家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった

三葉空

33 灯里さんと二人きりでデート……のはずが、その友人たちに囲まれる

休日。

「じゃあ、行って来るね」

「「いってらっしゃ~い」」

真由美ちゃんは友達と遊びに行くので、出かけて行った。

「さてと……どうしようかな」

「ねえ、翔ちゃん」

「ん?」

「デートしない?」

「うん、良いよ。どこに行くの?」

「翔ちゃんとならどこでも良いけど……じゃあ、街をぶらつきましょ?」

「分かった」







灯里さんと二人きりでデートするのは、久しぶりだ。

たぶん、あの時、僕が真由美ちゃんと付き合って、灯里さんが出て行くと言ったあの時いらいだ。

それが今では、恋人として歩いている。

二人も恋人がいるなんて、イケナイことかもしれないけど。

真由美ちゃんと同じくらい、灯里さんのことも好きだ。

「ねえ、翔ちゃん。服屋さんに行っても良いかな?」

「うん、良いよ」

僕は灯里さんと一緒に服屋に入る。

「うーん、どれにしようかな……」

灯里さんは口元に指を置いて悩んでいる。

「これ何かどうかな?」

「あ、可愛いかも。ちょっと清楚めだけど」

「普段、派手でエッチなお姉さんがこういう清楚系の服を着るのって、たまらないんだ」

「そ、そうなんだ……翔ちゃんって、そういうのが好みなの?」

「うん。ダメかな?」

「ううん、嬉しい。じゃあ、着替えて来るね」

それからしばし、灯里さんは試着室に入り……

「お待たせ」

シャッとカーテンが開く。

「ど、どうかな……?」

服装が変わったせいだろうか。

灯里さんがいつになく、しおらしく感じる。

「ヤバイ……想像以上に可愛いよ」

「ほ、本当に?」

「清楚だ……けど、おっぱいはちゃんと目立っている。清楚巨乳だね」

「も、もう、翔ちゃんのえっちぃ!」

灯里さんはそう言って、

「じゃあ、この服を買おうっと」

灯里さんがレジに向おうとするので、

「灯里さん」

僕はそれを優しく奪い取った。

「えっ?」

「僕が買うよ」

「え、でもお金は……」

「大丈夫。節約してコツコツ貯めたお金があるから。前にバイトもしていたし」

「そ、そうなんだ……じゃあ、プレゼントしてもらっちゃおうかな」

「うん」

僕が笑顔で頷き、会計を済ませる。

「ありがとう、翔ちゃん」

「どういたしまして」

「ねえ、そろそろお腹すかない?」

「そうだね。何か食べようか」

「あたし、ステーキが食べたい」

「肉食だねぇ」

「がおー」

そんな下らないやりとりをしていた時、

「あれ、灯里じゃない」

その声に僕らは振り向く。

「あっ、恭子」

そこに居たのは、見覚えのある女性だった。

茶髪のウェーブがかったショトヘアが揺れる。

「久しぶり~、元気してた~?」

「って、この前一緒に旅行に行ったでしょ?」

「ああ、そうだったね。そこで、あんたから散々、彼氏のノロケ話を聞かされたし」

そう言って、ニヤニヤしながら僕の方を見る。

「ど、どうも」

「久しぶりね、翔太くん。真由美ちゃんとも上手く付き合っている?」

「え、ええ、まあ」

「ちょっと、恭子。あまり翔ちゃんにちょっかい出さないでくれる?」

「良いじゃない、ちょっとくらい」

そんな風に話をしていると、

「あれ、灯里がいるじゃーん」

数人の年上のお姉さんたちがやって来た。

「あ、みんな」

「ねえねえ、灯里が噂の年下の彼氏くんとデートしているんだって」

「「「えっ、マジで!?」」」

やって来たお姉さんたちは目を丸くする。

そして、僕を見た。

「うわ、写真で見るより良い男じゃない」

「かっこいい~」

「ていうか、かわいい~」

お姉さんたちは言う。

「あ、あの……」

年上のお姉さんたちに囲まれた僕は、すっかりしどろもどろになってしまう。

「ちょっと、みんな。あたしの翔ちゃんにちょっかいを出さないでよ~!」

灯里さんが言う。

「あたし達、これから二人きりでランチなの」

「あら、良いわね。私たちもお腹が減っていた所よ」

「じゃあ、みんなで行こうよ」

「そうしよう」

「イエーイ」

お姉さんたちはすっかり乗り気になってしまう。

「ちょっと、勝手に……」

「翔太くんはどうかな?」

「えっと、その……良いですよ」

「しょ、翔ちゃん?」

「まあ、灯里さんの友達だから。大切にしないと」

「やだもう、この子ってば可愛い~!」

お姉さんの一人が僕を抱き締める。

「あっ!」

「ずるーい、あたしも~!」

「あたしも~!」

僕はお姉さんたちにぎゅうぎゅうとされる。

「よーし、お姉さんたちのおっぱいで翔太くんを潰しちゃお~う!」

「「「お~!」」」

「ちょっと、みんな……バカアアアアアアァ!」

灯里さんは軽く泣きながら友人たちをポカポカと叩く。

一方、僕はお姉さんたちにサンドイッチされまくって、軽く意識を失った。






          

「家出中の美女を拾ったら、僕が好きなあの子のお姉さんだった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く