家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉 空

34 不機嫌になった灯里さんを追いかけて、それから……また二人きりで……

「翔太くん、あ~ん♡」

「いや、そんな……」

「遠慮しないの♡」

「そうそう、遠慮しないで」

「食べろ、食べろ~」

「じゃ、じゃあ……」

パクッ。

「おいちい?」

「お、美味しいです」

これは何と言う状況だろうか。

「ねえねえ、次は私が翔太くんに食べさせるの~」

「私も~」

年上のお姉さんたちに囲まれた……正にハーレム状態。

普通なら喜ぶ所なんだけど……

ピキリ。

僕の向かい側に座る灯里さんが明らかに不機嫌になっていて、落ち着かない。

「ていうか、灯里に聞いたんだけど。真由美ちゃんも一緒に3人で付き合って、おまけに3人で暮らしているって本当?」

「あ、はい」

「へぇ~。私も仲間に入れてもらおうかしら」

恭子さんが言う。

「ずる~い、私も~」

「私も~」

お姉さんたちが次々に手を上げる。

ていうか、さっきからおっぱいが当たって……

大きさは灯里さんほどじゃないけど、数の力がすごい。

「ねえ、翔太くんは週に何回くらい、灯里とエッチをしているの?」

「あ、私も気になる~」

「えぇ? いや、それは……」

僕は動揺しながら、チラと灯里さんの方を見る。

「……お互いに用事がなければ……ほぼ毎日ですかね」

「「「マジで~?」」」

途端に、お姉さんたちが目をキラキラとさせる。

「翔太くんって、可愛い顔して実は絶倫系?」

「ぜ、絶倫って……」

「意外と、アソコもデカそうだよね~」

「み、見ないで下さい!」

僕はサッと股間を隠す。

「おっきいよ」

ふいに、灯里さんが口を開く。

「えっ?」

「可愛い顔してぶら下げたその凶器で、あたしはいつも突かれているの……ズンズンとね」

そう言って、灯里さんは不機嫌そうな顔のまま、パスタをすする。

気付けば、完食していた。

「ごちそうさま」

そう言って、サイフからお金を出してテーブルに置く。

「あたし、先に帰るから」

「あ、灯里さん?」

僕が止めようとするけど、灯里さんはサッと店から出てしまう。

「ごめんなさい」

僕はポカンとしているお姉さんたちにそう言って、灯里さんの後を追う。

「待って、灯里さん!」

僕が呼びかけると、灯里さんは立ち止まる。

「灯里さん、僕は……」

「……ひどい」

「へっ?」

「今日は久しぶりに、翔ちゃんと二人きりでデートだったのに……ぐすん」

灯里さんは小さく涙ぐんでいた。

「ご、ごめん」

「ううん、良いの。翔ちゃんは悪くないから」

灯里さんは小さく微笑む。

「良いの? きれいなお姉さんハーレムを捨てちゃって」

「うん、大丈夫。だって、灯里さんの方が大切だから」

「翔ちゃん……♡」

その時、上空からポツリ、ポツリと雨粒が落ちて来た。

「あ、雨……」

やがて、ザーザーと降り出す。

「灯里さん、こっち」

「あっ」

僕は灯里さんの手を引っ張って屋根のある場所を目指す。

「大丈夫? ちょっと濡れちゃった?」

「うん、ちょっとだけ……あっ」

灯里さんが言うのでふと視線を下ろすと、服が透けてブラジャーが見えそうだった。

僕はまずいと思い、アウターを脱いで渡す。

「これ着て、灯里さん」

「でも、翔ちゃんが風邪を引いちゃう」

「僕のことは良いから。今は灯里さんを守りたいんだ」

「キュン……♡」

灯里さんは照れくさそうに微笑みながら、僕に手を引っ張られて行く。

「ちょうど良い時間のバスがあると良いけど。まあ、最悪タクシーでも良いかな」

「ねえ、翔ちゃん」

「ん?」

灯里さんに言われて立ち止まった場所は……ホテルだった。

「ちょっと、ここで休まない?」

「いや、でも……」

「今のままだと、お互いに風邪を引いちゃうかも。そうしたら、真由美にも迷惑がかかるし」

「言われてみれば、そうだね」

僕は頷いて、灯里さんと一緒にホテルに入る。

幸い、部屋は空いていた。

休憩ということで数時間のプランを選ぶ。

それから、二人でエレベーターに乗って部屋に向かう。

「ちょっと狭いけど……仕方ないよね。格安のビジネスホテルだし」

灯里さんは言う。

「翔ちゃんが大人になったら、ラブホに入りましょ? そうしたら、いっぱい遊べるよ」

「灯里さんは、ラブホに行ったことがあるの?」

「まあ、前に付き合っていた彼氏とね……」

「そっか……」

「あ、もしかして、嫉妬してくれている?」

「うん、ちょっと……」

今度は、僕の方が少しばかり不機嫌になってしまう。

「ねえ、翔ちゃん。確かに、私は翔ちゃんとシた時、もう初めてじゃなかった。けど……それまでに付き合った男はみんな態度はデカいけど、アレは短小だったから……言いたいこと分かる?」

「へっ?」

「奥まで届いたのは、翔ちゃんだけなの」

灯里さんは自分の下腹部の辺りに触れながら、頬を赤らめて言った。

「だから、翔ちゃんに私の初めての奥を捧げたの……それじゃ、ダメかな?」

「……灯里さん、ヤバいよ」

「えっ?」

「今ので……ギンしちゃった」

「ギンしちゃったの?」

灯里さんは少し蠱惑的に笑う。

「じゃあ、シャワーを浴びちゃおうか……二人で」

「うん」

僕が頷くと、灯里さんは微笑む。

濡れた服をハンガーにかけ、僕らはシャワールームに入った。

「……あっ、翔ちゃん……いきなり……すごい♡」

灯里さんのエッチな声が、狭いそこの壁に反響した。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く