家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

35 灯里さんのおっぱい

ホテルのシャワー室で、灯里さんとキスをしていた。

「はっ……そう、下唇を軽く噛んで、吸って……うん、上手」

「やっぱり、灯里さんはそういうことに詳しいんだね」

「エッチなお姉さんだから♡」

「自分で言っちゃうんだ?」

「嫌い?」

「いや、最高だよ」

「うふふ。ほら、おっぱいも触って♡」

僕は、灯里さんのとても大きな胸に触れる。

「何を食べたらこんなにデカくなるんだ」

「翔ちゃんの愛情たっぷりの手料理だよ♡」

「でも、僕と会う前から既に巨乳だったでしょ?」

「じゃあ、遺伝……とは言っても、お母さんも真由美もちっちゃいからなぁ……あ、でもお父さんの方の親戚は巨乳の人が多いかも」

「えっ、そうなの?」

「ちょっと、翔ちゃん。いま、興味持ったでしょ?」

「い、いや、別にそんなことは」

「ふぅん? そっか、巨乳なら誰でも興奮するんだ? あたしの友達のおっぱいにも興奮していたしね~」

「いや、それは……で、でも、灯里さんのおっぱいが一番だよ」

「本当に?」

「まあ、真由美ちゃんのおっぱいも一番だけど……」

「二人が一番なの?」

「うん、そうです」

僕が少しおずおずして言うと、灯里さんはニコっと笑う。

「なーんで、こんなに可愛いのかな、翔ちゃんは」

ちゅっ、とキスをしてくれる。

それから、灯里さんはシャワーを手に持って、僕の体を流してくれる。

翔ちゃんって可愛い顔しているけど……やっぱり男の子ね。

腕とか……筋肉がある。

「全然そんなこと無いけど」

「でも、何より、ここのたくましさが素晴らしい♡」

ちょん。

「あっ、コラ! 変態お姉さん!」

「はーい?」

「ったく、可愛く小首をかしげてんじゃないよ」

「うれちぃ、翔ちゃんに可愛いって言われたぁ」

「全く、いくつになってもハシャぐお姉さんだな」

「何よ、明るいお姉さんは嫌い? もっと落ち着いた清楚系が良いの?」

「そうだねぇ、じゃあ試しにやってみてよ?」

「分かった……コホン」

灯里さんはなぜか喉の調子を整える。

「……翔太くん、お湯加減はいかがかしら?」

「あ、うん。ちょうど良いよ」

「うふふ。背中を向けて」

「あ、はい」

「あら、こっちの方も、硬いのね」

「はぁ……」

「私、硬いのが好きなの。うふふ」

「うふふ、じゃねえよ。どちらにせよエロいお姉さんじゃないか」

「あーん、そんなこと言わないでよ~!」

むにゅっ。

「って、おっぱいが、おっぱいが当たっているから!」

「当てているの♡」

「何てエロテロリスト」

「そうだ、ここで嬉しいご報告が一つあります」

「え、何かな?」

「この度、灯里さんは……Jカップになりました~」

「マジで? ついに?」

「うふふ、翔ちゃんがたーくさん、可愛がってくれたから♡」

僕はつい、灯里さんに振り向いて、改めてその特大のおっぱいを見つめる。

「た、確かに、前よりも大きくなった気が……」

「触ってみる?」

「あ、はい」

むぎゅっ。

「あんっ♡」

「す、すげ~! これがJカップ、ジャンボなカップか!」

「ちょ、ちょっと、翔ちゃん。そんなに興奮するなんて……」

俺はイケナイと思いつつも、さらに大きくなった灯里さんの巨乳から手が離せない。

「あんっ、やんっ! そんなに触ったら……」

「ごめん、灯里さん。もう少しだけ、もう少しだけ……」

「も、もう、真由美に言い付けるぞ? 翔ちゃんはおっぱい星人だって」

「そ、それは勘弁して」

「じゃ~あ……もっと揉んで♡」

「えっ、むしろ?」

「うん♡」

笑顔で灯里さんが頷くので、僕は思い切り揉みまくった。







シャワーを終えた後、灯里さんは裸のままベッドでぐったりしていた。

「大丈夫、灯里さん?」

「ハァ、ハァ……翔ちゃんのバカ。いくら何でも、揉み過ぎだよ」

「ごめんなさい」

僕は素直に謝る。

「水、持って来ようか?」

僕が気遣って言うと、灯里さんはちょいちょいと手招きをする。

「そんなの良いから、こっち来て」

「あ、はい」

僕は灯里さんのそばに寄った。

「あたしに対して悪いと思っているなら、今からあたしが言うことを復唱しなさい」

「あ、はい」

「良い? 灯里さんのおっぱいは日本一、いや世界一いやいや、宇宙一!……ってね」

僕はポカンとする。

「ほらほら、早くぅ」

「いや、何でそんなことを……」

「だって、そんなおバカなことを言う翔ちゃん、絶対に可愛いもん」

「おい」

「良いから、早くぅ~!」

灯里さんは仰向けになり、まるで子供のように駄々をこねている。

「分かった、分かったから」

僕はそう言って、軽く咳払いをする。

「あ、灯里さんのおっぱいはに、日本一、いや世界一、いやいや、宇宙一!……これで良いですか?」

ライフゲージを削られた僕はうなだれて言う。

「うん、大満足♡」

「ムカツクなぁ、その笑顔」

「守りたいでしょ?」

「殴りたい」

「ひどーい! 翔ちゃんがそんなことする男だと思わなかったよ!」

「じゃあ、別れる?」

「別れません! おっぱいホールド!」

「あっ、ちょっ……何だこのおっぱいは!?」

「ふふふ、もう翔ちゃんを掴んで離さないぜぇ?」

「ちくしょう、このとんでもおっぱいめ!」

それからしばらく、僕は灯里さんのおっぱいと格闘していた。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く