよ」

「……本当に?」

「うん。だって、灯里さんよりも先に、真由美ちゃんに惚れていた訳だし」

「でも、もしお姉ちゃんと同時に出会っていたら……」

「それを言われると……でも、それでも、僕は真由美ちゃんが好きだ。真由美ちゃんの小さくて可愛いおっぱいも好きなんだぁ!」

僕の恥ずかしい叫び声が部屋の中で反響する。

「……もう、翔太くんって変態だね」

「うっ……返す言葉もございません」

「でも、私も変態だ……だって、もう翔太くんとエッチがしたくなっているもん」

「ま、真由美ちゃん……」

僕と彼女は見つめ合う。

そして、キスをした。

「ちゅっ……はっ……んっ、あっ……」

真由美ちゃんの口の端から、可愛らしい声が漏れる。

「……真由美ちゃん、もっと舌を絡めて」

「……う、うん」

僕の言われた通りにしてくれる真由美ちゃんが可愛い。

そして、そのおっぱいを揉む。

「あっ……ごめんね、小さくて」

「たまらなく可愛いよ、真由美ちゃん。むしろ、このまま大きくならないで」

「やだ。私ももっと大きくなって、翔太くんに色々としてあげたいの」

「ま、真由美ちゃん……じゃあ、Dカップまでなら許可します」

「Fカップが夢なんだけど……」

「いや、それはさすがに無理……あっ」

「むぅ~!」

「ご、ごめんよ、真由美ちゃ……」

「もう怒ったぞ~!」

真由美ちゃんは僕を押し倒す。

「おわっ」

「翔太くんなんて、こうしてやる、こうしてやる~!」

真由美ちゃんは僕にまたがると、腰を前後に動かし始めた。

「ちょっ、これは……本番じゃないけど……ゆ、揺れ過ぎ」

「翔太くんなんて、私のお馬さんなんだからね!」

「も、もはや意味が不明だよ、真由美ちゃん……可愛いけど」

「えいっ、えいっ! 走れ、翔太くん!」

「いや、仰向けなんで無理です」

「走るの!」

「無理です!」

「むぅ~!」

怒った真由美ちゃんは、小さな胸を僕の顔に押し付けて来た。

「これでもか! これでもか!」

「ふぐっ……ま、真由美ちゃん、キャラが……キャラが崩壊しています」

「翔太くんのせいだもん!」

「ち、ちっぱいプレス……なんて可愛いんだ」

その後、僕は真由美ちゃんの可愛らしさに完全ノックアウトされました。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く